コンテンツバナー0

休憩中にできる!タクシードライバーのための腰痛改善ストレッチ

休憩中にできる!タクシードライバーのための腰痛改善ストレッチ

タクシードライバーのお仕事は、長時間同じ姿勢で運転するので長年やっている方は腰痛や肩こりなど、さまざまな病気で悩みを抱えていらっしゃる方も大勢いるかと思います。
今回は、そんなお悩みをお持ちのタクシードライバーに休憩時間やつけ待ちの時間でも簡単にできる方法をご紹介いたします。

腰痛の方に最適の車内で簡単にできるストレッチ方法とは

長時間座りっぱなしの仕事をしていると、腰の筋肉が固まり腰痛を悪化させる原因に繋がってしまいます。

また、タクシードライバー仕事は何時間も同じ姿勢で働き続けるので、腰や肩などの負担がかなり大きくなるため、腰痛や肩こりなどの原因になっています。

そこで、腰や肩に効く休憩時に簡単にできるオススメのストレッチ方法をご紹介します。
外でやるのもよし、もちろん車内でもできる簡単なストレッチになりますので、休憩時間にぜひお試しください。

座ったままでもできる簡単腰のストレッチ

腰を前後に動かす

①始めに、正面で腕を軽く組みます。ゆっくり息を吐きながら、背中を前方に向かって丸めていきます。

この時、下記の図③のようにおへそを見るようにして丸めて、背中を伸ばしていきます。
ストレッチ

②丸めきったら今度はゆっくり息を吐きながら胸を開くことに意識しながら下記図⑤のように、背中を反っていきます。

この時、急に腰を動かすと腰痛を悪化させてしまいますので、できるだけゆっくり伸ばしていきましょう。
ストレッチ

腰を左右に動かす

①始めに、正面からゆっくり息を吐きながら体を右側に倒していきます。この時、左側ができるだけ伸びているのを意識して行ってください。

②体制をゆっくり元に戻し、今度は反対の左側に倒していきます。こちらも、右に倒す時と同様に倒していく反対側が伸びていることを意識すると効果の高いストレッチが期待できます。

腰を左右にひねる

①下記図のように、息をゆっくり吐きながら真後ろを向くような感じを意識して右側に体をひねっていきます。
腰痛の酷い方は無理しない程度に、ゆっくりひねっていきましょう。

②正面にゆっくり戻していき、今度は反対の左側に体をひねっていきます。

以上のように前後・左右・回転の動きを少し加えるだけで、固まっていた腰の筋肉を柔らかくしていくことにより、血流が活発になり腰の痛みを和らげていきます。これらを毎日少しずつ続けてみましょう。

腰痛予防にも効果あり!簡単にできるツボを刺激してみよう

ストレッチなどやってる時間がない!という方には、付け待ち時間などの少しの時間で気軽にできるツボ押しをご紹介いたします。こちらは、腰痛予防や肩こりなど血流を促すツボになると言われていますので、同じ姿勢で毎日働くタクシードライバーの皆様にはうってつけです!

腰痛に効く!足首にあるツボ(崑崙/こんろん)

下記図のように、外くるぶしとアキレス腱のちょうど間。かかとの骨の上のくぼんだ箇所にあるのが『崑崙/こんろん』というツボです。

足つぼ

親指の指先で優しく押してみましょう。2~3秒押して離す→これを、繰り返し5分程おこないます。

腰痛に効く!手にあるツボ(後けい/こうけい)

手のひらの感情線の終わりの小指側の終点にあるのが、『後けい/こうけい』と呼ばれるツボになります。
手のツボ

ツボを押す側の手の甲を反対の手の親指以外の4本の指で小指を握り、親指の先でツボを押します。その時、圧通が感じる場所を5秒程押し、離す→これを5分程度繰り返してください。

血流を活発に!肩・全身をスッキリさせるツボ

老廃物を流すツボを押して肩をスーっとしてみよう

右手の人差指か中指を左肩から下(左腕の付け根部分)に当てます。指でその付近を強めに押してみて痛気持ちいい部分がツボになります。
肩 ストレッチ
上記図の部分を指でグッと20秒程押し続けます。反対側も同じように行います。
こちらは、人によって場所が微妙に違いますので色々試してみてください。

腰から背筋をしっかり伸ばして全身をスーっとしてみよう

手が届く方は、何も必要ありませんが届かない方は下記図のように、ペンやタオルを用意して背中に手を伸ばし、ペンやタオルの先端を掴みます。ペンやタオルを軽く上に引いたり、下に引いたりを2~3回繰り返し行います。→逆も同様に行います。

背中 腰 マッサージ

このように、タクシードライバーのような長時間狭い車内で仕事をすると、肩や腰はもちろん全身がコリやすくなってしまいがちです。今回ご紹介したものは、ごく一部の紹介ですが全て車内でも外でも気軽にできるストレッチになっています。休憩やちょっとした待ち時間にぜひ、お試しください!すぐには改善できない持病でも、続けていくことで少しは改善に向かうこともありますので、毎日少しずつ続けていただければと思います。

タクシードライバーへの転職で失敗しないために

タクシー業界の転職にもしご関心をお持ちになりましたら、ぜひドライバーズワークご登録・ご相談ください!タクシードライバーは一般的なサラリーマンのように上司や同僚とのコミュニケーションを営業時間中する必要がなく、自分のペースで進めていける自由度の高い職種のひとつです。登録はかんたん1分無料!ご登録後は、専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの担当に付き、転職にまつわるあなたのお悩みにお答えするだけでなく、転職をするべきなのかどうか、転職をする場合にどういった基準で会社選びをすれば良いか、などを一緒に考え丁寧にお伝えします。まだ転職するかどうかを迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料会員登録

関連記事

タクシー運転手(タクシードライバー)は実は隠れた良い仕事

タクシー運転手(タクシードライバー)は実は隠れた良い仕事

タクシー運転手(タクシードライバー)に対する誤ったイメージ タクシードライバーが足りません。タクシー業界は深刻な人出不足に陥っています。ドライバーズワークはなんとかタクシードライバーになりたいと考える方を増やしたいと思っています。もちろん、現在既にタクシードライバーで仕事をされている方の転職の相談をお受けする機会も多いのですが、タクシードライバー人口を増やすためには、タクシードライバー未経験の方をタクシー業界にお連れしなければなりません。ただ、そのためには世間一般に定着していると思われる、誤ったタクシー業界に対するイメージを払拭する必要があると考えました。ここではタクシー運転手という職業の魅力をドライバーズワークなりに考え発信します。 世間一般的なタクシードライバーのイメージ 周囲の人たちにタクシードライバーについてどのようなイメージを持っているか聞いてみました。 タクシードライバーのイメージ ・不景気の影響を一番先に受け、景気の恩恵を一番先に受ける ・リストラされてどこにも就職先がない人が行き着く業界 ・夜勤もあるのにかかわらず安月給 ・出稼ぎの労働者 ・歩合制の過酷な労働環境 などなど、散々な言われようでした。確かに、この業界への関わりがあまり無いと、似たイメージを持ちがちですよね。 日本人の平均収入はどのくらいなのか? 令和2年9月に発表された国税庁の民間給与実態統計調査によれば、日本人の平均年収は436万円ということです。年収レンジ別の人口としては、男性では年収300万円台の方々が一番人数が多く、女性では年収100万円台の方々が一番人数が多いという結果になっています。これが実態です。 タクシードライバーの平均収入はどのくらいなのか? 安月給というイメージがついてしまっているタクシードライバーですが、実際どうかというとまったくそんな事はありません。タクシードライバーの給料体系は、一般のサラリーマンと比べると歩合の比率が多いです。その比率は各タクシー会社によって変わりますが、おおよそ、売上高の50〜60%がタクシードライバーの給与なることが一般的です。ちなみに、タクシー業界は国土交通省 関東運輸局へ定期的な売上報告義務があり、売上実績なども公表されるため、そのデータをもとにある程度の概算をすることも可能です。タクシー1台当たり、1か月当たり売上高は平均で約54万円で、タクシードライバーの給与にあたる歩率を60%とすると、54万円×60%で想定月収324,000円、その12か月分とした想定年収は3,880,000円と換算できます。年収レンジ別の人口に照らし合わせると、男性の一番のボリュームゾーンが300万円台ですから、その上位にあたります。以上を踏まえると安月給ではないことがわかると思います。なお、歩合制につき、営業成績次第では月給50万円、60万円と稼ぐ方々も多数いらっしゃいます。 タクシードライバーの3種類の給与体系 タクシードライバーの給与体系は大きく「固定給与制度」「完全歩合制度」「固定給+歩合給」の3種類に分けられますが、ほとんどのタクシー会社は歩合制を導入しており歩合の比率は売上が高い程比率も高くなります。この固定給と歩合給のバランスや、賞与の有無や支給方法によりタクシー業界では「A型賃金」「B型賃金」「AB型賃金」などの給与方式の名称もありますが、近年この定義に対する解釈はタクシー会社によっても変わってきました。気になるタクシー会社や応募先に対しては、固定給と歩合の比率と賞与の支給方法をそれぞれ確認する方がわかりやすいです。なお、最低賃金が法令により定められていますので、いずれの給与体系であっても、支給が一切無い、もしくは支給額が最低賃金を割り込むことは基本的には無いと考えられます。 無料会員登録 タクシードライバーは高齢でも稼げる!女性でも稼げる! タクシードライバーの年齢層についてですが、現在かなりの高齢化が進んでいます。業界に対するイメージからか、若年層がなかなか志望しないことが背景にあります。一方で、ご年配のタクシードライバーの方々が活躍している事実があります。高齢でも若い方と変わらずに働き、営業成績をあげられる環境がある一方で、営業時間中に誰かからとやかく言われることも無く、比較的自由度が高い点もタクシードライバーという仕事の魅力です。他業種の仕事で、60代や70代になって月給30万円以上を稼ぐことは簡単ではありませんが、タクシードライバーであればそれが普通に可能です。また、女性年収の一番のボリュームゾーンは100万円台ですが、300万円台、400万円台を普通に稼げます。こういった魅力は、意外と知られていないことです。 タクシー業界に対する世間一般のイメージ 周囲の人たちに、タクシー業界についてどのようなイメージを持っているかも聞いてみました。 ・不景気の影響を一番先に受け、景気の恩恵を一番先に受ける為利益が出ない ・リストラされてどこにも就職先がない人がいくつく場所なので組織運営が大変 ・ブラック企業 などなど、これまた散々な言われようでした。 タクシー業界のイメージを悪化させたと思われる2002年の規制緩和 なぜここまでイメージが悪くなってしまったのでしょうか?それは、2002年の小泉内閣時代の規制緩和によるものが大きいと考えています。当時の規制緩和はこちらの通りです。 ■小泉内閣時代のタクシー業界規制緩和 ・許可制から事前届出制に ・最低保持台数を60台から10台に ・営業所および車庫を所有からリースでもOKに ・タクシー車両を新車から中古車でもOKに と大幅な規制緩和がなされ新規参入が促進されました。この取り組み自体は奏功し、これによりタクシー台数が劇的に増加していきました。しかしながら、タクシー乗客数にも限りはありますから供給過剰が状態が発生、その結果としてタクシー1台あたりの売上は減少していきました。タクシードライバーは、休憩を取らずに車を走らせたり、交通ルール違反をしたりと、乗客獲得のために無理が重なるようになりました。その結果、交通事故件数が増加してしまったのです。 2009年に実質的に新規参入、増車を規制、そして減車の促進 このような状況を経て、2009年にタクシー業界は再編のための規制がかかります。大きな流れとしてはとにかくタクシーの台数を減らすというものです。 新規参入が実質的にはできないように ・最低保持台数を東京の特別区では10台~40台に ・事前届出制から再度許可制とし、新規需要がない限り認めない と変更がなされました。既存の事業所の増車も新規参入と同様、許可制とし新規需要がない限り認めないとしたので実質的に増車もできないような形となりました。そしてさらに増えすぎてしまったタクシー台数を減らすために、業界全体の自主減車を促そうと、自主的に減車を行った場合は監査を免除するという事にしたため2008年のピークから現在に至るまでに毎年減車を続けています。 タクシー業界ほど安定した業界はない 現在なお、タクシー会社の新規参入は不可能な状況で、既存のタクシー会社も増車はできません。つまり、今走っているタクシーの台数以上に増えることは基本的にありません。これは市場としては非常に恵まれた環境であるということがいえます。どの業界もグローバル化、ICT化によるパラダイムシフトにさらされています。数年前までは大手で盤石だと思われた企業があっという間に凋落していく時代です。そのような中、日本語の修得、日本の二種免許取得、地理試験合格などのタクシードライバー専任要件を鑑みると外国人に取って代わられるリスクが小さいことや、例えばタクシーの無人化や自動運転化などのICT化の驚異も近年には無さそうだと考えられますし、超高齢社会を迎える日本でのタクシーへの需要は高まっていくことを踏まえると、業界としては恵まれているし、ある意味で将来性も見出だせる業界であることがわかります。 ロンドンタクシーを目指したい ロンドンのタクシードライバーは、日本でのタクシードライバーとは異なり、社会的地位自体が高いことで知られています。ロンドンのタクシードライバーになるためには、日本とは比較にならないレベルの難試験に合格する必要があり、ほんの一握りの合格者でもあるドライバーは自分たちの仕事に誇りをもって取り組んでいます。ドライバーズワークは、日本におけるタクシードライバー人口の増加に貢献し、タクシードライバーという職業を、皆がなりたいと思える職業にすることを目指しています。 無料会員登録 タクシードライバーになるには? 実際にタクシードライバーになるには何が必要になるのか、始めに何をしたらよいのでしょうか。 デビューまでの流れ まずは、タクシー業界でデビューするまでの流れをおおまかにお伝えしていきます。全体の流れとして頭に入れておくとよいでしょう。 1:興味のある求人を調べる。 興味のある求人があれば、給与体系がどうか、営業所がどこにあるのか、条件は合うかといったことを調べます。タクシードライバー・運転手の求人から探してみてください。職種や地域など、細かな条件をつけて検索もできます。そうして、いくつかご自身が納得した案件をピックアップしたら応募していきましょう。 2:面接をして、通過すれば採用となる。 応募すると面接になり、それに通れば採用となります。就職や面接についての不安や疑問は転職成功ガイドで解決できるでしょう。 3:研修を受ける。 採用が決まって、乗務が始まる前には研修があります。研修について詳しくはタクシー運転手の研修ってどんなことをするの?をご覧ください。 4:タクシードライバーとしてデビュー! 研修が終われば、ついにタクシードライバーとしてデビューです。 二種免許の取得と地理試験の合格 タクシーやバスのように“事業としてお客様を乗せてその対価としてお金を頂く場合”には「第二種運転免許」が必要です。これを取得するには第一種免許を取得してから3年以上経過していることが条件となっており、それに伴ってタクシードライバーの求人の条件としても、AT(オートマチック)限定でもよいので、第一種免許を取得してから3年間以上経過していることが必要となります。 また、東京都・神奈川県・大阪府といった都市部でタクシー運転手になるためには地理試験に合格することも必須。入社後の研修で受験できるので、必ずしも入社前に資格を持っていたり試験に合格していたりする必要はありませんが、タクシードライバーになるには必要となります。 二種免許や地理試験などについて詳しくはタクシー運転手になる資格を徹底紹介!をご覧ください。 年齢制限のクリア タクシードライバーになるには年齢制限もあります。というのも先ほど二種免許が必要とお伝えしましたが、その免許を取得する条件として21歳以上というものがあるのです。二種免許を取得できない、つまりタクシーを運転できない21歳未満の場合には残念ながらまだタクシードライバーにはなれません。 その一方で、上の制限はありません。タクシードライバーには50~60代の方も多く、70歳を超える方もいます。詳しくはタクシードライバーの平均年齢と勤続年数についてのレポートをご覧ください。 スキル タクシードライバーとして働き始めたときには、いくつかのスキルが必要となります。 ■ドライビングのスキル お客様を乗せて街中を走るので、ドライビングのスキルが重要です。お客様の要望によっては、狭くて難しい道や、車通りや人通りが多くて難しい道といったところを通らなくてはならないこともあるでしょう。そうしたときに安全に運転するドライビングスキルは重要です。 ■地理把握のスキル 安全に早くお客様が希望する場所までお連れするのがタクシードライバーの仕事です。空いている道や近道などを知っていれば、安全かつ短時間で目的地に到着が可能となります。 ■コミュニケーションスキル お客様が乗車されたら、目的地をお聞きします。目的地を曖昧に伝えられることや、小声で聞き取れないこともあります。そうしたときにどのようにして聞き返したらよいかといったコミュニケーションの取り方も重要です。また、運転中はお客様から話しかけてもらうこともあります。そうしたときにお客様が満足するように話し相手になるためにコミュニケーションスキルが必要となります。 ■常に安全運転を意識するスキル 運転に慣れてくると、安全に対する意識が薄れてしまうこともあります。お客様をいち早く目的地にお連れすることは重要な任務ではありますが、最も大切なのは安全。常に安全運転を意識するスキルが長く勤めるうえで重要です。 ■英語のスキル 外国人の観光客も増えてきた昨今。英語のスキルも必要となることがあります。こちらに関してはタクシードライバーに必要な英語のスキルについてもご覧ください。 一般的な街中を走るタクシードライバーについてお伝えしましたが、その他にも観光タクシーやハイヤータクシー、個人タクシーがあります。 観光タクシードライバー(観光タクシー運転手)になるには? バスツアーなどではバスガイドが観光地を案内しますが、観光タクシーの場合はタクシードライバーが観光案内をしていきます。先ほどご紹介したドライビングのスキルや地理把握のスキルなどがあるだけでなく、おすすめの飲食店や穴場の観光スポットなどの情報、観光名所の歴史や有名なエピソードなどに関する知識がなければなりません。 一定以上の水準で観光案内サービスを提供できるよう、観光タクシードライバー(観光タクシー運転手)向けに、認定試験が設けられています。東京都や京都府、北海道など、観光地として有名な都道府県にはそれぞれ認定試験が設けられています。観光タクシードライバー(観光タクシー運転手)になるには、タクシードライバーとして経験を積み、それと同時に観光名所について学んでいきましょう。 関連記事:観光タクシーとは ハイヤードライバー(ハイヤー運転手)になるには? ハイヤーとは、完全予約制の貸し切り送迎車のこと。多くの場合はタクシー会社と企業の間で契約されており、企業の役員や海外VIPの送迎に利用されています。あらかじめ目的地や走るルートが決まっているため、街中を走るタクシードライバーのように抜け道のようなところまで知っておく必要はありません。ただし、地位が高い方をお客様とすることが多いために、事故や粗相のないよう、タクシードライバーの経歴を持つ方のみが求人の対象となることもあります。また、必要となるのはドライビングや安全運転のスキルだけでなく、接し方において正しい礼儀作法ができることが条件となります。 ハイヤードライバー(ハイヤー運転手)になるには、まずはタクシードライバーとして経験を積んでいくことが重要となります。そこで経験を積んでいきましょう。ある程度のスキルがついたらハイヤーの求人に申し込んでみてください。 関連記事:ハイヤーとは 個人タクシードライバー(個人タクシー運転手)になるには? 個人タクシーとは、許可を受けた個人がお客様を乗せるタクシー事業のことです。1人で運転者と事業者の役割をしなくてはならない反面、営業売上がすべて自分の給料として入ることや通勤の必要がないことなどのメリットがあります。個人タクシードライバー(個人タクシー運転手)になるには年齢ごとにいくつかの条件がありますが、共通したものとして申請日に65歳未満であることという条件があります。条件に関して詳しくは法人タクシーと個人タクシーの違いって?をご参照ください。 こうした条件を満たし、新規に認可を受ける、あるいは既存の個人タクシー事業者から事業の譲渡・相続を受けることで、個人タクシードライバー(個人タクシー運転手)になることができます。 タクシードライバーが求人を探す際のポイント 給与体系や福利厚生など待遇面の具体的内容をしっかり確認する 前述のとおり、タクシー会社の給与体系は固定給、歩合給のバランスと、賞与有無または賞与支給方式がそれぞれ異なります。営業売上を大きく稼げる場合は歩合給(歩合の比率)が高い歩合制の方が稼ぎやすいと思いますが、歩合制の場合営業売上が期待どおりにならなかった月の支給は下がってしまいますので、良く考えて決める必要があります。また賞与について、固定給や歩合給とは別に会社から支給することが一般的であり、一部のタクシー会社ではその通りの支給方法ですが、歩合給の一部が積み立てられており賞与の時期にまとめて支給されるように決められているタクシー会社もあります。タクシー会社の給与体系は一般企業と比べて複雑になっているので、それぞれをしっかり確認しておく必要があります。 タクシー会社が得意とする集客手段を確認する タクシーの集客と考えるとタクシー乗客が多く居そうな時間帯や場所を職人技のように見定める流し営業のようなスキルを発想しがちですが、タクシー会社の集客手段はいわゆる流し営業だけではありません。専用タクシー乗り場、法人契約、配車アプリの連携などさまざまあります。特に未経験からタクシードライバーになろうと考えている方にとっては、専用タクシー乗り場や法人契約が多いタクシー会社や、配車アプリ経由の配車依頼が見込めるタクシー会社の方が安定した営業売上の確保を見込めます。 カーナビ、キャッシュレス決済などの車両設備を確認する 車両設備もしっかり確認しておきたいポイントのひとつです。ある程度地理に詳しくなればカーナビを使用する頻度は減るかと思いますが、カーナビは最近できたばかりの建物やランドマークなど知らない目的地を告げられた場合の備えになります。キャッシュレス決済は近年首都圏のタクシーに搭載されはじめていますが、キャッシュレス決済の方が精算が断然スムーズで稼働効率が高まります。感染対策については各社必要な対策は行っている印象がありますが、気になる方は詳細を含めてチェックしておくと良いでしょう。 タクシードライバーが収入を増やすコツ 多くのタクシー会社が歩合制を採用していることを考えると、やはり売上成績をあげることが収入アップに直接繋がりやすいです。まずは、所属するタクシー会社が得意とする稼ぎ方を抑えておくことですが、基本的には曜日や時間帯、場所ごとに、いつ、どこに行けば乗客の手挙げや配車依頼を受けられるかなど、稼げるエリア・パターン傾向を抑えることが重要です。そのためには社内の研修内容をしっかり習得する、同僚や先輩から教えてもらう、などが有効です。その他、大きなイベントはスケジュールを把握しておけると良いでしょう。 稼げるエリア・パターン傾向を抑える 稼げるパターンを知っておくことで、無駄を少なくし効率的にタクシーを走らせることが可能になります。そのためには、稼げるエリアや街の特徴を日々勉強し理解しながら仕事に取り組むことが大変重要です。「〜駅周辺は、〜曜日の〜時頃賑わっている」「〜エリアは平日の日中はビジネス客が多いが、土日祝日は閑散としている」「〜ビル周辺は、〜曜日の〜時頃に出張で空港に向かう乗客が多くなる」などの細やかな情報を先輩ドライバーから教えてもらったり、またはご自身で走って身につけたりしながら、知識を積み上げていくことが大切です。タクシードライバーの先輩にはお話し好きで面倒見の良い方も多いです。ぜひ色々と聞いてみましょう。また大きなイベント会場で行われる催事は定期的にチェックしておくと良いとされています。お祭りやスポーツの試合、フェス、ライブ・コンサートなどは遠方から観客が来場しますのでタクシー需要が急激に高まりますので稼げるポイントになってきます。 自分なりに稼げる会社を納得して選ぶ 稼げる会社といってもさまざまな観点が考えられます。 歩合の率(歩率) 歩率は営業売上に対する給与支給額の割合を示すものですが、タクシー会社ごとに少しずつ異なります。一律に〜%と決められている場合もあれば、一定の営業売上ごとに歩率が少しずつアップし階段のように設定されている会社もあります。ここだけの観点だと歩率は高いに越した事は無いのですが、タクシー会社によっては別途手当が支給されたり、別途天引きされる費用などがあったりと、算出方法がさまざまです。営業売上と最終的な給与額の関係性は良く確認しておくことが重要です。 集客手段・集客ツール タクシー会社は乗客を集めやすくする仕組みをもっている会社が数多くあります。ディスパッチャー付きの専用タクシー乗り場を保有している、法人契約(タクシーチケット契約)がある、迎車数が多い、配車アプリとの連携がある、配車アプリを自社開発しているなどです。また法人契約に関しては、長距離利用の乗客が多い法人などもあるはずです。タクシー会社によって集客方法もさまざまなので、集客手段や稼ぎ方が自分に合いそうか、このやり方で自分も稼げそうか、をチェックしておくことも大切なポイントです。 タクシードライバーの仕事はドライバーズワーク タクシードライバー・運転手の求人検索の検索機能を活用して、あなたに合った求人を探していきましょう。 無料会員登録

タクシーに自転車は乗せられる?自転車を積む方法と注意点

タクシーに自転車は乗せられる?自転車を積む方法と注意点

趣味で自転車に良く乗る方や、自転車で通学・通勤をしている方にとって、途中で自転車に乗れなくなってしまった場合の対処法が気になるでしょう。自転車に乗っていたらパンクしてしまった、転んでケガしてしまったなどの理由から、途中で自転車を漕げなくなってしまう可能性があります。そうなったときに近くにサイクルショップがあったり、休憩できる場所があったりすれば良いのですが、必ずあるとは限りません。その際にタクシーを思い浮かべる方もいるでしょう。タクシーで自宅や学校・勤務先まで送ってもらいたい…果たして自転車ごとタクシーに乗れるのでしょうか? タクシーに自転車は乗せられる? 結論からお伝えすると、タクシーに自転車を乗せることは可能です。ただし、自転車の種類や、タクシーの種類によって異なることは念頭に置いてください。 自転車の種類によっては乗せられる 自転車の種類として、一般的な自転車のシティサイクルの他、ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイク、折り畳み自転車など様々な種類があります。その中でも折り畳んだり、パーツを外したりしてコンパクトにまとめられる自転車の場合には、自転車ごとタクシーに乗せてもらえる可能性が高くなるでしょう。 タクシーの種類によっては乗せられる タクシーと言うと、昔ながらのセダン型の車両をイメージする方も多いかもしれませんが、最近ではワンボックス型の車両やミニバン型の車両を街で見かけるようになりました。セダン型の場合には物理的に自転車を乗せることが不可能でしたが、こうした大きめの車両ではバックドアから自転車を入れてもらえることがあります。最近増えてきたUD(ユニバーサルデザイン)タクシーは、車いすのまま乗り込むことができるように設計されているため、自転車のサイズが入るようなら、自転車ごと乗せてもらえるでしょう。また、場合によってはセダン型のタクシーでも、自転車を運んでくれることもあります。後ほどご紹介しますが、サイクルキャリアを使えばセダン型の車両でも自転車を運ぶことができるようになるのです。 タクシーに自転車を積む2つの方法 タクシーに自転車を乗せる際には、2つの方法があります。1つはワンボックス型やミニバン型の大きめの車両で、タクシーの車内に乗せる方法。もう1つはタクシー車両の後部に乗せる方法です。 方法1:タクシーの車内に乗せる おそらくイメージするのがこちらでしょう。タクシーの車内に自転車をそのまま乗せる方法です。輪行(りんこう)といって、自転車を折り畳む、あるいはパーツを分解してコンパクトにする袋にしまい、公共交通機関を利用している方を見かけたことがあるかもしれません。これと同じ要領でコンパクトにして、タクシーに乗せます。また、最近増えてきたワンボックス型やミニバン型などの大きいサイズの車両なら、自転車を折り畳まなくても乗せることができます。 方法2:タクシー車両の後部に乗せる タクシー車両の後部に乗せる方法もあります。後部というのがイメージしづらいかと思いますが、サイクルキャリアといって、車両の上部や後部に自転車などを乗せるための器具をつけます。そのサイクルキャリアの上に、自転車が動かないように設置することで、セダン型のタクシーでも自転車を持ち運ぶことができるようになるのです。車両の外側に自転車を乗せることになりますので、雨が降ったら自転車に直接雨が当たってしまいます。そのため、積む際にはサビないように袋で覆っておくと良いでしょう。 こうした自転車を乗せることのできるタクシーを、サイクルタクシーと呼びます。都心部ではなかなか見かけませんが、地方にはサイクルタクシーもあります。自転車で出かける際には万が一のことも考慮して、あらかじめサイクルタクシーを調べてみてはいかがでしょうか。 自転車を乗せるなら知っておきたい注意点 タクシーに自転車を乗せようと考えることもあるかもしれません。その際にあらかじめ知っておきたい注意点があります。 乗車拒否されることもある まずは乗車を拒まれることがあることを知っておきましょう。先ほどもお伝えしましたが、セダン型の車両では物理的に自転車を乗せることができません。トランクに収まりきらない荷物がある場合には乗車できません。また、雨などで濡れている場合、車内が汚れてしまうので乗せてもらえないということもあります。1人目のお客様の輸送が終わったら他のお客様を乗せることになりますが、車内が汚れてしまったらすぐに乗せることができなくなってしまいます。そういった理由から、雨や泥などで車内が著しく汚れると考えられる場合には乗車できませんのでお気をつけください。 営業所に自転車を乗せられるタクシーの依頼をしよう 都心部ではセダン型の車両で自転車を乗せてくれることはないと考えて良いでしょう。もし自転車を乗せてもらいたいのであれば、ワンボックス型かミニバン型のタクシーを探しましょう。見つからないようなら営業所に電話し、自転車を積めるサイズのタクシーを依頼しましょう。 袋に入れるなどの配慮をしよう 自転車をタクシーに乗せる際には、車内を汚さないように工夫しておくことがマナーでしょう。あらかじめ自転車を拭いてキレイにしておく、袋に入れて車内が汚れないようにするなどの工夫をして、タクシー運転手も利用者も、お互いが気持ち良く過ごしてみてください。なお、このようにタクシーに乗せる可能性も考え、自転車を拭くためのタオルや収納するための大きめの袋を用意しておきましょう。 今回はタクシーに自転車を乗せられるのかという疑問を解決し、注意点もお伝えしました。タクシーに自転車を乗せることは可能ですが、セダン型の車両なら物理的に乗せられなかったり、場合によっては乗車拒否されたりすることもあります。もし乗せてもらえる場合でもタオルや袋を用意しておいて、車内を汚さないように配慮してください。このように、万が一のことにも気を配っておき、自転車でのお出かけを楽しんでみてはいかがでしょうか。

タクシーにわざと遠回りされた・・・?

タクシーにわざと遠回りされた・・・?

乗客としてタクシーを利用していると、「あれ?遠回りされている?わざと?」と時々発生する疑念。大変残念ながら、歩合制で生活しているタクシードライバーの中には出来心で遠回りする方も若干いるようです。乗客として、実際に遠回りされたと確信できた場合、どんな対処ができるのでしょうか? 旅客運送契約 タクシーに乗車する際、タクシー運転手(タクシー会社)と乗客の間では、法務省が定める商法第590条となる「旅客運送契約」が発生することになります。タクシー運転手側には、乗客が告げる目的地に向かって、安全であることは前提ですが、合理的な道筋で乗客を送り届ける義務が発生します。したがってタクシー運転手が故意に遠回りをしたということであれば契約違反として損害賠償を請求できる場合があります。または、その時合理的な道筋を通っていた時に想定される料金との差分(増額分)を支払う必要はありません。 故意かどうかの最終的な判断はタクシー運転手との合意を取れるかどうかに依存してしまいますが、実際にタクシー運転手が通ったルートと、もともと乗客が想定していたルートの違いから、遠回りであることが客観的に判断できるものであれば、同じように乗客の支払い義務は無くなります。近年ではGPSが搭載されているタクシーも多いので、タクシー会社に問い合わせれば対応してくれる場合が多いと思われます。どうしても納得できない場合はタクシー協会に相談してみるのも手です。 例外もある タクシー運転手が予め「最短ルートはAだが、この時間帯だとAは渋滞気味で返って時間を要してしまう。この時間帯はBの方がスムーズに目的地に到達できる」と考えた場合はどうでしょうか。走行スピードが時速10km以下になった場合は、タクシー料金についてで説明する「時間距離併用制運賃」が適用される場合もありますので、渋滞等が予測される場合、タクシー運転手によっては時間短縮を優先し、敢えて遠回りするケースもありえます。それは、渋滞による運賃の増額や運送時間超過を避けるための合理的な理由があるため例外になります。 充分なコミュニケーションを 前述のような場合、タクシー運転手側が状況と、道順の変更を説明できれば大きなトラブルやクレームにはならないかとは思います。タクシー運転手も乗客も人間ですから、どちらにもミスや失敗は0ではありません。こういった問題が出発後に発生してしまわないためには、出発前にある程度のルートを確認しておくことが重要だと思います。最近ではタクシー運転手側から希望経路を聞かれたり、経路の確認が入ったりすることも増えてきました。お互いの気遣いが大事だと思います。陥らないよう、乗客側は出来る限りルートを指定すること。タクシー運転手側は乗客の希望経路を確認した上で、通る道筋を明言しておくこと。何よりお互いの気遣いが大事ですね。

タクシードライバーの業務に差し支えない飲酒量とは?

タクシードライバーの業務に差し支えない飲酒量とは?

タクシードライバーの中にももちろんお酒が好きという方は多くいらっしゃいます。しかしながら、タクシードライバーという仕事は乗客の命を預かる大切な仕事ですので、深酒をしてしまって次の日の業務に支障をきたしてしまうことはもちろんNGです。それでは、いったいどれ程まで飲酒量ならば翌日のタクシーの乗務に差し支えないでしょうか。意外と知られていない飲酒と運転についてご紹介します! 無料会員登録 道路交通法よりも厳しく定められているタクシー乗務員の飲酒基準 国土交通省が定める道路運送法、旅客自動車運送事業運輸規則によって、タクシー会社では毎日の点呼時に乗務するタクシードライバーに対して、アルコール検知器で呼気中のアルコール濃度を測定することが義務付けられています。加えて、ドライバーの顔色、呼気のにおい、点呼時の応答の声の調子を目視などで確認します。これはもちろんタクシードライバーの飲酒運転を根絶するためです。道路交通法における「酒気帯び運転」は血中アルコール濃度0.3mg/mlもしくは呼気アルコール濃度0.15mg/Lが基準値とされていますが、タクシー会社ではわずかでもアルコールが検出されれば乗務禁止とされています。とはいえ、お酒が好きなタクシードライバーにとっては乗務前日は一切飲酒しないとしたら飲める日がほとんどなくて厳しいという方もいらっしゃることと思います。 アルコールが体内から抜けるまでの時間を知ろう 摂取したアルコール分が肝臓で分解されて体外に排出されるまでには意外と時間を要します。まず、アルコールの分解速度をわかりやすく計算するために「アルコールの1単位」と呼ばれるものを前提として考えます。 アルコールの1単位とは、20g前後の純アルコールを含む酒類の量を指します。それぞれの1単位の目安は以下の通りです。 ビール 500ml 日本酒 180ml(1合) ウィスキー 60ml ワイン 200ml(グラス2杯程度) チューハイ アルコール度数7%のもので350ml 焼酎 25度のもので100ml 性別や体格、体重、年齢、その時の体調などにも寄りますし、個人差があるのであくまで目安ですが、1単位のアルコールを摂取した場合、分解にかかる時間は4〜5時間と言われています。350mlの缶ビールや缶チューハイ1本の場合で約2時間というところです。注意しなければいけないのは、摂取量が2倍になれば、アルコールが抜けるまでの時間も2倍、という訳ではなくて時間は2倍よりも長くなるものとされている点です。確かに今350mlの缶ビールを1本飲み切って、1時間後に2本目を飲む場合、2本目のアルコールを摂取し始めた時点では、1本目のアルコールを分解し切っていない状態ですから、2倍以上の時間が掛かることも納得できるような気もします。かならずしもこの通りになるとは言い切れませんが、一つの目安にしておくと良いかと思います。 ※特定非営利活動法人ASKのHPを参照 タクシー乗務開始までの9時間で抜けるお酒の量とは あるタクシー会社では乗務開始9時間前を過ぎての飲酒はNG、それまでの飲酒であればOKとしているところがあります。しかし、前述のとおりアルコールが抜けるまでの時間は、飲酒量によりますから9時間前以前であっても乗務開始時点でアルコールが抜けきらない場合もあります。それでは、9時間前の時点でどれぐらいまでの飲酒量なら許容範囲と考えられるかを計算してみますと、、、 ビールや缶チューハイの場合・・・1000ml(500ml缶2本、または350ml缶3〜4本) 日本酒の場合・・・2合 ワインの場合・・・グラス4杯 となります。あくまで目安であり個人差によりますから、全員の許容範囲を保証するものでないことだけはご了承ください。 いかがでしょうか。思ったより多かったでしょうか?少なかったでしょうか?お客様の安全を守るためにも、節度を持った飲酒を心掛けましょう! 無料会員登録

タクシー会社の面接時の注意点とポイント

タクシー会社の面接時の注意点とポイント

タクシー会社の面接とは一体どのようなものなのでしょうか? 一般企業の採用面接とタクシー会社の面接との違いは?タクシー会社特有の面接内容とは?実際の面接で聞かれる内容や、タクシー会社の面接官がチェックしているポイントなど、実際に数多くタクシー会社の面接に立ち会っているキャリアアドバイザーがその裏側をお伝えします! タクシー会社の面接にのぞむときの注意点とは まずは、タクシー会社の面接にのぞむときの注意点をお伝えします。 タクシー会社であっても、面接時の注意点は大きく一般企業とは変わりません。当たり前のことではありますが、しっかりとポイントを押さえておくことで、面接官の印象が悪化することが無いようにしましょう! タクシー会社の面接時の服装 タクシー会社の面接には、やはりスーツで行くのが一般的です。中には、スラックスにジャケットを羽織って面接に面接に来られてしまう方もいるようですが、タクシーのお仕事は接客業で、他のお仕事よりもお客様から見られる場面が多いため、タクシー会社の面接官もあなたの『見た目』を厳しくチェックしています。スーツを着用する場合は以下の点に注意しましょう。 タクシー会社によっては、スーツを着用せずに面接に来た場合に無条件で不合格にしてしまうという場合もありますので、最低限、面接に臨む姿勢として、スーツ着用は必須にしてください。 面接時の服装と身だしなみの注意点 服装はスーツが必須。色は黒が無難。どうしても黒が無い場合でも可能な限り暗めの色を選ぶ 靴はちゃんと磨かれていて、ズボンにはアイロンでしっかりと折り目がついているものを着る 男性の場合は、髪型は短く整えられていて、髭がきれいに剃られているか。 履歴書記入での注意点 履歴書は、タクシー会社の面接官があなたの経歴を確認するためだけのものではなく、あなたのタクシー会社への熱意を伝える場でもありますので、項目をしっかり埋めて、丁寧に記入するようにしましょう。 特に、今までの職務経歴と志望動機は面接官が必ずチェックするポイントですので、注意してください。 例え今までの経歴に就業期間が短い職場があったとしても、全てしっかりと記載してください。ここで記入が漏れていて、内定後の前歴確認で履歴書との相違が発覚した場合、最悪、内定が取り消しになってしまうこともあります。 履歴書記入時の注意点 写真はスーツ姿で取られていて、履歴書にまっすぐに貼付されているか。 職務経歴は、漏れなく全て正確に記載されているか。 志望動機の欄は空白ではなく、記入欄に余白がない程度しっかりと記載されているか。 面接時のマナーと注意点 身だしなみと履歴書の準備がしっかり出来たらいよいよ実際の面接です。面接はどうしても緊張してしまいますが、最低限のマナーはしっかりと押さえておきましょう。 以下の注意点は、遅刻をしない、挨拶を必ずするなど社会人として当たり前のことばかりですが、面接時には緊張してしまい、普段できると思っていることも忘れてしまうことがあります。 自分がちゃんと面接対応できるか不安がある方は、遠慮なくキャリアアドバイザーにご連絡ください。面接の前に、レクチャーを致しますのでご安心くださいね。 面接時のマナーと注意点 面接をしてもらうタクシー会社には10分前には到着する。遅刻は厳禁。 面接の部屋に入室する際は、ドアを必ず3回ノックし、「失礼します。」と言い入室する。 入室したら、名前を名乗り、「本日はよろしくお願いいたします。」と挨拶をする。 席に通されたら、面接官が「どうぞ、お座りください。」というまでは着席はしない。 質問をされたら、はっきりとした口調で返答をする。 タクシー会社の面接の対策 ここからはより具体的に、タクシー会社の面接での聞かれることや、タクシー会社の面接官が見ているポイントなどをご説明します。 今までは一般的な面接時の注意店やマナーでしたが、以下のものはタクシー会社特有のものもありますので、初めてタクシー会社の面接を受ける方は、ぜひともご覧ください。 《タクシー会社の面接でよく聞かれる質問》 過去に運転をしていて、事故暦は違反暦はないか。 →タクシーはお客様の命を預かるお仕事ですので、面接官としては「この人は安全な運転ができるか。」というポイントを注意深くみています。また、もし違反暦があり、免許の違反点数が累積していた場合には、免停になってしまうリスクがあるため、マイナス要素となってしまうことがあります。免停になってしまうと、その期間は乗務できなくなってしまうため、そのリスクをタクシー会社としては、考慮するためです。 過去の職歴の転職理由などういったものか。 →これは、一般企業の面接でも必ず聞かれることですが、タクシー会社の面接でもほぼ必ずこの質問をされます。もちろん全て正直に伝えることが大前提ですが、すこしネガティブな理由で退職に至ってしまい、面接官にどのように伝えたらよいのかわからない場合は、キャリアアドバイザーまでお気軽にご連絡ください。 今までの大きな病気をしたり、今飲んでいる薬はないか。体調に不安はないか。 →タクシー会社では、面接の後に必ず健康診断を受けた後に内定という形になるのですが、面接時にも口頭や、アンケートなどで健康状態をチェックされる場合もあります。タクシーはお客様の乗せるお仕事なので、万が一急な体調不良などで事故を起こしてしまったときのリスクがあるため、健康状態に関しては、特に厳しくチェックされます。心臓病や心筋梗塞、の脳梗塞の経験や、糖尿病を患っているなどの場合には、内定が出ない場合も多くあります。既往歴があったとしても、完治している場合は内定となる場合も多くありますので、その旨を正しく伝えるようにしましょう。 無料会員登録

白タクシー(白タク)とは

白タクシー(白タク)とは

白タクシーとは、タクシー営業に必要な許可を受けず、自家用車で営業しているタクシーのことです。法律上許可を受けていないタクシー営業は違法とみなされるため、白タクシーは取り締まり対象となっています。 一般的なタクシーとの違い 白タクシーと一般的なタクシーとの違いは、ナンバープレートにあります。主に自家用車を使用する白タクシーの場合は白、営業許可を受けているタクシーは緑のナンバープレートとなっています。白タクシーと呼ばれる理由は、このナンバープレート色からきているのです。 白タクシー営業は罰則を受ける 営業許可を取らずにタクシー事業を行った場合は、「道路運送法」の違反となります。違反を行った場合、「三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科」されることになります。タクシー営業を行う場合は、定められた許可申請を必ず行わなければなりません。 進む白タクシーの規制緩和の動き 現状の法律では、白タクシーの営業は禁止されていますが、昨今ではその規制を一部緩和させる動きが進められています。過疎地などで、観光客の交通手段として自家用車の活用を拡大することが2015年の国家戦略特区諮問会議にて触れられ、試験的に一部の地域で運用されています。この自家用車を利用した運送方法を一般に「ライドシェア(相乗り)」と呼ばれています。ライドシェアは、一般のドライバーと乗車を希望する人を、インターネットを介してつなげるサービスで、ドライバーは乗客を有償で目的地まで輸送します。ライドシェアは、アメリカやヨーロッパをはじめとした地域で活用されています。 ライドシェア合法化メリット・デメリット ライドシェアが運用されることにより、タクシー事業が行き届いていないような過疎地域で同じようなサービスを受けられたり、同業社間で競争が活発化することで従来よりも安価でサービスを受けることができたりするメリットが考えられます。しかし、許可を受けていないドライバーが運転することで、ドライバーの運転技術やサービスなどが低下し、万が一事故が起きた際、補償責任を誰が負うのかといった問題も発生します。また、日本ではこのライドシェアが現在の「道路運送法」に抵触する点も、未解決の問題です。

タクシーエンタメの人気記事

スマホのタクシー配車アプリの知られざる真実

スマホのタクシー配車アプリの知られざる真実

Uberがタクシー配車アプリの先駆者?いえ、実は日本では後発です 最近、ニュースなどでも話題になっているスマホ向けのタクシー配車アプリですが、Uberが日本で始めてのタクシー配車アプリだと思っている方も多いかと思いますが、実はUber(ウーバー)より先に日本のタクシー会社もスマホ向け配車アプリをリリースしているのです。 何かと話題にのぼるタクシーのスマホ向け配車アプリのUberですが、タクシーに普段乗りなれている方、タクシー業界に詳しい方からすると正直若干何をいまさら感があります。なぜなら日本ではとっくにスマホ向け配車アプリがあったからです。 Uberは2013年4月に日本でのサービスをスタートさせています。ところが日本では最大手の日本交通は2011年1月にリリース、同年12月にはサービスの全国展開をしております。東京無線グループは2012年4月からとUberが始める2014年8月以前にすでに日本にはスマホでタクシー配車を依頼するという流れはできていました。 LINEタクシーも日本交通のスマホ配車アプリを使用 最近ではリリースされて話題になったLINEがタクシーの配車を行うというLINEタクシーはLINEと日本交通が提携して行うサービスですので後ろで動いているサービスは日本交通のスマホ配車アプリです。 東京での極めつけは共同配車アプリの完成 さらに東京では、東京ハイヤー・タクシー協会が東京のタクシー会社の共同配車アプリ、「スマホdeタッくん」を2014年1月にリリースしています。 これは東京大手四社である大和自動車グループ、帝都自動車グループ、日本交通グループ、kmグループだけでなく都内最大級の無線グループであるチェッカーグループや共同無線やイーエム無線などの無線グループ、準大手の日の丸交通やグリーンキャブが参画し東京で約11,000台の中から最寄りのタクシーが配車される仕組みとなっております。 これは東京23区と三鷹市、武蔵野市を合わせた特別区内の法人タクシーの55%のシェアを占めており、もしここに現在は単独のスマホ向け配車アプリで運営している東京無線グループの4,451台が加わると一気に15,000台を超えてそのシェアは80%弱というものすごいアプリになります。 英語版アプリも2015年1月にリリース また2020年の東京オリンピック開催を見据え、「スマホdeタッくん」の英語版のスマホアプリも今年2015年1月に東京ハイヤー・タクシー協会からリリースがされました。 大手各社が独自のスマホ向け配車アプリを持ち、東京ハイヤー・タクシー協会主導でこのような強力なスマホ向け配車アプリができている中、鳴り物入りのUberが今後どのように日本市場を攻略していくのか、注目して見ていきたいと思います。

【2021年版】東京観光タクシーのおすすめツアー6選!

【2021年版】東京観光タクシーのおすすめツアー6選!

タクシー会社独自の観光タクシーツアーが話題に ここ最近、タクシー会社が独自に観光ツアーを企画しており、その手軽さとユニークさから老若男女問わず、少しずつ人気が出ています。今回は東京の観光タクシーツアーをいくつかご紹介します! 日本交通の観光タクシープラン まずは、タクシー会社大手の日本交通が運行している観光タクシーのプランについてです。 TOKYO EAST(WEST) スタンダードプラン ツアー内容の一例 ・出発⇒東京駅⇒皇居⇒日本橋⇒浅草⇒秋葉原⇒帰着 ・出発⇒東京駅⇒皇居⇒明治神宮⇒原宿、表参道⇒渋谷⇒六本木⇒帰着 時間・料金 【時間】約3時間~ 【料金】15,220円〜 日本交通観光タクシー 公式サイトへ 隈研吾 建築ツアー in Tokyo ツアー内容の一例 ・出発⇒国立競技場⇒サニーヒルズ南青山⇒明治神宮ミュージアム⇒JR高輪ゲートウェイ駅⇒瑞聖寺庫裡⇒帰着 時間・料金 【時間】約3時間~ 【料金】15,220円〜 日本交通観光タクシー 公式サイトへ 東京日帰り観光(富士山コース) ツアー内容の一例 ・出発⇒新倉山浅間公園⇒忍野八海⇒富士山五合目⇒鳴沢氷穴・富岳風穴⇒河口湖⇒帰着 時間・料金 【時間】10〜11時間 【料金】61,130円〜 日本交通観光タクシー 公式サイトへ kmタクシーの観光タクシープラン kmタクシーが企画・実施しているユニークな観光タクシープラン「着物で江戸文化体験 神社・庭園めぐり」。このツアーの特徴は、着物を着て日本の伝統や歴史にたくさん触れることができること!特に女性からの予約が殺到しているとか! 着物で江戸文化体験 神社・庭園めぐり ツアー内容の一例 ・宿泊ホテル(都内)⇒着物レンタル⇒浜離宮恩賜庭園⇒歌舞伎座⇒浅草寺・仲見世⇒着物レンタル返却⇒宿泊ホテル(都内) 時間・料金 ■5時間コース :25,100円 ■7時間コース :34,980円 Tokyo Drive公式サイトへ 日の丸タクシーの観光タクシープラン こちらも特徴のある日の丸タクシーが企画・実施しているプランをご紹介します。日の丸タクシー公式サイトでは多数のコースが紹介されていますが、その中でもオススメしたいものをご紹介します! キラキラ東京夜景コース(新宿コース) ツアー内容の一例 ・出発地⇒新宿アイランドタワー前・LOVEオブジェ⇒東京都庁・展望台⇒新宿大ガード下・歌舞伎町⇒新宿三丁目北・伊勢丹前⇒帰着 時間・料金 4時間コース:20,160円〜 日の丸交通 東京観光タクシー公式サイトへ 忠臣蔵ゆかりの地めぐり ツアー内容の一例 ・出発⇒皇居東御苑⇒吉良邸跡/本所松坂町公園⇒回向院⇒両国⇒永代橋⇒泉岳寺⇒帰着 時間・料金 6時間コース:30,040円〜 日の丸交通 東京観光タクシー公式サイトへ いかがでしたか? ご紹介したタクシー会社だけでなくさまざまな観光タクシープランが増えてきています!ご興味をお持ちになったらぜひチェックしてみてください! ※ご紹介したプランは変更または中止になっている場合もございます。各社公式サイトをご確認ください。

冬の時こそご注意を!タクシーの車内のニオイ対策

冬の時こそご注意を!タクシーの車内のニオイ対策

国土交通省自動車局旅客課が今年3月に実施した、「タクシーに関するアンケート調査」で『タクシーを利用する際、重視する点はどのようなことですか』という問いの1位は安全性、そして堂々の第2位に車内の清潔性・快適性でタバコのニオイがしないこと、などニオイに関する項目を気にしているお客様が多いことが分かりました。 ニオイの季節って、夏の暑い時期のものじゃないの~と思っていませんか? タクシー業界は実は、寒いこの季節になるとニオイに関するクレームがもっとも集中しています。 なぜ、この寒い冬の時期になんだろう?と不思議に思いますよね! そこで今回は、タクシー業界における冬場のニオイ事情や、タクシー会社が実際にやっているニオイ対策をご紹介します。 無料会員登録 冬場のタクシーの車内のニオイは環境のせい!? タクシー業界は、なぜ冬の時期になるとニオイに関するクレームが多いのでしょうか。大きな原因の1つは、タクシーという密室な環境と考えられています。 タクシードライバーは、寒い冬になると、お客様を温かい車内へ迎えたい!ということで、換気をすることが減ってしまい空気がこもりがちです。空気がこもると、当然車内はニオイもこもってしまうわけです。 さらに、タクシー会社は夏場と違い、冬場になると身だしなみのため、上着を着用しなければいけない義務があるタクシー会社が多いのが現状です。 タクシードライバーは、冬場になるとお客様のニーズに合わせて温度調整するので、汗をかいてしまうのです。タクシーの車内は密室なので、こんな些細なこともニオイの原因に繋がってしまいます。 また、タクシードライバーは接客の職業から日頃から身だしなみに気を付けているので、ヘアワックスなど体臭なども気をつけます。そのためか、タクシーという密室空間にはそのようなニオイもかなり充満してしまいます。 ニオイは、冬場になると換気する回数が極端に減ってしまい、ニオイのクレームに発展してしまうのです。 無料会員登録 タクシー会社が取り組んでいる冬場のニオイ対策とは? こういったニオイのクレームを寄せているのは、大半が女性であることから、女性のタクシードライバーが多い某タクシー会社では、女性のお客様のためだけではなく、女性社員のためにも積極的にこの問題に取り組みました。 どのような取り組みかと言うと、まずタクシーの車内は密室でこもりやすいので、無臭であることを心掛けました。 全く無臭にするのは困難なので、下記の4点でなるべく無臭に近づけるよう徹底しています。 1、男性社員の身だしなみでニオイが気になるヘアワックスや香水などは、つけすぎに注意することや、ニオイはできる限り臭わないものを選ぶこと。 2、お客様を長時間乗せない休憩時間などには、必ず小まめに換気をすること。 3、出庫前の点呼時に運行管理者がタクシードライバーの身だしなみを確認すると同時にニオイもチェックするのを徹底する。 4、営業所に併用されている工場で月1回車検を行うと供にニオイ点検を行う。 4をやっているタクシー会社はあまりいないと思いますので、ニオイ点検の内容を少しご紹介します。 まず、タクシー車内に取り付けられている規定の芳香剤以外を使っている車両があれば、規定の香りの少ないものに変えます。 そして、ニオイの染みついてとれない車両については「オゾン脱臭機」という特殊な装置を使いニオイのもとのなる菌を除去します。 このように、こちらの某タクシー会社ではニオイ対策をタクシー会社全体で積極的に力を入れて取り組んでいるのです。 無料会員登録 日本交通では変わったニオイ対策を実施している! 日本交通では、今まで色々な企業と色々なタイアップを行ってきました。 今回は、ニオイ対策を考えたおもしろい取り組みでP&Gジャパン(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)と提携し、不快なニオイを消臭するタクシー『ファブタク』を専用アプリから選んで配車できるサービスを全国で展開することを発表しました。 期間は、2015月12月1日より1ヶ月という期間限定で、日本交通ほか「全国タクシー」というアプリに参加する各地のタクシー会社と共同で実施されます。台数は、2000台以上あり、乗車方法は日本交通の専用アプリ「全国タクシー」から配車予約をするか、路上でつかまえる場合は、『ファブタク』がついているステッカーが目印です。 この取り組みは、タクシー業界初の冬場の気になるニオイをなんとかしてくれそうな女性に嬉しい取り組みとなっています。 タクシー会社では、このようにタクシーにお客様が快適に乗っていただけるようさまざまな取り組みをして日々奮闘しています。 これから、本格的な冬が到来します!その前にぜひご自身のタクシーも『ニオイ対策』をしておくと、利用してくれるお客様も増えてくると思います。ぜひ1度、ご自身のタクシー車内も確認してみてください。 無料会員登録

熊本タクシーのツイッターアカウントがネット上で話題らしいから調べてみた

熊本タクシーのツイッターアカウントがネット上で話題らしいから調べてみた

ツイッターで大注目のタクシー会社があるらしい 最近多くの企業が公式のツイッターアカウントを持っており、その運営スタッフのつぶやきに注目が集まることも多いのですが、ツイッター住人を賑わせているタクシー会社のツイッター公式アカウントがあるという情報が耳に入ってきたので、さっそく調査開始。 その企業の名は「熊本タクシー」。 2015年2月6日現在で15,875人という、熊本にある一タクシー会社としては驚愕のフォロワー数を誇っています。一体どんなことをつぶやいているのか!?すでに興味深々です。まず最近のつぶやきを見てみましょう。 フリーダム過ぎると話題の熊本タクシーのツイッター 【皆様にお願い】タクシー車内でのキューティクルダンス、キルミーダンス、プリキュアのED、ゲッダン等の行為は御遠慮下さい。乗務員も踊り出したらハンドルを握れなくなります。— ハイパームテキクマタク🚖 (@kumamototaxi) 2015年2月6日 熊本タクシー公式ツイッターからの引用です。 『【皆様にお願い】タクシー車内でのキューティクルダンス、キルミーダンス、プリキュアのED、ゲッダン等の行為は御遠慮下さい。 乗務員も踊り出したらハンドルを握れなくなります。』 ごらんのとおり、まさしく「フリーダムですね。」 もう少し見てみましょう。 弊社タクシーをこれにすり替えた奴ちょっと来い pic.twitter.com/w38FUtzI0R— ハイパームテキクマタク🚖 (@kumamototaxi) 2015年2月6日 コレを見て、懐かしいなと思ったのは私だけではないはずです。実際私も幼少期はコレで遊んだ覚えがあります。タクシー会社の公式ツイッターとは思えないぐらいのポップさと、センスを感じますね。 こんな面白い公式アカウントを運営している熊本タクシーとは一体どんな会社なのでしょうか。 熊本タクシーについて知ろう! せっかくなので、熊本タクシーについてもっと調べてみました。 熊本タクシーは熊本県熊本市を本社とし、地元では「クマタク」の愛称で知られています。なんと創業は大正12年ということで、90年以上の歴史のある由緒正しいタクシー会社です。経営理念は、以下のとおりです。 【ミッション(使命)】 私たちは、移動するすべての人に信頼される「足」である。 【ビジョン(目標)】 お客様から一番に選ばれよう。 【バリュー(こだわり)】 常識にとらわれず進化する。 この経営理念のバリューの常識にとわられず進化するという言葉を実現しているのが、大手ゲーム会社、コーエーテクモゲームスとコラボレーションした「戦国無双タクシー」です。以下の動画のように、ゲーム「戦国無双4」のキャラクターをタクシーの前面にプリントした斬新なデザインで、多くのファンが写真を撮りに集まるなど、人気を博しています。 こういった斬新な取り組みをする熊本タクシーなら、あのタクシー会社公式ツイッターも納得できるかも!? [参考サイト] 熊本タクシー公式サイト 熊本タクシー公式ツイッターアカウント

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0