• あまり健康に自信がないのですが、タクシードライバーになれますか?
コンテンツバナー0

あまり健康に自信がないのですが、タクシードライバーになれますか?

既往歴があるのですが、タクシードライバーになることは難しいでしょうか?

無料会員登録

仕事をする以上、健康に勤務を続けていけることは大前提にはなります。特にお客様の命を預かって行う業務ということもあり、お客様を安全に目的地に届けるうえで支障が懸念される場合は、選考時に厳しい確認を受けます。例えば、運転中に発作が起きる可能性がある、などです。てんかんや糖尿病、心疾患、精神的疾患、アルコール依存症等に関わる既往歴がある場合は、採用が難しい場合があります。

糖尿病は大丈夫?

糖尿病の多くは2型糖尿病といわれるものですが、2型糖尿病はいわゆる生活習慣病で、年齢を重ねていると良く聞く病気の一つです。タクシードライバーの応募者様にもこの病気に悩まれる方は少なく有りません。糖尿病でもタクシードライバーになれるかどうか、というと、結論としては症状の程度とタクシー会社側の判断によって様々です。すべてNGという訳ではありません。具体的には、糖尿病の程度の指標となるヘモグロビンA1c(HbA1c)の値と、糖尿病でかかっている通院状況や服薬状況、現在の就業状況、直近の健康診断の結果などにより、後は応相談です。ここでお伝えしておきたいのは、同じ病歴や症状であっても、タクシー会社によって採否の判断は変わる場合があるということです。詳細は担当のキャリアアドバイザーにご相談ください。

無料会員登録

入社前にかならず健康診断がある

タクシー会社では、内定前または入社前にかならず健康診断の受診を求められます。いずれにしても医師の就労OKをいただく必要がありますので、不安なので応募前に諦めるよりはチャレンジしてみることをオススメします!
過去に大きな病気になったことがあっても今は健康な場合だと、問題なくタクシードライバーとしてデビューできるケースも多いです。

無料会員登録

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0