コンテンツバナー0

コロナ禍におけるタクシー業界の運転手の現状と対策とは?

コロナ禍におけるタクシー業界の運転手の現状と対策とは?

新型コロナウイルスでは、仕事にも私生活にも様々な影響がありました。タクシー業界も例外ではなく、コロナ以前とは状況がまったく異なっています。そこで、今回はタクシー業界の現状を確認し、タクシー運転手が行っているコロナウイルスへの対策について見ていきましょう。

タクシー業界の現状は?

新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界に大きな影響を与えました。国内でも緊急事態宣言がなされ、国全体で外出自粛を推し進めてきました。コロナウイルスの蔓延が世間的に言われてきてから緊急事態宣言を受けたタイミングでは、普段なら賑わう週末の大都市、渋谷や新宿からも人影がなくなりました。タクシー運転手からすると、「お客様どころか人がいない」という状況です。そのため、流し(街中を走りながらお客様を探すこと)をしてもお客様が見つからないことしばしばです。

この度緊急事態宣言が解除され、オフィスへの勤務が始まるなど、外出する方が徐々に増え始めています。これまでの人の量に比べれば、その数はまだ多くはありませんが、今後飲食店が夜間の営業を再開したときには以前と同じような活気が戻ってくるでしょう。

また、タクシー事業者には特例として有償貨物運送の業務をすることが認められています。タクシーはお客様の目的地までの移動をサポートする旅客として事業を行っており、有償貨物運送の業務は行えません。有償貨物運送は、簡単に言うとデリバリーサービスのようなものです。つまり、この特例によって、お店が提供する料理を、お客様の自宅まで運ぶサービスを提供できるということです。コロナの感染リスクを防ぐために外出したくないお客様と、店舗での営業はできないが購入してもらえないと経営が成り立たない飲食店をつなぐ、サービスを展開しています。

この他、お客様の代わりに買い物を行う「おつかいタクシー(お買い物代行タクシー)」というサービスも提供しています。

関連記事 話題のおつかいタクシー(お買い物代行タクシー)とは?
関連記事 タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について

タクシー業界の対応は?

コロナウイルスの拡大を防ぐため、タクシー業界でも様々な取り組みが行われています。タクシー運転手自身がコロナに感染しないように注意するとともに、お客様間で感染させないように対応しています。

厚生労働省の呼び掛けている「密閉空間・密集場所・密接場面」、いわゆる「3つの蜜」を避けることはもちろん、タクシー運転手がマスクをする・私語を慎む・車内の消毒をするなどしています。どんなときにどんなことを行っているのか、具体的にタクシー運転手の仕事に沿って見ていきましょう。

通勤時

タクシー運転手という職業から考えると、電車に乗るイメージが湧かないかもしれませんが、事務所までの通勤に電車を利用する方もいます。そこで、通勤時の混雑した状況下での乗車を避けるために、変形労働時間制や週休3日制などを導入しています。
また、発熱やせきなどでコロナの症状が疑われる方や、感染者と濃厚接触が疑われる方には自宅待機が命じられています。

乗務開始前

出勤してから乗務開始前までの間には、検温を行っています。朝と夕方で1日に2回検温します。検温時に発熱がある場合には乗務ができません。また、普段乗務の前にはアルコールが入っていないか確かめるためにアルコール検知器を使うのですが、この検知器に関してもこまめに除菌したり、検知器の数を増やしたりして、タクシー運転手間での感染リスクを避ける対策をしています。

乗務中

タクシー運転手はお客様を乗せるときにも、マスクを着用し、私語はなるべく慎むようにしています。そして、お客様には基本的に後部座席を利用してもらい、助手席には乗らないように呼び掛けています。

お客様が降車した後は、窓やドアを開けてよく換気し、次亜塩素酸ナトリウム溶液やエタノールなどを使って車内を消毒します。
タクシー会社によってはコロナ対策として、タクシーの運転席と後部座席の間に、透明のビニールカーテンやアクリル板などで仕切りを作っています。仕切りとなっている場所の後部座席側、それから手すりやタブレットなど、お客様がよく触る場所を中心に拭きあげていきます。消毒したりゴミを拾ったりと、車内を掃除する際にはマスクや手袋を着用して行い、作業後には手洗いを徹底しています。

乗務終了後

タクシー会社では「1車2人制」や「2車3人制」などと呼ばれるように1台のタクシーを複数人で使いながら営業を行いますので、自分が乗務を終えた後には、次のタクシー運転手が乗務することになります。そうしたこともあり、乗務終了後には、お客様を降車させた後と同じように、換気・消毒を行います。

関連記事 タクシードライバーの点呼から終業までの1日の流れ
関連記事 「1車2人制」や「2車3人制」とは?1台のタクシーを2人の乗務員で使う具体例を詳しく解説!

コロナ禍におけるタクシーの役割とは?

通勤・通学の手段には様々ありますが、その中でも公共交通機関を利用する方も少なくないでしょう。コロナウイルスでの騒動が落ち着き、コロナ以前と同様に経済活動が始まると、電車やバスなどの公共交通機関には人が多くなり、満員電車になることも想定されます。もし本当にコロナの前と同様に満員電車となってしまった場合には、感染リスクが高まるでしょう。

そこで、タクシーが役立ちます。先にもお伝えしたように、タクシー業界でも様々なコロナ対策を行っております。どちらにリスクがあるかは人によって感じ方が異なりますが、満員電車に乗るのはリスクが高いと言えるでしょう。通勤・帰宅の手段として満員になりやすい電車やバスなどの公共交通機関の利用を避け、タクシーを利用する手段も検討してみる必要がありそうです。

今回はコロナ禍におけるタクシー業界の現状と対策についてお伝えしました。タクシー業界でもマスクの着用や、車内の消毒など、コロナに対しての取り組みを行っております。新型コロナウイルスによって退職を余儀なくされ、仕事に迷っている方もいるでしょう。もしそうでしたら、タクシー運転手として働くこと検討してみてはいかがでしょうか。

タクシー運転手は40代、50代以上などの中高年の方でも未経験から活躍できるチャンスがありますので、ご転職をお考えの際はぜひタクシー業界も検討してみてください。これからタクシーの仕事をお探しならドライバーズワークでタクシー運転手の求人を検索していきましょう。タクシー業界に精通したキャリアアドバイザーが相談に乗ることも可能!お悩みの方はぜひ活用してみてください。

新着タクシー求人を見る

タクシードライバーへの転職で失敗しないために

タクシードライバー(運転手・乗務員)の求人、転職にご興味がおありなら、ぜひドライバーズワークご登録・ご相談ください!登録はかんたん1分無料!「実際いまはどれくらい稼げるの?」「この会社の職場環境ってどうなの?」など求人の裏側の情報もお伝えすることができます。中には非公開求人も!ご登録後は、専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの担当に付き、転職にまつわるあなたのお悩みにお答えするだけでなく、転職をするべきなのかどうか、転職をする場合にどういった基準で会社選びをすれば良いか、などを一緒に考え丁寧にお伝えします。まだ転職するかどうかを迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料会員登録

関連記事

新卒でタクシー業界に就職してタクシー運転手になることってどうですか?

新卒でタクシー業界に就職してタクシー運転手になることってどうですか?

来年の3月に大学を卒業する者ですが、新卒でタクシー業界に就職することってどうなのでしょうか?稼ぐことはできますか?若い人には向いていない業界でしょうか? 無料会員登録 タクシードライバーになるには まず、タクシードライバーになるためには、二種免許の取得が必要です。さらに二種免許を取得できるための条件として、普通免許(普通自動車第一種運転免許)を取得後3年経過している必要があります。普通免許は最短で満18歳以上で取得することができますので、二種免許は最短でも満21歳以上で取得可能ということになります。タクシードライバーになるにあたっては以下の記事もぜひご参考ください。 関連記事 タクシー運転手(タクシードライバー)になるには?年収、待遇など実は隠れた良い仕事! 関連記事 タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは 新着タクシー求人を見る 若い人には向いていない業界? ・高齢者が多いイメージがあるが、高齢者に向いていて若い方に向いていない訳ではない ・各社新卒はじめ若い人材を積極募集している ・歩合制なので、いきなり結構稼げるチャンスもある ・英語が求められる タクシードライバーは65歳や70歳を超えても勤続されていらっしゃる方も居るので、高齢の方が多い印象を受けるかも知れませんが、だからといって若い方に向いていないという訳ではありません。このイメージになっているのは、タクシードライバーが高齢になっても続けていきやすい仕事であるということと、若い方にタクシー業界のことがあまり知られていないことの2点が背景があると考えています。全国でのタクシードライバー平均年齢は57.6歳と他業種よりも高い水準で、毎年定年退職や高齢による離職が後を立たない状況があります。これがさらに進むとタクシードライバー自体の数が減少するため、大手の企業はじめ各社は新卒採用や若手の中途採用を積極的に行っています。 タクシードライバーの給料体系はいわゆる歩合制であり、個人の売上が大きいほど、収入も大きくなります。トップドライバーの場合年収800万円、1000万円を超えるような方もいます。頑張るほど稼げるという観点では、若い人でもチャンスがあることがわかりますよね。なお、東京都のタクシードライバーの平均年収は400万円を超えており、この年収水準を早期から叶えることができることも魅力の一つです。 また、今後の日本では外国人観光客が増えていくことも期待されており、英語を身につけられると、さらにタクシードライバーとして活躍できるチャンスが広がると考えられます。英語を勉強して身につけることは、年齢を重ねてからだと難しい場合も多いです。そういった意味では若い方に大きなチャンスがあるともいえます。 タクシー業界は、新卒や若手人材が非常に求められている業界です。上記のようなメリットを参考にぜひ検討してみると良いかと思います! 関連記事 タクシードライバーの平均年齢!高齢化と勤続年数についてのレポート 関連記事 未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる? 新着タクシー求人を見る

タクシーニュースの人気記事

話題のおつかいタクシー(お買い物代行タクシー)とは?

話題のおつかいタクシー(お買い物代行タクシー)とは?

いわゆる、おつかいタクシーが最近話題となっています。おつかいタクシーとは、タクシー会社の提供するサービスの1つで、スーパーへのお買い物などを代行してくれるサービスのことです。タクシーサービスには、病院送迎サービスやお子様の送迎サービスなど高齢者や体の不自由な方、子育てに追われている方をターゲットにしたものが多数あります。その1つに、おつかいタクシーがあります。 「おつかいタクシー」の概要とは 冒頭にもお伝えした通り、おつかいタクシーとは、お買い物を代行するタクシーサービスのことです。名称はタクシー会社によって異なり、おつかいタクシー以外にも、お買い物タクシー、思いやりタクシー、お買い物代行サービス、お買い物・お料理宅配代行サービスなどと名付けられています。買い物に行けない方、行きたくない方の代わりにスーパーで買い物をし、家まで届けてくれるタクシーサービスのことです。 また、おつかいの内容はスーパーなどでの買い物に限りません。薬局で薬の受け取ることも可能です。薬の受け取りを依頼するときには、あらかじめ本人以外が受け取れるかどうか、病院や薬局に確認してください。 どんな方が使う?利用者とは おつかいタクシーの利用者は多岐に渡ります。 高齢者 体が不自由で買い物に行くのが困難な方 体調不良の方 仕事や家事が忙しい方 家から出たくないとお考えの方 ここにご紹介した以外にも様々な利用者がいます。介護タクシー(介護保険タクシー)の場合には、要介護者しか使えませんが、このおつかいタクシーに関しては、どなたでもご利用いただけます。 関連記事 福祉タクシーとは?介護福祉タクシーとの違い ユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)とは?介護タクシーと何が違うの? どんなときに使う?利用するシチュエーションとは 体が不自由で買い物が困難なとき 体調が悪くて外に出られそうにないとき 天気が悪くて外に出たくないとき 仕事や家事が忙しくて買い物に使う時間を節約したいとき お米や飲み物など重いものを買うとき これはあくまで一例ですが、このようなシチュエーションでおつかいタクシーが使われています。特に体が不自由で買い物に行くことも困難な方にとっては非常に役立つサービスと言えるでしょう。 日本各地で広がるおつかいタクシー 現在、おつかいタクシーは日本全国のタクシー会社に広がっています。 青森県のポストタクシー 福島県のいわきタクシーグループ 茨城県のさわやか交通 東京都・神奈川県・埼玉県の三和交通 東京都の東京交通 神奈川県のKGグループ 奈良県の奈良近鉄タクシー 兵庫県の山陽タクシー 広島県のなべタクシー 例として上記のタクシー会社を挙げましたが、この他にもお買い物代行サービス・お買い物付き添いサービスを提供しているタクシー会社も少なくありません。買い物代行タクシーサービスは、買い物に困っている方の日々の生活をサポートします。こうしたサービスが全国各地に広がることで、より住みやすい環境になっていくでしょう。 女性のタクシー運転手が買い物をしてくれる会社もある 買い物に慣れていない方の場合、同じ物でも商品を選ぶ際のポイントが分からず時間がかかってしまいます。利用者の中には、女性のほうが手馴れていて、かつ商品選びのコツを知っているのではないかと考えて女性のタクシー運転手を求める方もいます。そうした背景があり、おつかいタクシーは女性のタクシー運転手が担当しているタクシー会社もあります。例えば、青森県のポストタクシーがそうです。 もちろん女性でなくても、買い物に慣れているタクシー運転手も少なくないですし、おつかいタクシーの経験を積むことによって買い物に慣れる方もいます。ですから一概に女性のタクシー運転手が良いと言えるものではありません。どうしてもと言うのであれば、おつかいタクシーの依頼をする際に女性タクシー運転手をお願いできるか聞いてみましょう。 利用の流れとは 電話でおつかいの内容を伝えて依頼する タクシー運転手が買い物をする(薬を受け取る) タクシー運転手がご希望の場所までお届けする かかった費用を清算して商品を受け取る 電話1本で買い物をお願いできる魅力があります。 利用料金はどのくらい? 利用料金の制度はタクシー会社によって異なりますが、大まかに説明すると以下の3つの料金がかかります。 お店から指定場所までの片道のタクシー運賃 お買い物費用 サービス料金 1つ目のタクシー運賃に関しては、通常の運賃より少し割り増しの料金になっていることが多いです。30分当たりの料金は約3,000円となっています。3つ目のサービス料金に関しては500円ほどです。 繰り返しますが、おつかいタクシーの料金は、タクシー会社によって異なります。タクシー運賃も通常と同じ金額としているところもありますし、サービス料金を取らないタクシー会社もあります。 以上、おつかいタクシー(お買い物代行タクシー)についてご紹介しました。利用条件もなく、どなたでもご利用いただけます。買い物に行けないとき、行きたくない方は、お近くのタクシー会社のおつかいタクシーサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

タクシーの事前確定運賃とは?利用者と運転手のメリット・デメリット

タクシーの事前確定運賃とは?利用者と運転手のメリット・デメリット

タクシーの事前確定運賃が利用できるサービスが導入されました。この事前確定運賃という仕組みは、タクシー利用者にとって、そしてタクシー運転手にとってどのような影響があるのでしょうか。 関連記事 タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について 関連記事 羽田空港の国内線に定額タクシー乗り場を設置 事前確定運賃とは? 事前確定運賃とは、通常タクシーを降車する際に料金が確定するのに対し、乗車前に確定させる料金のことを指します。これは事前確定運賃に対応しているスマートフォンのタクシー配車アプリを活用して、乗車地点と降車地点を事前に入力すると、ルートや運賃が提示されます。その中からルートを確定させることで事前に運賃を確定させることができるものです。乗車前に運賃を確定するためには、アプリ内の自動計算の機能を利用します。スマートフォンの配車アプリを利用して乗車位置と降車位置を指定することで、運賃を確定させます。確定された運賃を画面に表示することで、ユーザーはタクシーの運賃を乗車前に知ることができます。 事前確定運賃でタクシーに乗車する方法 スマートフォン等でタクシー配車アプリを起動する 乗車希望地点と降車希望地点を入力する 決済方法としてキャッシュレス決済を指定する 注意事項を確認して問題がなければ「同意」する 複数のルートから経路を選択する 入力事項に問題がなければ「確定」して配車依頼をする タクシーの運賃計算の仕組み タクシーの運賃は、走行距離や時間によって決まります。そのため、移動距離だけではなく、渋滞などに巻き込まれた場合の時間も運賃に含まれていきます。今回の事前に運賃が確定するサービスを導入するにあたって、距離だけでの計算だけではなく、交通事情などもあらかじめ踏まえて補正を行うことで、事前の料金を実際の料金に近づけて表示させることができるようになりました。2017年に行った実証実験の結果では、事前の確定運賃と実際の運賃の間で0.6%の誤差が出た程度ですんだという結果が出ております。今回の事前運賃確定サービスでは、渋滞に巻き込まれたとしても、運賃は変わらずメーターを気にしなくてもよくなります。今回のサービス導入については、タクシー会社があらかじめ国土交通省に届出を出す必要があります。 事前確定運賃の乗客側のメリット タクシーはとても便利な移動手段ですが、その料金が乗車前に予測しにくい場合もあり「いくらかかるのか不安」「メーターが上がる前に降りたい」「遠回りされて料金が高くなっていないか」など料金に関する不安や不満を抱えているユーザーも多いです。事前確定運賃はその名のとおり乗車前に運賃がわかるためそのような不安や不満が解消されタクシーの利便性を高めることができると考えられます。また、事前確定運賃の場合には、渋滞に合った場合も、赤信号に何度も当たって時間がかかった場合も事前に決まった運賃から変更はありません。ただし、利用にあたり配車料金が別途発生します。東京都のタクシー会社の場合ですと電話や配車アプリ経由にかかわらず配車料として300~400円程度の料金が発生します。 事前確定運賃のタクシードライバー側のメリット まず一番に期待されるのはタクシー利用者の増加だといえます。今までは支払う料金がいくらになるか分からず、タクシーの利用を避けて電車やバスを利用してきたユーザー層の一部が新たにタクシーを利用しはじめる可能性があり新たな顧客の獲得につながります。また、東京都内の場合、タクシーの乗客を獲得する方法の多くは「流し営業」と呼ばれるタクシードライバーが運転しながら目視で乗客を探すというもので、流し営業には長年の経験やスキルなどが必要となるため、稼げるタクシードライバーとそうでないタクシードライバーには差が出てしまうというのが大きな課題でした。しかし、今後タクシー配車アプリが普及することで、タクシー運転手は「流し営業」をする必要性が今よりも減少し、経験が浅くても安定した売上を稼ぐことができるようになることが想定されます。そして最後に、事前確定運賃の場合には、迎車料金が含まれています。お客様の乗車希望地点に向かうまでの料金も得られるということです。そのため、流し営業でお客様を獲得するよりも効率良く、稼げるようになるのではないでしょうか。 関連記事 タクシーの流しとは?コツを掴んで給料UPへ【流しのコツ10選】 関連記事 タクシー運転手は稼げるの?高収入を得るコツとは?【徹底紹介】 いかがでしたか? タクシーの事前確定運賃についてご紹介しました。選択肢が広がるという意味でタクシーの乗客にとっても、引いてはタクシードライバーにとってもメリットのある仕組みといえます。こうした便利なサービスが広がることでタクシー利用者も増えていくことが期待されます。タクシードライバーになりたいと考えている方は、事前確定運賃があること、アプリ配車の仕組みについては事前に良く確認しておくと良いでしょう。なお、タクシードライバーは40代や50代以上の方も活躍できる職種です。転職の際はぜひタクシー業界も選択肢の一つとして視野に入れられることをおすすめします。 新着タクシー求人を見る

陣痛・妊婦 タクシーについて

陣痛・妊婦 タクシーについて

マタニティタクシー(陣痛タクシー)とは、妊娠中の女性に向けたタクシーサービスで、自宅住所やかかりつけの病院を事前登録しておくだけで、陣痛が始まった際に速やかに病院までのタクシー送迎が受けられるものです。 陣痛時の移動手段となるマタニティタクシー 陣痛がいつ始まるか事前に予測することはできません。旦那さんや家族が近くにいない時に始まる可能性もあります。自分自身で車を運転できるのであれば、自力で病院へ行くのも一つの手段ですが、そこまでの余裕がないこともあります。人命に関わる状況でない限り、救急車の利用も推奨されていません。このような場合に、マタニティタクシーが有効な手段の一つとなるのです。 マタニティタクシーの利用方法 マタニティタクシーを利用する際は、事前に名前や自宅の住所、かかりつけの病院、出産予定時期などを登録しておくことが必要です。これにより、突然陣痛が始まった場合でも、電話をかけるだけでタクシーを呼び出すことができ、病院までの道案内をする必要もありません。陣痛の他、定期検診や買い物などでも利用できることもあります。利用登録は無料で、利用料金は通常のタクシー料金と変わらないのが一般的です。ほとんどのタクシー会社では365日24時間対応しているので、妊婦さんにとってはとても心強いサービスと言えるでしょう。 妊婦さんには嬉しいきめ細やかなサービス マタニティタクシーの基本的なサービス内容は、各社で大きな違いはありませんが、より妊婦さんに寄り添ったサービスを展開しているタクシー会社もあります。例えば、マタニティタクシーのドライバーに対して、妊婦さんのサポート方法や緊急時の対応に関する講習を導入しているタクシー会社もあります。また、陣痛と同様に、破水もいつ起こるか分かりません。そうした場合に備えて、バスタオルや防水シートを用意してくれるタクシー会社もあります。加えて、陣痛時に利用した際は、病院に到着後タクシー料金を支払う余裕がない可能性があります。そのような場合に、料金を後払いにできることもあるのです。細かいサービス内容は各社異なりますので、事前に調べておくと良いでしょう。

子育てタクシーについて

子育てタクシーについて

子育てタクシーとは、一般社団法人全国子育てタクシー協会が主催する、子供やその保護者に向けたタクシーサービスです。協会が指定する養成講座と保育実習を修了したドライバーが運転を行い、子供を連れての外出や、子供の緊急時の送迎に利用することができます。全国のタクシー会社で導入が進んでおり、自治体による後押しも広がっています。 ■ 一般社団法人全国子育てタクシー協会 http://kosodate-taxi.com/ 子育てタクシーの利用方法 子育てタクシーの利用には、事前登録や事前予約が必要です。自宅住所や連絡先、子供の名前、送迎する施設名などを伝えておきます。子育てタクシーの利用料金は、基本的に通常のタクシー料金と変わりません。年齢に応じてチャイルドシートの利用も可能です。 子育てタクシーのコースは4種類 子育てタクシーのサービスには、「かんがるーコース」「ひよこコース」「こうのとりコース」「ふくろうコース」の4種類があります。 ■かんがるーコース かんがるーコースは、乳幼児と保護者が一緒に利用できるサービスです。ベビーカーや荷物の積み降ろしなどをサポートしてくれます。また乗客の要望に応じて、自宅の玄関先まで荷物を運ぶこともあります。 ■ひよこコース 子供一人でのタクシー利用を手助けするのがひよこコースです。通園や通学、塾への送迎などに最適なサービスとなっています。ひよこコースを利用するには、事前登録以外に、送迎先との打ち合わせを行う必要があります。また利用するタクシー会社によっては、年齢制限を設けている場合もありますので、確認しておきましょう。 ■こうのとりコース 「マタニティタクシー」や「陣痛タクシー」とも呼ばれるサービスです。急な陣痛が起こった際、病院までの移動手段として利用することができます。 ■ふくろうコース 夜間に子供が発熱・ケガをした際など、夜間の急なトラブルに対応してくれるのがふくろうコースです。最寄りの夜間救急病院に送迎し、当番医まで案内をしてくれます。 関連記事 陣痛・妊婦 タクシーについて 関連記事 乗り合いタクシーとは?相乗りとの違いは? 関連記事 観光案内・観光タクシー運転手の仕事内容とは? 関連記事 介護タクシー運転手の仕事内容とは

タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について

タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について

Uberなどの新しい配車サービスが海外からやってくる中、日本のタクシー業界でも、利用する人に向けて便利なアプリをリリースしました。 それは、JapanTaxiというアプリです。JapanTaxiではスマートフォンのGPS情報を使用し、お客様がいつでもどこでもタクシーを利用できるように作られたアプリです。 お客様はどこにタクシーを呼んでほしいか、どこまで行きたいかをアプリ上で設定することができます。目的地へのルートもアプリ上で表示されるので、安心してタクシーを利用することができるようになります。 スマートフォンが持つGPS機能を有効的に利用し、本来タクシーが持っている移動手段に対しての利便性と掛け合わせ、新たな配車サービスとして今注目を集めています。 アプリを介してお客様がいる場所に向かうことができる このアプリの最大の特徴はGPSを利用したタクシー配車ができるという点です。ユーザーはスマートフォン端末のGPS機能を使うことで、現在地を知ることができます。 表示された位置に対して、「ここで乗る」ボタンを押すことでその場所にタクシーを呼び出します。ドライバーは「乗務員アプリ」を利用してJapanTaxiでお客様がタクシーを求めている場所を把握することができ、アプリからの指示に対して「了解する」ことで、その場にお客様を向かえに行くことができます。 ※アプリで呼ばれた場所に向かっている途中に、目の前でお客様が手を挙げてタクシーを止めようとした場合は、手を挙げられたお客様を優先して対応します。 ※アプリで呼ばれた場所に向かっている途中、会社からの無線を切る前に無線配車の指示が出た場合は、会社からの配車指示に従って対応いたします。 また、お客様の方では予約日時の設定もできますので、いつの何時にどの場所に向かえばいいかも指定できます。この場合は、通常の送迎予約と同じように、配車位置まで向かうことができます。 アプリ上で目的地指定、走行距離と目安料金も表示され支払いが便利に お客様は目的地の指定もアプリ上で行うことができます。配車を頼んだ後で、続けて目的地の指定を行うとそこまでの最短ルートが表示される設定になっています。運転手側もそのルートに従って運転することができるので、迷わずスムーズにお客様を目的地まで送り届けることができます。 ※配車ルートは表示されますが、お客様から別のルートを指示された場合は、お客様の指示に従ってルート設定をしてください。 さらに、アプリ上では走行距離による料金が自動的に計算されます。この料金は交通規制や渋滞などを推し量ることはできないので、時間で加算される料金の算出ができません。こちらの料金については、あくまで目安としての料金計算であることを乗車時に伝えることで、支払い時のトラブルを回避することができます。 関連記事 タクシーにわざと遠回りされた・・・? 関連記事 タクシーで起きるトラブルとは?また対処方法は? クレジットカード決済に対応 お客様はアプリ上でクレジットカードなどの支払い方法を事前に登録しておくと、オンライン決済でタクシーを利用することができます。 クレジットの利用可否はタクシー会社によって異なりますが、昨今のタクシーではクレジットカード決済はもちろんのこと、SuicaやQUICPay、LINE Pay(注)などのサービスにも対応している車が増えてきているので、各種端末の利用方法は覚えておくとよいでしょう。決済の種類を多く揃えていることで、お客様側からも利用しやすいサービスとしてタクシーを提供することができます。 (注) 2018年12月10日開始:【LINE Pay】「JapanTaxi」と提携 領収書の発行も可能 お客様側ではJapanTaxiのアカウントを事前登録しておくことで、領収書の発行もアプリ内で可能になっています。従来であれば、降車時にお客様から領収書を求められることが多かったかと思いますが、お客様がネット決済を行なった際の領収書はWebから発行することができるようになったので、その場で発行する手間が省かれます。 今までは、お客様を乗せるために大通りを流したりや駅前などで客待ちをしたりしていたタクシーですが、これからは配車を求めているお客様から呼び出していただけるサービスとしての利用も増えてくることでしょう。 タクシー業界もスマートフォンやアプリを利用して、イノベーションを起こしています。 関連記事 スマホのタクシー配車アプリの知られざる真実 関連記事 中国発のAIを活用したタクシー配車アプリ「DiDi」 関連記事 タクシーの事前確定運賃とは?利用者と運転手のメリット・デメリット 新着タクシー求人を見る

中国発のAIを活用したタクシー配車アプリ「DiDi」

中国発のAIを活用したタクシー配車アプリ「DiDi」

中国発の配車サービス大手の「DiDi」がソフトバンクと合弁会社DiDiモビリティジャパンを設立し、2018年9月27日より大阪市でサービスを始めました。2019年1月現在では、東京都にもサービスの幅を広げております。順次、京都や福岡、沖縄などの主要都市でもサービスを広げる計画を進めています。 ■ DiDiで今までにない移動体験を | DiDiモビリティジャパン株式会社 https://didimobility.co.jp/ 中国本土では、一般ドライバーが客を送迎する通称「白タク」は合法化されており、送迎アプリにドライバーとして登録することで旅客業務が行えますが、日本の場合は法律に抵触します。在日中国人が訪日の中国人旅行客に向けて、類似のライドシェアアプリやSNSを用いて日本国内で白タク業務を行なっていることが大きな問題となっております。DiDiではタクシー会社と連携し、そういった白タク業者を徹底排除させて正規のドライバーだけが登録できるような仕組みを取っています。 ドライバー用アプリでお客様の位置を簡単に把握 お客様はスマートフォン用アプリにてタクシーを呼び出します。ドライバー用アプリには乗車位置までの距離と到着時間の目安が表示されます。お客様とはアプリ内のメッセンジャーで会話をすることができるので、電話を掛ける必要や、直接声をかけてコミュニケーションを取る必要がありません。 「車内決済」と「アプリ決済」をお客様が選んで支払い完了 目的地までお客様を送り届けた後は、お客様が支払い方法を選択します。車内決済を選んだお客様に対しては、通常通り車内での支払いに対応する形となります。タクシー会社によってその対応方法は様々です。 アプリ決済を選んだお客様に対しては、事前にお客様が登録されたカードから自動的に引き落としができるので、車内でお金を受け取ったり、お釣りを渡したりする必要がありません。 AIによるマッチング分析 「DiDi」の主な特徴として、AIを使った分析を行っていることが挙げられます。AIの分析と予測機能によって、お客様とタクシーを素早くマッチングします。また、交通事情を把握し、渋滞の回避や工事になどによる規制区域の回避などに役立っています。 「DiDi」はまだ、アプリとして利用できる範囲は狭いのですが、新世代の配車アプリとして、乗客だけではなくタクシー業界にとっても有用なアプリとなっていくでしょう。 関連記事 スマホのタクシー配車アプリの知られざる真実 関連記事 タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について 関連記事 第一交通産業 新着タクシー求人を見る

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0