閉じる×

会員登録(無料) 採用担当者様へ 運送求人はこちら
コンテンツバナー0

大阪で英語タクシーの実験運行スタート

大阪で英語タクシーの実験運行スタート

外国人観光客をタクシーの顧客に取り込むべく大阪府内で新たな実験がスタートしました。

現状、タクシードライバーで英語を話せることは稀であり、外国人観光客にとっては日本のタクシーを利用しづらい要因の一つであった。
今回大阪府内で、英会話の能力に長けたタクシードライバーを選抜し、タクシーには「INTERNATIONAL VISITORS TAXI」というロゴを表示し、外国人観光客の反応などをテストするとのことです。

期間は2015年3月4日~10日までの1週間で、10台の英会話可能なタクシーが大阪府内を走ることとなります。

外国人旅行者にタクシーを利用してもらおうと、英会話の力の優れた運転手が乗るタクシーの実験運行が4日、大阪府内で始まった。ドアに「INTERNATIONAL VISITORS TAXI」と青い英語のロゴを表示し、国際性をアピール。計10台が10日まで走り、外国人の反応を見るとのことです。

乗務するタクシードライバーは英検2級程度の語学力を保有し、そのほかにも観光の知識研修などを受けていて、どこまで外国人観光客が利用するのかが注目されています。

大阪府の求人

大阪府の
求人一覧はこちら

この記事を書いた人

株式会社ミライユのロゴ

株式会社ミライユ
ドライバーズワーク編集部

株式会社ミライユは2014年に創業、少子高齢化・労働力不足といった社会問題を雇用創出や就職支援を通じて解決すべく、社会貢献性が高い業界・領域に特化して転職支援サービスを展開している企業です。中でもタクシー業界、運送・配送業界、警備業界、10代20代の転職市場に精通しています。

タクシードライバーへの転職で失敗しないために

タクシードライバー(運転手・乗務員)の求人、転職にご興味がおありなら、ぜひドライバーズワークご登録・ご相談ください!登録はかんたん1分無料!「実際いまはどれくらい稼げるの?」「この会社の職場環境ってどうなの?」など求人の裏側の情報もお伝えすることができます。中には非公開求人も!ご登録後は、専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの担当に付き、転職にまつわるあなたのお悩みにお答えするだけでなく、転職をするべきなのかどうか、転職をする場合にどういった基準で会社選びをすれば良いか、などを一緒に考え丁寧にお伝えします。まだ転職するかどうかを迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料会員登録

関連記事

料金をタクシーチケットで支払われたらどう対応する?

料金をタクシーチケットで支払われたらどう対応する?

タクシーの乗車料金のお支払い時にタクシーチケットが使われることがあります。そのため、タクシー運転手としては、このタクシーチケットについても知っておく必要があります。そもそもタクシーチケットとはどういうものなのでしょうか?今回はその概要と、渡されたときの対応の仕方、タクシーチケットにまつわる注意点を学んでいきましょう。 関連記事 タクシードライバーの1日の売上にノルマってあるの? 関連記事 タクシー運転手が「付け待ち」で稼ぐコツやポイントとは? 関連記事 タクシー運転手の研修ってどんなことをするの?教育体制は? タクシーチケットとは? タクシーチケットとは、タクシー乗車料金に充てることができるチケットのことです。タクシーチケットは言い換えれば「タクシー乗車券」です。それを略して「タク券」や「タッ券」と呼ばれることもあります。 タクシーチケットは、図書券やクオカードのように個人が購入するケースはあまり多くなく、企業がまとめて購入することが多い特徴があります。取引先のお客様やイベントの講師などに対し、交通費として渡すこともあれば、会社役員に渡し、移動手段として使ってもらうこともあります。また、会社の場所が駅やバス停から近くない場合には従業員にタクシーチケットを渡して、通勤・帰宅時に使ってもらうことも可能です。 なお、タクシーチケットの発行は、クレジットカード会社とタクシー会社が行っています。発行する会社によって、タクシーチケットの種類や手数料なども異なりますので、今すぐ発行したいという方は各社へお問い合わせください。 タクシーチケットの種類にはどんなものがある? タクシーチケットの種類に関しては、3つの軸に分けてご紹介します。 1:使用するチケットの形態 タクシーチケットには、紙タイプとカードタイプがあります。その中でも紙タイプのものが主流となっています。 カードタイプのタクシーチケットには2種類あり、1つはタクシー専用のクレジットカードで、もう1つはゲストカードです。タクシー専用のクレジットカードの場合には、普通のクレジットカードと同様にお支払い時に署名が必要になりますので、決められた人だけが使えるカードです。一方、ゲストカードはタクシー運転手に渡すだけで清算できる、つまり誰でも使えるようになっています。 2:お支払い方式 タクシーチケットで清算した場合に、どのように乗車料金をお支払いするのかにも違いがあります。大きく2種類に分けられ、「一括後払い方式」と「プリペイド方式」があります。一括後払い方式の場合には、お客様が使用した分の料金を、タクシー会社が後からチケット登録している企業に請求する方式です。一方で、プリペイド方式は先払いとなります。タクシーチケットを発行するタイミングで、乗車料金を先に支払っておくものです。 3:使用の制限 タクシーチケットには制限があるものと、無制限のものがあります。制限には「期間」、「金額」の2つがあります。有効期限が決まっていて、そこまでの期間内ならいくらでも乗車できるタクシーチケットもあれば、使える金額と有効期限のどちらも決まっているタクシーチケットもあります。なお、お支払い方法がプリペイド方式の場合には金額に制限がつきます。 タクシーチケットはどうやって発行される? タクシーチケットの発行は以下の手順で行われます。 問い合わせ・申込みをする サービスの説明を受ける 与信審査を受ける 契約を結ぶ チケットが発行される タクシーチケットの締め日はいつ? 締め日は各社で異なりますが、10日 / 15日 / 20日 / 末日の中から選べます。締め日についてはタクシーチケットを導入する企業側が、検討時に知るべき情報ですが、お客様からタクシーチケットについて質問される可能性もあるため、タクシー運転手の方も知っておきましょう。 紙タイプのチケットはどう発行される クレジットカードタイプの場合にはカードを発行するだけですが、紙タイプの場合には、数十枚のタクシーチケットがまとまった綴りを購入することになります。綴りの枚数としては1冊20~30枚ほどで、チケットの発行手数料は無料のものから、税込みで330円ほどとなっています。発行する会社によって異なりますので、詳細は各社にお問い合わせください。 お客様にタクシーチケットで支払われた場合はどう対応する? 乗車料金をタクシーチケットで支払われることもあるでしょう。その際には、いくつかの項目をお客様自身に記入してもらう必要があります。なぜなら、タクシー運転手が後で書く、あるいは書き直せる形式にしてしまうと、実際に走った距離以上の請求をするなど、不正が起こる可能性があるからです。タクシーチケットは複写式となっていることが多いです。複写式の場合、タクシー運転手の持つ紙と、お客様が控えとして持つ紙を見比べれば後から書き加えた内容を把握できます。そのため、後から書き直す不正を防ぐことができます。また、筆跡も証拠となって残りますので、不正の対策になります。なお、お客様には以下の項目を記入してもらいます。 乗車日 乗車区間 利用者の署名 メーター料金 高速料金等 料金合計 タクシーチケットの2つの注意事項とは? 1:酔客の対応には注意 夜になると、お酒に酔ったお客様も乗車されます。その際にタクシーチケットを渡されることがあります。場合によっては必要項目を書けないこともあるでしょう。こうした場合、後にトラブルとならないよう、よく注意する必要があります。お客様の了承を得るのはもちろんのこと、ドライブレコーダーなどを活用して記録に残しておくとトラブルを避けやすくなるでしょう。 2:タクシーチケットを忘れた方に注意 お客様から「タクシーチケットを忘れてしまった」と言われることもあるでしょう。タクシー運転手としては、それにどう対応しますか?タクシーチケットがないと、利用時に現金またはカードが必要になります。そのことをお伝えするのはもちろんですが、もし乗車料金を立て替えるなら、領収書を控えておくと良いとお伝えしましょう。領収書があれば、立て替えた費用が後から戻ってくることもあります。それを知らないお客様も多く、タクシー運転手が言わなかったという理由でトラブルになる可能性がありますのでご注意ください。 今回はタクシーチケットについてご紹介しました。タクシーチケットで支払うケースはそう多くはありませんが、タクシー運転手の方は知っておかなければならない知識です。これからタクシー運転手になりたい方も、こうした支払い方法があることは知っておきましょう。 なお、タクシードライバー(タクシー運転手)は40代、50代以上などの中高年の方でも、未経験から活躍しやすい仕事の一つですので、ご転職をお考えの際にはぜひタクシー業界を検討することをオススメします!具体的な求人を見てみたい場合は、ドライバーズワークでタクシードライバー・乗務員の求人を検索してみてください。無料会員登録を行えば、タクシー業界に精通したキャリアアドバイザーが相談に乗るだけでなく、希望に合ったタクシー会社をお探しします。お悩みの方はぜひ活用してみてください。 無料会員登録

タクシーの隔日勤務はきつい!?隔日勤務の働き方を詳しく解説

タクシーの隔日勤務はきつい!?隔日勤務の働き方を詳しく解説

多くの人がタクシー運転手の勤務時間が長いというイメージを持っていますが、それはタクシー業界独特の「隔日勤務」という労働形態に関連しているかもしれません。確かに、隔日勤務は長時間の勤務が必要で、最初は慣れないこともあるかもしれません。しかし、隔日勤務には知られざるメリットがたくさん存在します。今回は、タクシー運転手の特有の隔日勤務について、そのメリットやデメリット、さらには隔日勤務を快適にするためのアイデアについて詳しくご紹介します。   隔日勤務とは 隔日勤務とは、文字通り1日おきに勤務するスケジュールのことです。このスタイルでは、タクシー運転手は通常、朝から翌未明までまたは午後から翌朝までの長時間にわたって勤務し、休憩時間を挟みます。具体的な始業時間は会社や個々の勤務条件によって異なりますが、1回の勤務あたりの総拘束時間は通常約20時間で、実際の運転時間は18~19時間程度になります。この間には休憩時間が合計で3時間確保されます。 隔日勤務の特徴の一つは、勤務明けに必ず休みがあることです。そのため、月間の出勤日数は通常11~13日程度になります。この勤務スケジュールの利点として、休日が多く、長期休暇を取りやすいという点が挙げられます。従って、慣れてしまえば、多くのタクシー運転手にとって、隔日勤務は自分の時間を確保しやすく、働きやすいと感じることがあります。 タクシー会社は24時間営業しているため、タクシードライバーの出勤体制は多様です。全てのドライバーが同じ時間に出勤するのではなく、例えば朝7時からの勤務と13時からの勤務のように、複数の勤務パターンを同時に採用しています。出勤時間の組み合わせは、タクシー会社の営業エリアの地域特性によっても異なります。たとえば、歓楽街があるエリアでは夜間の需要が高まるため、ドライバーの出勤時間を午後からに設定することがあります。一方、大きな病院があるエリアでは、通院する高齢者をターゲットにするため、早朝の出勤が一般的です。このように、地域性に合わせてタクシードライバーの出勤時間が調整されています。   隔日勤務のメリット・デメリット 隔日勤務は拘束時間が長い一方で、一定のリズムを持つ働き方です。従って、慣れてしまえば、予測可能なペースで勤務することができます。このスケジュールはタクシー運転手の中でも一般的なスタイルであり、タクシー会社が専門的に隔日勤務のドライバーを採用する場合もあります。 メリット 隔日勤務のメリットは、まず休日が多いことです。長い勤務時間を1回に集中するため、その分だけ自分の時間を確保しやすくなります。さらに、通常の日勤勤務では難しい連続した休暇を取ることも、隔日勤務の場合は実現しやすくなります。工夫次第では、長期連休を取得することも可能です。 また、昼間と夜間の勤務リズムを交互に経験できるため、新人ドライバーにとっては営業のコツを学ぶのに適しています。このように、隔日勤務はタクシー運転手にとって多くのメリットを提供する勤務形態と言えます。 デメリット 隔日勤務のデメリットは、何よりもその拘束時間の長さです。通常、1回の勤務が20時間以上になることは他の職種では稀であり、初めての経験者にとっては身心が追いつかないことがあるかもしれません。休日が多い一方で、新人期間は休息を取るだけでも精一杯で、家庭を持つ人々にとっては出勤日と家庭生活の調和が難しく、ストレスを感じることも考えられます。   隔日勤務は法的にも問題なし 労働基準法において、通常の会社員の労働時間は1日8時間、週40時間までと規定されています。1日8時間を超える勤務は残業とされ、それに対する規制が適用されます。ただし、これは基本的なケースです。 一方、タクシードライバーのような隔日勤務の場合は、変形労働時間制が適用されることがあります。この制度では、労働時間を1日単位でではなく、月や年単位で評価します。このため、1日平均が8時間以下であれば、週40時間を超えていても残業扱いにはなりません。 さらに、会社員には、連続した勤務の前後に必要な休息時間が法律で規定されています。通常の勤務の場合、8時間以上の休息時間が必要ですが、隔日勤務の場合は20時間以上の休息時間が求められます。 このように、隔日勤務自体は法的には問題ありませんが、ドライバーの疲労が蓄積すると、安全性に関わる問題が発生する可能性が高まります。タクシー業界においても適切な休息時間が確保されているかどうかを確認することは重要です。そのため、しっかり休憩が取られているかタクシー会社は日頃から管理を行っています。   隔日勤務に向いている人 柔軟性がある人: 隔日勤務は、勤務日と休息日が交互に設定される特徴があります。この柔軟なスケジュールに適応できる人は、隔日勤務に向いています。長時間の勤務日と自由な休息日をバランスよく過ごす能力が必要です。 睡眠管理が得意な人: 隔日勤務には長時間の勤務や夜間の仕事が含まれることがあります。睡眠の質を管理でき、適切な休息を確保できる人が成功する傾向があります。睡眠不足は安全や健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、睡眠管理は重要です。 孤独を楽しむ人: タクシードライバーは一人で運転し、自己管理が求められます。社交的な環境ではなく、孤独を楽しむことができる人が向いています。自分自身との時間を大切にすることができるでしょう。 長時間の運転に耐えられる人: タクシードライバーは長時間運転をすることが多いため、体力的に長時間の運転に耐えられる人が向いています。長距離運転に耐性があるか、運転中の集中力を維持できるかが重要です。 安全運転を重視する人: タクシードライバーはお客様を安全に目的地に運ぶ責任があります。安全運転を重視し、交通ルールや安全に対する高い意識を持つ人が向いています。安全性を最優先に考えることが必要です。   隔日勤務終了後は会社の設備を活用しよう 隔日勤務が終わって自宅に帰るタクシードライバーにとって、特に早朝は眠気が強く襲ってくる時間帯です。仕事が終了し、安心感からくる一種の緊張の解放や長時間の労働による疲労が、急に眠気を引き起こすことがよくあります。 幸いなことに、一部のタクシー会社では仮眠室や温泉などが提供されており、車で通勤するドライバーは仮眠をとってから帰宅することができます。勤務中は緊張感によって眠気を感じにくいこともありますが、勤務終了後に急に眠気が襲ってくることは珍しくありません。そのような場合、無理をせずに仮眠をとることが最善の選択です。眠気を抱えたままの運転は危険を伴いますので、安全運転のためにも休息をとることが大切です。   隔日勤務ドライバーの睡眠事情 隔日勤務ドライバーの場合、帰宅時間は朝にることが多々あります。多くのタクシードライバーは帰宅後、昼寝をとり、夜に再び睡眠を取ります。この働き方では、昼寝が3〜5時間程度で、夜間の睡眠が6〜8時間ほどとなります。 この勤務体系において、昼寝をすることで夜中に眠れないのではないかと心配する人もいますが、実際にはそうでもないと言われており、比較的安心して昼寝をとることができます。ただし、このスケジュールに慣れるまでには2〜4か月ほどかかることが一般的です。一度慣れてしまうと、隔日勤務の方が快適だと感じることが多いようです。 次に、日勤・夜勤の場合、1勤務あたりの拘束時間は約12時間で、出勤時間や仕事の準備なども含めると合計で約14時間かかります。残りの10時間は食事や家庭の用事に充てられ、睡眠に割り当てる時間は約6時間程度です。 ただし、個々の事情や生活スタイルによって異なるため、これは一般的な例です。タクシードライバーの勤務スケジュールは多様であり、個人の好みや体調に合わせて調整されることがあります。 隔日勤務をより快適に過ごすためには 確かに、初めての隔日勤務は適応に時間がかかることがありますが、仕事へのアプローチや考え方を変えることで、隔日勤務の利点がより明確に感じられることがあります。 労働条件を比較してみる タクシー業界の隔日勤務は初めて聞くと過酷に感じるかもしれません。しかし、これを他の職種と比較すると、意外なメリットも見えてくることがあります。IT関連の仕事に従事していた方々や、一般の職場で残業や人間関係に悩んでいた方々と比べると、タクシーの隔日勤務にはいくつか魅力的な要素があるのです。 まず、タクシーの隔日勤務では最低3時間の休憩が義務付けられており、残業がないため、仕事が終わったら仕事を忘れてリラックスすることができます。また、勤務明けには必ず休息日が設けられているため、身体や精神の回復に専念できます。さらに、タクシー運転手は一人で業務を行うため、職場の人間関係のストレスを気にせずに仕事に専念できます。休憩時間も自分の裁量で取ることができるため、自分のペースで仕事と休息を調整できるのも大きな利点です。 一度の勤務で2回分!? 隔日勤務は、一度の勤務で実質的に2回分の仕事をこなすことができる高効率な働き方と言えます。また、タクシーの隔日勤務と類似性があるのが、消防士の勤務形態です。消防士は勤務→非番→公休を繰り返す現場勤務が一般的で、1回の勤務時間は長いものの、その後の十分な休息が確保され、緊張を要する業務にも集中して対応できるように配慮されています。タクシー運転手もお客様の安全を確保する仕事であり、緊張感が伴うことはありますが、毎回の勤務が終了すれば確実に休息が待っており、集中して仕事に取り組むことができるという点で、共通の特徴があります。 休日が多いという利点 前述の内容を繰り返しますが、隔日勤務は1回の勤務で通常の2回分の仕事をこなすことができるという特徴があります。確かに大変な面もありますが、この特性から休日が多く、自分の時間をたっぷり確保できるのです。前職では日々の仕事が続き、急な休日出勤や長時間の残業が日常的に発生し、家族や趣味に時間を割けなかったと感じていた方々も、タクシー運転手に転職することで、プライベートの充実度が飛躍的に向上するかもしれません。   まとめ タクシー運転手の隔日勤務についてまとめると、この勤務形態は柔軟性があり、睡眠管理が得意で、孤独を楽しむことができる人に向いています。長時間の運転に耐えられ、安全運転を重視し、自己組織化能力が高い人も成功する傾向があります。地理的な知識が豊富な人も重要です。 タクシー運転手の労働時間は、長時間労働のイメージがあるものの、実際は他の一般的な職業と大きな差はなく、法的にも問題ありません。睡眠管理がしっかりされており、過労を防ぐための厚生労働省の指導が厳格に行われています。ただし、一部の会社では業務終了後に追加の作業が発生することがあります。 隔日勤務のタクシードライバーは、帰宅後に昼寝をし、夜に再び睡眠を取るスケジュールを持ちます。慣れるまで2〜4か月ほどかかることがありますが、慣れれば快適に働けると感じる人が多いようです。 最終的に、タクシー運転手の勤務スケジュールは個人の生活スタイルや好みに合わせて調整されることがあり、適性や状況に応じて柔軟な働き方を選ぶことができます。 関連記事 タクシードライバーの勤務形態・勤務時間を勤務スタイルの例で徹底解説!

稼げない・成功しにくいタクシー運転手の特徴とは

稼げない・成功しにくいタクシー運転手の特徴とは

タクシー運転手の収入は大きく変動する職業です。収益は乗客数や走行距離に依存し、これらの要因が給与に大きな影響を与えます。お客様を獲得するためのテクニックは非常に重要で、年齢や経験に関係なく、成功を収めることができます。一方で、長年の経験を持つタクシー運転手でも、なぜか収入が伸び悩む場合があります。では、経験豊富な人でも稼げないケースがあるのはなぜでしょうか?稼げないタクシー運転手の特徴を把握することは、その反面教師として役立つ可能性があります。   稼げない・成功しにくいタクシー運転手の特徴 売上に無関心 自分の収入に対する意識が薄い人は、稼げない傾向が高いことは言うまでもありません。たとえ歩合制であっても、月々の給料保障があるタクシー会社も多いため、頑張って稼ごうという意欲があまり高まらない傾向があります。しかし、このような姿勢では収入を増やすためのモチベーションが減退し、成果も伸びません。売上目標を具体的な数字で意識することは、行動に影響を与えます。たとえば、自分の給料を時給換算して計算することで、自身の労働価値を理解できます。具体的な数字を把握することで、他のタクシー運転手と比較し、自分の収入状況がわかります。また、お客様を乗せていない時間が多い場合、ガソリン代が会社のコストとなり、損失を招く可能性があります。売上に無頓着な姿勢では、このような視点を見落とすこともあります。 成長意欲が低い タクシー運転手は、運転技術や地理知識などの基本的なスキルを学び、向上心を持ち続けることが求められる職業です。運転免許を取得するための勉強だけでなく、実際の業務においても日々新たな情報を収集し、スキルを向上させる必要があります。ただし、他の業界からタクシー業界に転職する場合、未経験者はすべての知識や技術を自己学習で習得するのは難しいかもしれません。そのため、研修や教育制度が充実しているタクシー会社に入社し、スタートダッシュを切ることをお勧めします。 決まった営業方法に固執して工夫が不足する 営業場所が営業所の周りに限定されていると、潜在的な顧客層にアクセスできない可能性が高く、収入制約を招くことがあります。営業範囲を広げることで、新たな顧客を獲得し、売上を増やすチャンスを生み出せます。また、右車線での走行は、客の乗車機会を制限することがあります。需要の高いエリアや時間帯に集中することで、収益性の高い営業を行えます。 都市部での「待ち営業」は一つの営業手法ですが、競争が激しい場所では、売上を伸ばすのが難しいことがあります。需要の高い場所や時間帯を事前に調査し、積極的に移動することで、待ち営業以外のアプローチも活用できます。また、回送時間を短縮することは非常に重要です。空車状態を最小限に抑え、無駄な回送時間を減らすために、ナビゲーションアプリを活用し、最適なルートを選択しましょう。 これらの改善策を取り入れ、効果的な営業方法を確立することで、タクシードライバーとしての収入を増やすことができます。市場の変化に敏感で、顧客のニーズに適切に対応することが成功の鍵となります。 分析能力が不足している 目の前で起こっている出来事に深く考えを巡らせない、または意識しない人は、分析力が不足しているといえるでしょう。例えば、街中で同じデパートの紙袋を持っている人が多いのを見かけた場合、それはセール中や特別イベントの合図かもしれません。このような観察から、荷物を持つお客さんがタクシーを利用する可能性が高まることに気付くことができます。分析力があると、事前に情報を収集し、たとえばスポーツイベントやイベントが行われる日に、スタジアム周辺で客を捕まえるなど、戦略的な行動に繋げることができます。 さらに、タクシー運転手は常に業績を分析しなければ、次の売上目標を設定することが難しいです。目標を持つことは極めて重要で、時間ごとや日々の目標を達成することで、次のステップに進むための基盤を築くことができます。目標がないまま適当に営業をすると、何が売上に貢献し、何が影響を与えたかを把握することが難しく、業績向上も期待できません。タクシー業界では、実車率という指標が重要視されます。実車率が高ければ、効率的に収入を増やすことができます。そのため、乗車回数を増やすことが実車率向上の鍵となります。新人ドライバーは、どの場所や時間帯において需要が高まるかを徐々に学び、空車時間を減少させるためのデータを蓄積することが肝要です。分析力を駆使して戦略的に働くことで、成功するタクシー運転手への道が開かれるでしょう。 顧客対応が不十分 謙虚で思いやりのある接客態度を持たないドライバーは、売上を伸ばしにくいでしょう。無愛想な対応や高圧的な言動は乗客を不快にさせ、クレームの原因となる可能性があります。お客様を歓迎する気持ちが欠けるドライバーは、仕事に取り組む意欲にも疑問が生じるでしょう。例えば、道路脇で休憩中にタバコの吸い殻を路上に捨てる行為も、周囲の人々に目撃されることがあります。タクシー運転手は仕事のペースを自己管理できる環境にいますが、休憩に過度に時間を費やし、自己規律を欠いてしまうと、成功を収めるタクシー運転手から遠ざかっていく可能性があります。 接客経験が少ない人でも、人とのコミュニケーションに苦労しない限り、タクシー運転手として成功することはできます。接客スキルに関する研修を提供するタクシー会社やエージェントも存在し、同僚や先輩からアドバイスを受ける機会も得られます。 接客態度の不愛想さや適切でない対応は、自身だけでなく会社の評判にも悪影響を及ぼす可能性があります。また、お客様が後でSNSなどに投稿する可能性も考慮すべきです。 健康管理が不十分 健康状態はどの職業においても基本的な要素です。タクシー運転手も例外ではなく、特に健康へのケアが求められます。体調管理を怠ると、睡眠不足や体調不良が業務に響き、集中力が低下してしまうことがあります。また、運転は視力を酷使し、目の疲労が肩や腰にも影響を及ぼすことがあります。疲れた目ではお客様を見落とす可能性があるほか、集中力が低下し、最適なエリアやタイミングを見極める思考力も鈍ってしまいます。そのため、目の疲れを和らげる目薬を持ち歩くことも大切です。長時間の運転に耐えるためには、体力も欠かせません。適度な休憩やリラックス、ストレッチや軽い運動で体の負担を軽減することができます。タクシー運転手は、この切り替えがうまい人が成功することも多いです。 心身ともに健康を保つことが極めて重要で、特に高齢のタクシー運転手は健康であれば長く活躍することができます。逆に若い新人も、体力を活かしてタクシー業界で歓迎されます。健康をキープしながら、タクシー運転手としての成功に向けて努力することが大切です。   頑張っても稼げない場合、会社選びを失敗しているかも? 熱心に努力し、日々の営業を振り返りながら前進しようとするタクシードライバーが期待通りに収入を上げられない場合、その原因は所属するタクシー会社の選択にあるかもしれません。自身の希望や労働環境に合致しない会社では、働きづらく、実力を発揮できないことがあります。将来タクシー業界への転職を考えている方や、既存の会社から移籍を検討しているドライバーにとって、自身に合った職場を見つけることが重要です。   まとめ 稼げないタクシー運転手の特徴を理解することは、売上を向上させるために役立つ手がかりです。タクシー運転手としての経験が積み重なる中で、効果的な方法や気づきが生まれることでしょう。 真剣に仕事に取り組み、個々の出来事から学びながらスキルを向上させることは、タクシー運転手としての成長を実感する手助けとなります。この職業では、やる気や向上心、体調管理、謙虚な姿勢など、自己主導性が非常に重要です。業務中に多くの自由時間があるため、モチベーションを維持するためのセルフケアや効果的な方法を習得することも必要です。 しかし、稼げない場合、所属する会社に原因がある可能性も考えられます。タクシー業界は特殊であり、自己力だけで成功するのは難しいこともあります。タクシー運転手として新たなスタートを切りたい場合は、慎重に会社を選び、採用試験に臨むことをお勧めします。

歩率・歩合率が高い方が稼げる?タクシードライバーの給与体制

歩率・歩合率が高い方が稼げる?タクシードライバーの給与体制

タクシードライバーへの転職をご検討中であれば、多くの人が給料面・待遇は気になる点かと思います。特にタクシードライバーの職種においてドライバーの給料体系を理解することは非常に重要です。そこで、今回はタクシー運転手の給料について、主要な歩合に焦点を当ててご紹介します! 歩合・歩率とは 多くのタクシー会社においてタクシードライバーの給料(賃金)は固定給と歩合給で構成されます。このうち歩合給についてですが、タクシードライバーの給料の一部は、歩合や出来高に基づいてインセンティブのような形式で支給され、ドライバー個人の売上高に対して、所定の割合でタクシー会社とドライバー本人とで按分します。売上高に対するドライバー本人の取り分の割合のことを歩合率や歩率(以下、「歩合率」)と呼びます。タクシー会社の賃金体系には固定給と歩合給のバランスの違いにより、いくつかのパターンがあります。ここでは歩合の種類について詳しくご紹介します。   賃金体系の種類 賃金体系には3つの主要な種類が存在します。賃金体系は自身の労働スタイル、収入をどのように増やしていくか、そしてどのタクシー会社を選ぶかに大きな影響を与える要素です。したがって、求人に応募する前にこれらの種類を理解しておくことは非常に重要です。それぞれの賃金体系のメリットとデメリットは、ドライバーのキャリア、能力、個人の考え方によって異なることもあるため、詳しくご紹介します。 A型賃金【固定給重視】 A型賃金は、一般的な会社員のように固定給与が定められ、売上が一定以上の場合に歩合給が追加される制度です。以前はこのタイプの給与制度がいくつかの会社で見られましたが、近年ではほとんど採用されていない傾向があります。この制度では一定の給与が確保されるため、営業活動が苦手な社員にとっては魅力的な仕組みですが、一方で自分の努力を収入に反映させたい、やる気のあるドライバーには向いていないでしょう。 B型賃金【歩合重視】 B型賃金は、考え方としては固定給与がほぼなく、売上に応じて本人と会社が分配する給与制度です。例えば、月間売上が80万円で歩合率が50%の場合、単純計算で給与は40万円になります。売上に自信があるドライバーはこのタイプを採用している会社を選ぶことで収入が増える可能性が高まります。ただし、この場合期待した売上をあげられない場合に収入が非常に少なくなる恐れがあるため注意が必要です。とはいえ、雇用契約に基づいて正社員や定時制で勤務している場合は最低賃金が定められているため結局はAB型賃金に近い形式になるタクシー会社も多いのが実情です。 AB型賃金【混合型】 AB混合型賃金は、固定給与と歩合給を組み合わせた支給方式です。この方式では、一定の固定給与が保障されつつ、歩合給が主要な収入源となります。これは、自身の売上を伸ばすことで収入を増やす可能性があり、B型賃金(完全歩合制)に近い感覚を持つことができます。この給与方式は、まだ経験が浅い新人ドライバーにも安心感を提供できるため、大きな売上を上げる自信がない人にも適しています。ただし、一部の会社では固定給与部分が高額で、歩合給の割合が低い場合もありますので、注意が必要です。 関連記事 タクシードライバーの給与体系・仕組み   歩合率の高いタクシー会社 歩合率の高いタクシー会社とは、どの程度の歩合率を提供するかに焦点を当てたタクシー会社のことです。タクシードライバーの収入は基本的に賃金体系に準じますが、同じ賃金体系であっても歩合率はタクシー会社ごとに異なります。歩合率は、収入をどれだけ得られるかに大きな影響を与えるため、特に収入を増やしたいドライバーやベテランドライバーにとっては重要な要素となります。 歩合率の高いタクシー会社のメリット 歩合率の高いタクシー会社の主なメリットは、高い歩合率による高収入であり個人で稼げば稼ぐほど収入も増える構造です。通常、タクシー会社の平均歩合率は55〜60%(B型賃金基準)で、一部の会社では最大で65%近くまで歩合率が設定されています。これは、売上の半分以上がドライバーの収入になることを意味します。他の業種と比較しても、タクシードライバーは自身の収入を高く確保できる職種の一つです。通常、タクシー会社の求人情報には歩合率が明示されていることは少ないですが、面接や会社説明会、タクシー求人専門サイトの無料転職相談などを通じて、歩合率に関する情報を収集することができます。どんな些細なことでも気軽に相談して、自身に合った会社を見つける助けにしましょう。 歩合率の高いタクシー会社のデメリット 歩合率の高いタクシー会社のデメリットは、歩合率が高い代わりに、他の項目からの控除額が存在する可能性がある点です。タクシー会社では歩合率が異なることがあると前述しましたが、高い歩合率を提供する会社では、通常、乗務員手数料などの控除が多く発生することがあります。乗務員負担の手数料は撤廃されている傾向があるものの、依然として売上げから1%から3%の手数料が差し引かれることが一般的です。そのため、他社よりも歩合率が明らかに高いタクシー会社の場合、別途控除される金額に何があるか、最終的な収入がどうなるか、についてもしっかり確認しておくことが重要です。 歩合率の変動について タクシードライバーの歩合率は売上に応じて変動することが一般的ですが、「最大60%」などの表記が多いです。しかし、これは最大の歩合率であることを理解しておかなければなりません。また、賃金形態によっても歩合率に影響があります。したがって、タクシー会社を選ぶ際には歩合率の範囲や変動要因を確認し、最終的な収入を見積もる際に注意を払うことが重要です。 また、歩合制度には主に2つの種類が存在し、それぞれ異なる方法で歩合給を計算します。一つは積算歩合制度で、運賃収入などを区分化し、各区分ごとに歩合率をかけた金額を合計する方式です。もう一つは累進歩合制度で、売上などに応じて歩合給が段階的に増減する方式です。(ただし、累進歩合制度は、長時間運転による事故やスピード違反を誘発する可能性があるため、近年では廃止の動きが強まっており、この制度を採用しているタクシー会社は少なくなっています。)   歩合率の差が1%でも、年収では大きな額に・・・ 歩合率は微小な差でも、年単位の収入において大きな違いを生む要因です。したがって、できるだけ高い歩合率を提供するタクシー会社に就職することが理想的です。例えば、月間売上が90万円で歩合率が50%の場合、年間収入は約540万円となります。しかし、歩合率が51%だった場合、年間収入は約550万円となり、たった1%の違いが年間収入において10万円の差を生み出します。 ただし、歩合率を高めるためには条件が付くこともあるため、新人ドライバーは歩合率にこだわるだけでなく、売上が低い時期にも最低給与保障がどれくらい提供されているかを確認することが重要です。歩合率が高いだけでなく、安定した収入も考慮すべき要素です。   タクシー運転手が歩合給で収入を増やすためのスキル 流し営業をしない 「流し営業」とは、移動しながら顧客を探す営業方法のことです。流し営業を行っても顧客を獲得することはできますが、確実性に欠け、主要な収入源としては非効率的です。代わりに、無駄な流し営業を避け、お客を降ろしたら次の潜在的な顧客がいそうな場所に移動することをおすすめします。これにより、収入を確保する確率が高まります。 長距離狙いをしない 行き先や距離にこだわらず、柔軟にお客様を乗せる方が効果的です。なぜなら、行き先は乗客を乗せてみないとわからないことが多く、長距離の場合、戻るまでに多くの時間を要することがあり、逆に効率が悪くなることがあります。むしろ、距離を気にせず、継続的にお客様を乗せて回ることが、収入を増やす上で有効な方法です。 周囲の状況や情報を把握する タクシーで収入を増やすためには、積極的に収入を得られる場所を探し出すことがおすすめです。そのために、周辺の情報を把握しておくことが大切です。例えば、近くにスタジアムがある場合、試合の終了時間や試合日程を知っておくと良いですし、コンサート会場がある場合は演目や終了予定時刻を把握することが役立ちます。さらに、どの年齢層の人々がそのエリアに集まるかを知ることで、収入を増やすためのポイントを見つけやすくなります。 サービス品質を向上させる タクシードライバーの職業では、サービスの品質も非常に重要です。言葉遣いだけでなく、最適な経路を提案することも不可欠です。素晴らしい運転技術を持っていても、サービスの品質が低ければ、印象は悪くなります。このような心遣いを徹底することで、運転技術に自信がなくても、お客様に選ばれるタクシードライバーになることができるでしょう。   まとめ タクシードライバーとして成功するためには、いくつかの重要なポイントがあります。まず、タクシー運転手の給料は歩合制が一般的であり、歩合率によって収入が大きく左右されます。そのため、歩合率をよく理解し、最適な会社を選ぶことが大切です。賃金体系には固定給制、歩合のみ、混合型などさまざまな種類があります。それぞれにメリットとデメリットがあるため、自身のキャリアや目標に合わせて選ぶことが重要です。また、歩合率が収入に与える影響は大きいため、1%の差も年収においては重要です。 賃金体系の選択に加えて、タクシー運転手の収入を増やすためにはいくつかのスキルや戦略も考慮に入れるべきです。例えば、流し営業よりも周辺の情報を頭に入れ、効率的にお客様を乗せることが大切です。行き先や距離にこだわらず、柔軟にお客様を乗せ、積極的に稼ぎ場所を見つけることも収入増につながります。さらに、タクシードライバーはサービスの品質も求められます。言葉遣いや提案する経路など、お客様に対する心遣いが大切です。優れた運転技術だけでなく、サービスの質も高めることで、お客様から選ばれる存在となるでしょう。 最後に、タクシードライバーとして成功するためには、収入面だけでなく、お客様へのサービス提供や地道な努力も欠かせません。自分に合った賃金体系や歩合制度を選び、スキルを磨き、お客様に喜ばれるサービスを提供することで、タクシードライバーとしての成功が見込めます。

雨の日の運転は慎重に!危ない落とし穴

雨の日の運転は慎重に!危ない落とし穴

首都高速道路株式会社の調査によると雨の日の事故数は晴天時と比べて約5倍も高まるといわれています。また、深夜になると視界もさらに悪くなり、晴天時に比べ約7倍も事故が発生していまう。しかしながら、雨の日は足元も悪く乗客はタクシーを利用する機会が増えます。ベテランドライバーだからといって驕っていると事故に繋がりやすいので、雨の日における運転のコツをおさらいしておきましょう。 雨の日の主な事故とは 雨の日は、「停まりたくても、急には停まれない!」とよく言いますが、その現象が起きてしまうのが、路面が濡れているのでブレーキを踏んでから車が完全停止するまでの距離(制動距離)が長くなるからです。 さらに、視界も悪くなるためブレーキを踏む!と判断をしてから実際に踏むまでの間に車が走行する距離が出てきてしまうため、速度を抑え、車間距離を晴天時より空けて走ることが1つのポイントとなってきます。急ブレーキをかけてしまうと、スリップ事故の原因にもなりますので十分注意してください。 また、雨の日は通常でも視界が悪くなることが予想されます。例えば、斜め前方を走る大型・中型のトラックが跳ね上げる雨水など、跳ね上がる水量が多いとフロントガラスを直撃する恐れがあります。 そうなってしまうと視界が何も見えなくなり、玉突き事故や接触事故が起こりやすく危険ですので、車間を十分空けるなどして回避してください。 無料会員登録 タクシードライバーは特に注意の雨の日 雨の日の強敵は、なんと言っても人です! 他の車両だけではなく、歩行者も傘などをさす影響で視界が狭くなり、足元を見て歩いていることが多いので、車が近づいてきても気が付かないケースもあります。 むしろ、傘をさしている歩行者は、車をみていない!と思ったほうがいいかもしれません。 さらに自転車を利用する人に至っては、車両に乗っている自覚の足らない人が多いので、ぬれた路面や鉄板の上でブレーキをかけた際、制動距離や横滑りが起きてしまう想定していない場合が多々あるので、ここも気を付けなくてはなりません。 自転車の方からぶつかってきたとしても、車が完全に停まっている状況以外では、こちら(自動車側)の方に重い過失が科せられますので、これが大きな難関かもしれません。 無料会員登録 夜の危険な落とし穴 タクシードライバーの中で、夜日勤で勤務される方や隔日勤務の方は、夜ならではの現象、グレア(蒸発)現象が発生します。 グレア現象とは、センターラインや停止線など道路標示が見えなくなる現象のことを言います。路面にたまった雨水でヘッドライトの屈折率が変わるので、人の目の機能では見ることができないのが原因です。 道路標示が見えにくくなると、走行車線により多くの注意を払うようになるので、歩行者の発見が遅れる可能性も出てきます。特に右側から横断してくる歩行者を見落としやすくなりますので、深夜帯に勤務される際は、道路標示が消える事と右側の死角になる範囲が増える事も覚えておいてください。 また、この事象は雨が降っていなくても起こってしまう現象で対向車のライトとこちら(自分の車)のライトが重なると、光と光が反射してグレア現象が起こってしまいます。対向車がいる交差点では歩行者が見えなくなることもあるので大変危険です。 信号機のない交差点や横断歩道などを走行する際は、徐行運転を徹底することをオススメします。 また、雨の日の高速道路の運転も危険な罠が存在します。タクシードライバーにとって長距離(遠方)への運転は売上にも繋がる嬉しいことですが、雨の日の高速道路はスピードもかなり出すので、ハイドロプレーニング現象といった現象も起こりやすいので注意してください。 ハイドロプレーニング現象とは、車の水膜の上を走る状態で、タイヤの溝が水を排水できない状況のことを言います。この状態になってしまうと、ブレーキもハンドルも操作できなくなってしまうので、とても大きな事故を引き起こしてしまう可能性があります! 雨の日の運転の注意点 雨の日の走行には他にどんなところが危険なのかと言うと、まず1つは雨の降り始めや鉄板。これは、ほこりやスベスべのところを走行するので予想がつきやすいと思います。 次に水たまりや雨量の多い路面も制度距離が延びる主な原因になりますので気を付けましょう。荷物や乗車人数がMAXな場合もタイヤと路面の接地面積が大きくなるので同様かなり危険です。 また、事前チェックをすると避けられる事故もあります。 1つは、先ほども高速道路の件で少し触れましたがタイヤの溝が浅くなっている場合、排水能力が落ちるのでこちらは走行前に必ずチェックが必要です。 もう1つは、タイヤの空気圧です。これも、低いとタイヤと路面の接地面積が大きくなるので整備しておきましょう。 タクシードライバーにとっては、危険がいっぱいの雨の日運転!細心の注意を払い事故のない安全な運転を心掛けましょう。 無料会員登録

日本交通

日本交通

日本交通グループとは 日本交通株式会社は、1945年に設立された歴史ある業界最大手のタクシー会社です。一般タクシーだけでなくエグゼクティブ層向けのハイヤー運行でも知られており、高品質なサービス提供が特徴です。タクシー業界大手4社の1つである日本交通株式会社。創業は、初代社長である川鍋秋蔵氏がハイヤーで個人営業を開始させた1928年にまで遡ります。歴史に裏打ちされた高品質なサービスで、日本国内のお客様はもちろんのこと、海外からの観光客やVIPにもよく利用されています。業界最大手として常にタクシー業界の先頭を走っている印象も強く、業界に先駆けて「タクシーレジスター(領収書発行機)」を導入したり、最近では配車依頼をスマートフォンで完結できるタクシー配車アプリ「GO」や、都内初となる陣痛タクシー、東京観光タクシー、タクシーデリバリーなど、新しいサービスの展開を次々と発表しています。 日本交通株式会社の基本情報 会社名 日本交通株式会社 設立 1945年(昭和20年)12月1日 資本金 100,000,000円 本社所在地 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル 営業所数 ・タクシー 7営業所 日本交通株式会社 板橋営業所 ー東京都板橋区板橋2-4-41 日本交通株式会社 赤羽営業所 ー東京都北区浮間5-4-51 日本交通株式会社 千住営業所 ー東京都足立区千住関屋町19-2 日本交通株式会社 品川営業所 ー東京都品川区東品川3-32-25 日本交通株式会社 新木場営業所 ー東京都江東区新木場1-17-6 日本交通株式会社 三鷹営業所 ー東京都三鷹市野崎1-10-2 日本交通株式会社 葛西営業所 ー東京都江戸川区臨海町6-3-10・ハイヤー 4営業所 日本交通株式会社 赤坂営業所 ー東京都千代田区永田町2-11-1 日本交通株式会社 中央第一営業所、中央第二営業所 ー東京都中央区日本橋兜町1-13先 日本交通株式会社 銀座営業所 ー東京都中央区銀座1-11-3 従業員数 10,807人(2020年5月時点 連結) 車両台数 ・ハイヤー:1,486台 ・タクシー:6,372台 (2020年1月時点 業務提携会社含む) 関連会社・業務提携会社 関連会社 ・関連会社:22社 東洋交通株式会社/蔦交通株式会社/日交美輝株式会社/大国自動車交通株式会社/日交練馬株式会社/東京ひかり交通株式会社/株式会社ワイエム交通/羽田交通株式会社/春駒交通株式会社/改進タクシー株式会社/恵豊自動車交通株式会社/日本交通立川株式会社/日本交通埼玉株式会社/日本交通横浜株式会社/東洋タクシー株式会社/東京・日本交通株式会社/さくらタクシーグループ/尼崎工都タクシー株式会社/株式会社川西オーシャン交通/株式会社日交サービス/株式会社Mobility Technologies/松崎交通株式会社 業務提携会社 ・業務提携会社:26社 三和交通株式会社 東京営業所/扇橋交通株式会社/日立自動車交通第二株式会社/日立自動車交通第三株式会社/陸王交通株式会社/すばる交通株式会社/キャピタルオート株式会社/キャピタルモータース株式会社/日生交通株式会社/東京ワールド交通株式会社/日立自動車交通株式会社/東京梅田交通株式会社/飛鳥交通株式会社/飛鳥交通第二株式会社/飛鳥交通第三株式会社/飛鳥交通第五株式会社/飛鳥交通第六株式会社/飛鳥交通第七株式会社/飛鳥自動車株式会社/昭栄自動車株式会社/日日交通株式会社/東京梅田交通第二株式会社/飛鳥交通多摩株式会社/京浜ハイヤー株式会社/スタジアム交通株式会社/ワールド交通株式会社 日本交通の歴史・沿革 日本交通株式会社のはじまりは1928年4月。初代社長の川鍋秋蔵氏がハイヤーの個人営業から始め、翌年には銀座木挽町で「川鍋自動車商会」を創設しました。1945年になると、川鍋自動車商会の流れを汲む「日東自動車」を主体に11社1個人が統合され、日本交通が設立されます。そこからは経営拡大を図りつつ揺るぎない信頼を勝ち取り、業界を率いるタクシーグループとなっています。 日本交通グループの歴史 1928年4月 初代社長の川鍋秋蔵氏がハイヤー1台で個人営業を開始 1929年6月 銀座木挽町で川鍋自動車商会を設立 1937年5月 東宝自動車株式会社を設立(川鍋自動車商会は事業を譲渡) 1938年4月 日東自動車株式会社に商号変更 1940年10月 タクシー営業を開始 1945年7月 日東自動車株式会社を中心とする12事業者による共同経営を開始 1945年12月 日本自動車交通株式会社を設立(12事業者は事業を譲渡) 1945年12月 日本交通株式会社に商号変更 日本交通で働くメリット 未経験者のタクシー運転手が多い 業界未経験での転職を考えている方も多いのではないでしょうか。「未経験の自分がタクシー運転手として活躍できるのかどうか」、「そもそも未経験でも転職できるものなのか」こうした疑問が浮かぶかもしれません。 タクシー業界では未経験の方も多数活躍していますのでご安心ください。特に日本交通では積極的な新人採用を行っています。新入社員の90%以上が未経験者ということもあり、研修制度やマニュアルがきちんと整備されています。二種免許の取得にかかる費用も日本交通が全額負担してくれるため、未経験者でも就職や転職しやすい環境が整っています。 月間平均60万件以上の無線配車実績 タクシーを利用する際には、電話やインターネットでタクシー会社に連絡して配車依頼する方法があります。近くにタクシーが通らない、自分のいる場所まで来てほしい時などには配車依頼が役立ちます。こうして配車依頼を受けた場合は、タクシー会社が近くのタクシーに無線で指示を出し、利用者の希望場所にタクシーを向かわせます。この配車依頼の情報は、月間平均60万件以上にも及びます。 タクシー運転手の給与は、基本給と歩合給で決まります。そのため、高収入を得るには営業で数字を上げることがポイントです。ただ、初心者にとってお客様を見つけるのは難しいものです。そんな時に無線配車で乗務を案内してもらうことができるので、安定した収入を得やすいでしょう。 法人チケット契約数が多い 法人チケットの契約社数(ハイヤー等)は1万6000社にも及びます。タクシーチケットとは、「タク券」などとも呼ばれ、タクシー代を後払いにするチケットのことです。利用料金は契約会社に請求されるもので、ビジネスシーンでの接待時に交通費としてお渡しする時などに使われます。 契約社数が多いほど、タクシー利用者も増えるため、営業数字を上げやすくなるでしょう。 都内に専用のタクシー乗り場が多数ある 日本交通の場合には、都内に専用のタクシー乗り場が40ヶ所あります。利用者の多い施設にタクシーの専用乗り場があるため、付け待ち営業で安定してお客様を乗せることができます。 専用乗り場 ・専用乗り場:40ヶ所 ディスパッチャー有 六本木ヒルズ/グランドハイアット東京/東京ミッドタウン(ザ・リッツカールトン東京)/泉ガーデンタワー/紀尾井町ビル/ザ・キャピトルホテル東急/虎の門病院/アークヒルズ仙石山森タワー/虎ノ門ヒルズ/六本木グランドタワー/東京ガーデンテラス紀尾井町/赤坂インターシティAIR/愛宕グリーンヒルズ/汐留住友ビル/東京汐留ビルディング/汐留ビルディング日本テレビタワー/霞が関ビルディング/東京ミッドタウン日比谷/東京慈恵会医科大付属病院/シャングリ・ラ ホテル東京/東京日本橋タワー/大手門タワー・JXビル/大手門フィナンシャルシティグランキューブ/大手町パークビルディング/品川インターシティ/住友不動産三田ツインビル西館/国際医療福祉大学三田病院/東京都済生会中央病院/インターコンチネンタル東京ベイ/慶應義塾大学病院/代官山T-SITE/東京女子医大病院/新宿三井ビルディング/新宿住友ビルディング/順天堂大学医学部付属順天堂医院/東京大学医学部附属病院/日本医科大学付属病院/トレードピアお台場/昭和大学江東豊洲病院 細かなニーズに応える幅広いサービス展開 日本交通は、長年培われた経験とクオリティを生かした、新しいサービス展開も印象的です。日本交通はこれまでも業界最大手として様々な取り組みを行ってきました。タクシーレジスター(領収書発行機)も、業界で最初に導入したのが日本交通でした。最近では、妊婦さんが陣痛の際に深夜でも駆けつけて病院まで送る「陣痛タクシー」や、高齢者向けの「ケアタクシー」、主に子供を塾まで安全に送迎する「キッズタクシー」、そして地方や海外から東京を訪れる観光客向けに設置されている「観光タクシー」など、細かなニーズにも応えるサービス展開を行っています。その他にも大きめの車両の「ワゴンハイヤー・ワゴンタクシー」、空港の送迎などで使われる「定額タクシー」、高齢者の移動手段などに使われる「サポートタクシー」、飲食のテイクアウトや買い物の代行として使われる「タクシーデリバリー」があります。 日本交通の給与と賞与 基本給18万2000円 + 歩合給となっています。 二種免許取得の準備などで約1ヶ月は研修となりますが、この研修中にも日給1万円と交通費が支給されます。 なお、未経験1年目の平均給与として年収458万円となっています(2018年4月~2019年3月実績)。 日本交通の勤務 勤務は月間11~12回乗務で、1乗務は15.5~18時間です。 事前に決められたシフト制のため、プライベートの時間も調整しやすい魅力があります。 日本交通の待遇・福利厚生 日本交通は次のような福利厚生があります。 二種免許取得費用は全額日本負担 交通費支給(社内規定あり) 65歳選択定年制(定年後も定時制雇用として68才まで雇用可) 社会保険完備 年次有給、特別休暇制度有 保養所(伊東)等諸施設完備 財形、慶弔見舞い、無事故表彰他諸制度有 食堂、仮眠室、大浴場有 自社工場によるマイカー車検修理割引制度 制服貸与 全車AT車 日本交通の応募資格 応募資格としては下記の2つのみです。 年齢が21歳以上であること 普通一種免許取得後3年以上であること(AT限定も可) なお、ヘルパー2級資格を持っている方は優遇されます。 日本交通の先輩タクシー乗務員の声 タクシー運転手になるまでは、未経験入社ですぐに乗務できるのかと不安を覚えていました。当時生活にも余裕がなかったので給料面で不安だったのです。そんな中、研修中も日当と交通費が支給されると知り、迷わず応募していました。それに日本交通が未経験者の入社に慣れているためか、フローがマニュアル化されていて現場で実際に乗務を始めるまでに約1ヶ月。思ったよりも早かったのが印象的です。また、営業所に配属されて乗務を始めてからも先輩乗務員の方々がサポートしてくれ、アフターサポート体制がしっかりしている安心感がありました。先輩乗務員からは営業のコツやテクニックを教えてもらうこともでき、今では生活に余裕も出てきました。ドライバー経験がないからという理由でタクシー運転手になることを躊躇っている方もいるかと思います。当時の自分もそうでしたが、あの時一歩踏み出していたからこそ笑顔で毎日を過ごせています。 もし迷い・悩みがあるならドライバーズワークなどの転職エージェントに詳しく聞いてみるといいと思います。ぜひ一歩を踏み出してみてください。 30代 / 男性ドライバー ドライバーズワークから一言 創業90年以上の実績と揺るぎない信頼のある日本交通株式会社。日本交通グループの代表ともなっており、業界のリーディングカンパニーとしても名を馳せています。 入社された方に対しての研修・アフターフォロー体制が整っていることも強みの1つ。ドライバー経験のない方は未経験者採用の実績が多い日本交通グループを検討してみてはいかがでしょうか。

タクシーニュースの人気記事

話題のおつかいタクシー(お買い物代行タクシー)とは?

話題のおつかいタクシー(お買い物代行タクシー)とは?

いわゆる、おつかいタクシーが最近話題となっています。おつかいタクシーとは、タクシー会社の提供するサービスの1つで、スーパーへのお買い物などを代行してくれるサービスのことです。タクシーサービスには、病院送迎サービスやお子様の送迎サービスなど高齢者や体の不自由な方、子育てに追われている方をターゲットにしたものが多数あります。その1つに、おつかいタクシーがあります。 「おつかいタクシー」の概要とは 冒頭にもお伝えした通り、おつかいタクシーとは、お買い物を代行するタクシーサービスのことです。名称はタクシー会社によって異なり、おつかいタクシー以外にも、お買い物タクシー、思いやりタクシー、お買い物代行サービス、お買い物・お料理宅配代行サービスなどと名付けられています。買い物に行けない方、行きたくない方の代わりにスーパーで買い物をし、家まで届けてくれるタクシーサービスのことです。 また、おつかいの内容はスーパーなどでの買い物に限りません。薬局で薬の受け取ることも可能です。薬の受け取りを依頼するときには、あらかじめ本人以外が受け取れるかどうか、病院や薬局に確認してください。 どんな方が使う?利用者とは おつかいタクシーの利用者は多岐に渡ります。 高齢者 体が不自由で買い物に行くのが困難な方 体調不良の方 仕事や家事が忙しい方 家から出たくないとお考えの方 ここにご紹介した以外にも様々な利用者がいます。介護タクシー(介護保険タクシー)の場合には、要介護者しか使えませんが、このおつかいタクシーに関しては、どなたでもご利用いただけます。 関連記事 福祉タクシーとは?介護福祉タクシーとの違い ユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)とは?介護タクシーと何が違うの? どんなときに使う?利用するシチュエーションとは 体が不自由で買い物が困難なとき 体調が悪くて外に出られそうにないとき 天気が悪くて外に出たくないとき 仕事や家事が忙しくて買い物に使う時間を節約したいとき お米や飲み物など重いものを買うとき これはあくまで一例ですが、このようなシチュエーションでおつかいタクシーが使われています。特に体が不自由で買い物に行くことも困難な方にとっては非常に役立つサービスと言えるでしょう。 日本各地で広がるおつかいタクシー 現在、おつかいタクシーは日本全国のタクシー会社に広がっています。 青森県のポストタクシー 福島県のいわきタクシーグループ 茨城県のさわやか交通 東京都・神奈川県・埼玉県の三和交通 東京都の東京交通 神奈川県のKGグループ 奈良県の奈良近鉄タクシー 兵庫県の山陽タクシー 広島県のなべタクシー 例として上記のタクシー会社を挙げましたが、この他にもお買い物代行サービス・お買い物付き添いサービスを提供しているタクシー会社も少なくありません。買い物代行タクシーサービスは、買い物に困っている方の日々の生活をサポートします。こうしたサービスが全国各地に広がることで、より住みやすい環境になっていくでしょう。 女性のタクシー運転手が買い物をしてくれる会社もある 買い物に慣れていない方の場合、同じ物でも商品を選ぶ際のポイントが分からず時間がかかってしまいます。利用者の中には、女性のほうが手馴れていて、かつ商品選びのコツを知っているのではないかと考えて女性のタクシー運転手を求める方もいます。そうした背景があり、おつかいタクシーは女性のタクシー運転手が担当しているタクシー会社もあります。例えば、青森県のポストタクシーがそうです。 もちろん女性でなくても、買い物に慣れているタクシー運転手も少なくないですし、おつかいタクシーの経験を積むことによって買い物に慣れる方もいます。ですから一概に女性のタクシー運転手が良いと言えるものではありません。どうしてもと言うのであれば、おつかいタクシーの依頼をする際に女性タクシー運転手をお願いできるか聞いてみましょう。 利用の流れとは 電話でおつかいの内容を伝えて依頼する タクシー運転手が買い物をする(薬を受け取る) タクシー運転手がご希望の場所までお届けする かかった費用を清算して商品を受け取る 電話1本で買い物をお願いできる魅力があります。 利用料金はどのくらい? 利用料金の制度はタクシー会社によって異なりますが、大まかに次の3つの料金がかかります。 お店から指定場所までの片道のタクシー運賃 お買い物費用 サービス料金 1つ目のタクシー運賃に関しては、通常の運賃より少し割り増しの料金になっていることが多いです。30分当たりの料金は約3,000円となっています。3つ目のサービス料金に関しては500円ほどです。 繰り返しますが、おつかいタクシーの料金は、タクシー会社によって異なります。タクシー運賃も通常と同じ金額としているところもありますし、サービス料金を取らないタクシー会社もあります。 以上、おつかいタクシー(お買い物代行タクシー)についてご紹介しました。利用条件もなく、どなたでもご利用いただけます。買い物に行けないとき、行きたくない方は、お近くのタクシー会社のおつかいタクシーサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

タクシーの事前確定運賃とは?利用者と運転手のメリット・デメリット

タクシーの事前確定運賃とは?利用者と運転手のメリット・デメリット

タクシーの事前確定運賃が利用できるサービスが導入されました。この事前確定運賃という仕組みは、タクシー利用者にとって、そしてタクシー運転手にとってどのような影響があるのでしょうか。 関連記事 タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について 関連記事 羽田空港の国内線に定額タクシー乗り場を設置 事前確定運賃とは? 事前確定運賃とは、通常タクシーを降車する際に料金が確定するのに対し、乗車前に確定させる料金のことを指します。これは事前確定運賃に対応しているスマートフォンのタクシー配車アプリを活用して、乗車地点と降車地点を事前に入力すると、ルートや運賃が提示されます。その中からルートを確定させることで事前に運賃を確定させることができるものです。乗車前に運賃を確定するためには、アプリ内の自動計算の機能を利用します。スマートフォンの配車アプリを利用して乗車位置と降車位置を指定することで、運賃を確定させます。確定された運賃を画面に表示することで、ユーザーはタクシーの運賃を乗車前に知ることができます。 事前確定運賃でタクシーに乗車する方法 スマートフォン等でタクシー配車アプリを起動する 乗車希望地点と降車希望地点を入力する 決済方法としてキャッシュレス決済を指定する 注意事項を確認して問題がなければ「同意」する 複数のルートから経路を選択する 入力事項に問題がなければ「確定」して配車依頼をする タクシーの運賃計算の仕組み タクシーの運賃は、走行距離や時間によって決まります。そのため、移動距離だけではなく、渋滞などに巻き込まれた場合の時間も運賃に含まれていきます。今回の事前に運賃が確定するサービスを導入するにあたって、距離だけでの計算だけではなく、交通事情などもあらかじめ踏まえて補正を行うことで、事前の料金を実際の料金に近づけて表示させることができるようになりました。2017年に行った実証実験の結果では、事前の確定運賃と実際の運賃の間で0.6%の誤差が出た程度ですんだという結果が出ております。今回の事前運賃確定サービスでは、渋滞に巻き込まれたとしても、運賃は変わらずメーターを気にしなくてもよくなります。今回のサービス導入については、タクシー会社があらかじめ国土交通省に届出を出す必要があります。 事前確定運賃の乗客側のメリット タクシーはとても便利な移動手段ですが、その料金が乗車前に予測しにくい場合もあり「いくらかかるのか不安」「メーターが上がる前に降りたい」「遠回りされて料金が高くなっていないか」など料金に関する不安や不満を抱えているユーザーも多いです。事前確定運賃はその名のとおり乗車前に運賃がわかるためそのような不安や不満が解消されタクシーの利便性を高めることができると考えられます。また、事前確定運賃の場合には、渋滞に合った場合も、赤信号に何度も当たって時間がかかった場合も事前に決まった運賃から変更はありません。ただし、利用にあたり配車料金が別途発生します。東京都のタクシー会社の場合ですと電話や配車アプリ経由にかかわらず配車料として300~400円程度の料金が発生します。 事前確定運賃のタクシードライバー側のメリット まず一番に期待されるのはタクシー利用者の増加だといえます。今までは支払う料金がいくらになるか分からず、タクシーの利用を避けて電車やバスを利用してきたユーザー層の一部が新たにタクシーを利用しはじめる可能性があり新たな顧客の獲得につながります。また、東京都内の場合、タクシーの乗客を獲得する方法の多くは「流し営業」と呼ばれるタクシードライバーが運転しながら目視で乗客を探すというもので、流し営業には長年の経験やスキルなどが必要となるため、稼げるタクシードライバーとそうでないタクシードライバーには差が出てしまうというのが大きな課題でした。しかし、今後タクシー配車アプリが普及することで、タクシー運転手は「流し営業」をする必要性が今よりも減少し、経験が浅くても安定した売上を稼ぐことができるようになることが想定されます。そして最後に、事前確定運賃の場合には、迎車料金が含まれています。お客様の乗車希望地点に向かうまでの料金も得られるということです。そのため、流し営業でお客様を獲得するよりも効率良く、稼げるようになるのではないでしょうか。 関連記事 タクシーの流しとは?コツを掴んで給料UPへ【流しのコツ10選】 関連記事 タクシー運転手は稼げるの?高収入を得るコツとは?【徹底紹介】 いかがでしたか? タクシーの事前確定運賃についてご紹介しました。選択肢が広がるという意味でタクシーの乗客にとっても、引いてはタクシードライバーにとってもメリットのある仕組みといえます。こうした便利なサービスが広がることでタクシー利用者も増えていくことが期待されます。タクシードライバーになりたいと考えている方は、事前確定運賃があること、アプリ配車の仕組みについては事前に良く確認しておくと良いでしょう。なお、タクシードライバーは40代や50代以上の方も活躍できる職種です。転職の際はぜひタクシー業界も選択肢の一つとして視野に入れられることをおすすめします。 新着タクシー求人を見る

コロナ禍におけるタクシー業界の運転手の現状と対策とは?

コロナ禍におけるタクシー業界の運転手の現状と対策とは?

新型コロナウイルスでは、仕事にも私生活にも様々な影響がありました。タクシー業界も例外ではなく、コロナ以前とは状況がまったく異なっています。そこで、今回はタクシー業界の現状を確認し、タクシー運転手が行っているコロナウイルスへの対策について見ていきましょう。 タクシー業界の現状は? 新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界に大きな影響を与えました。国内でも緊急事態宣言がなされ、国全体で外出自粛を推し進めてきました。コロナウイルスの蔓延が世間的に言われてきてから緊急事態宣言を受けたタイミングでは、普段なら賑わう週末の大都市、渋谷や新宿からも人影がなくなりました。タクシー運転手からすると、「お客様どころか人がいない」という状況です。そのため、流し(街中を走りながらお客様を探すこと)をしてもお客様が見つからないことしばしばです。 この度緊急事態宣言が解除され、オフィスへの勤務が始まるなど、外出する方が徐々に増え始めています。これまでの人の量に比べれば、その数はまだ多くはありませんが、今後飲食店が夜間の営業を再開したときには以前と同じような活気が戻ってくるでしょう。 また、タクシー事業者には特例として有償貨物運送の業務をすることが認められています。タクシーはお客様の目的地までの移動をサポートする旅客として事業を行っており、有償貨物運送の業務は行えません。有償貨物運送は、簡単に言うとデリバリーサービスのようなものです。つまり、この特例によって、お店が提供する料理を、お客様の自宅まで運ぶサービスを提供できるということです。コロナの感染リスクを防ぐために外出したくないお客様と、店舗での営業はできないが購入してもらえないと経営が成り立たない飲食店をつなぐ、サービスを展開しています。 この他、お客様の代わりに買い物を行う「おつかいタクシー(お買い物代行タクシー)」というサービスも提供しています。 関連記事 話題のおつかいタクシー(お買い物代行タクシー)とは? 関連記事 タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について タクシー業界の対応は? コロナウイルスの拡大を防ぐため、タクシー業界でも様々な取り組みが行われています。タクシー運転手自身がコロナに感染しないように注意するとともに、お客様間で感染させないように対応しています。 厚生労働省の呼び掛けている「密閉空間・密集場所・密接場面」、いわゆる「3つの蜜」を避けることはもちろん、タクシー運転手がマスクをする・私語を慎む・車内の消毒をするなどしています。どんなときにどんなことを行っているのか、具体的にタクシー運転手の仕事に沿って見ていきましょう。 通勤時 タクシー運転手という職業から考えると、電車に乗るイメージが湧かないかもしれませんが、事務所までの通勤に電車を利用する方もいます。そこで、通勤時の混雑した状況下での乗車を避けるために、変形労働時間制や週休3日制などを導入しています。 また、発熱やせきなどでコロナの症状が疑われる方や、感染者と濃厚接触が疑われる方には自宅待機が命じられています。 乗務開始前 出勤してから乗務開始前までの間には、検温を行っています。朝と夕方で1日に2回検温します。検温時に発熱がある場合には乗務ができません。また、普段乗務の前にはアルコールが入っていないか確かめるためにアルコール検知器を使うのですが、この検知器に関してもこまめに除菌したり、検知器の数を増やしたりして、タクシー運転手間での感染リスクを避ける対策をしています。 乗務中 タクシー運転手はお客様を乗せるときにも、マスクを着用し、私語はなるべく慎むようにしています。そして、お客様には基本的に後部座席を利用してもらい、助手席には乗らないように呼び掛けています。 お客様が降車した後は、窓やドアを開けてよく換気し、次亜塩素酸ナトリウム溶液やエタノールなどを使って車内を消毒します。 タクシー会社によってはコロナ対策として、タクシーの運転席と後部座席の間に、透明のビニールカーテンやアクリル板などで仕切りを作っています。仕切りとなっている場所の後部座席側、それから手すりやタブレットなど、お客様がよく触る場所を中心に拭きあげていきます。消毒したりゴミを拾ったりと、車内を掃除する際にはマスクや手袋を着用して行い、作業後には手洗いを徹底しています。 乗務終了後 タクシー会社では「1車2人制」や「2車3人制」などと呼ばれるように1台のタクシーを複数人で使いながら営業を行いますので、自分が乗務を終えた後には、次のタクシー運転手が乗務することになります。そうしたこともあり、乗務終了後には、お客様を降車させた後と同じように、換気・消毒を行います。 関連記事 タクシードライバーの点呼から終業までの1日の流れ 関連記事 「1車2人制」や「2車3人制」とは?1台のタクシーを2人の乗務員で使う具体例を詳しく解説! コロナ禍におけるタクシーの役割とは? 通勤・通学の手段には様々ありますが、その中でも公共交通機関を利用する方も少なくないでしょう。コロナウイルスでの騒動が落ち着き、コロナ以前と同様に経済活動が始まると、電車やバスなどの公共交通機関には人が多くなり、満員電車になることも想定されます。もし本当にコロナの前と同様に満員電車となってしまった場合には、感染リスクが高まるでしょう。 そこで、タクシーが役立ちます。先にもお伝えしたように、タクシー業界でも様々なコロナ対策を行っております。どちらにリスクがあるかは人によって感じ方が異なりますが、満員電車に乗るのはリスクが高いと言えるでしょう。通勤・帰宅の手段として満員になりやすい電車やバスなどの公共交通機関の利用を避け、タクシーを利用する手段も検討してみる必要がありそうです。 今回はコロナ禍におけるタクシー業界の現状と対策についてお伝えしました。タクシー業界でもマスクの着用や、車内の消毒など、コロナに対しての取り組みを行っております。新型コロナウイルスによって退職を余儀なくされ、仕事に迷っている方もいるでしょう。もしそうでしたら、タクシー運転手として働くこと検討してみてはいかがでしょうか。 タクシー運転手は40代、50代以上などの中高年の方でも未経験から活躍できるチャンスがありますので、ご転職をお考えの際はぜひタクシー業界も検討してみてください。これからタクシーの仕事をお探しならドライバーズワークでタクシー運転手の求人を検索していきましょう。タクシー業界に精通したキャリアアドバイザーが相談に乗ることも可能!お悩みの方はぜひ活用してみてください。 新着タクシー求人を見る

タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について

タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について

Uberなどの新しい配車サービスが海外からやってくる中、日本のタクシー業界でも、利用する人に向けて便利なアプリをリリースしました。 それは、JapanTaxiというアプリです。JapanTaxiではスマートフォンのGPS情報を使用し、お客様がいつでもどこでもタクシーを利用できるように作られたアプリです。 お客様はどこにタクシーを呼んでほしいか、どこまで行きたいかをアプリ上で設定することができます。目的地へのルートもアプリ上で表示されるので、安心してタクシーを利用することができるようになります。 スマートフォンが持つGPS機能を有効的に利用し、本来タクシーが持っている移動手段に対しての利便性と掛け合わせ、新たな配車サービスとして今注目を集めています。 アプリを介してお客様がいる場所に向かうことができる このアプリの最大の特徴はGPSを利用したタクシー配車ができるという点です。ユーザーはスマートフォン端末のGPS機能を使うことで、現在地を知ることができます。 表示された位置に対して、「ここで乗る」ボタンを押すことでその場所にタクシーを呼び出します。ドライバーは「乗務員アプリ」を利用してJapanTaxiでお客様がタクシーを求めている場所を把握することができ、アプリからの指示に対して「了解する」ことで、その場にお客様を向かえに行くことができます。 ※アプリで呼ばれた場所に向かっている途中に、目の前でお客様が手を挙げてタクシーを止めようとした場合は、手を挙げられたお客様を優先して対応します。 ※アプリで呼ばれた場所に向かっている途中、会社からの無線を切る前に無線配車の指示が出た場合は、会社からの配車指示に従って対応いたします。 また、お客様の方では予約日時の設定もできますので、いつの何時にどの場所に向かえばいいかも指定できます。この場合は、通常の送迎予約と同じように、配車位置まで向かうことができます。 アプリ上で目的地指定、走行距離と目安料金も表示され支払いが便利に お客様は目的地の指定もアプリ上で行うことができます。配車を頼んだ後で、続けて目的地の指定を行うとそこまでの最短ルートが表示される設定になっています。運転手側もそのルートに従って運転することができるので、迷わずスムーズにお客様を目的地まで送り届けることができます。 ※配車ルートは表示されますが、お客様から別のルートを指示された場合は、お客様の指示に従ってルート設定をしてください。 さらに、アプリ上では走行距離による料金が自動的に計算されます。この料金は交通規制や渋滞などを推し量ることはできないので、時間で加算される料金の算出ができません。こちらの料金については、あくまで目安としての料金計算であることを乗車時に伝えることで、支払い時のトラブルを回避することができます。 関連記事 タクシーにわざと遠回りされた・・・? 関連記事 タクシーで起きるトラブルとは?また対処方法は? クレジットカード決済に対応 お客様はアプリ上でクレジットカードなどの支払い方法を事前に登録しておくと、オンライン決済でタクシーを利用することができます。 クレジットの利用可否はタクシー会社によって異なりますが、昨今のタクシーではクレジットカード決済はもちろんのこと、SuicaやQUICPay、LINE Pay(注)などのサービスにも対応している車が増えてきているので、各種端末の利用方法は覚えておくとよいでしょう。決済の種類を多く揃えていることで、お客様側からも利用しやすいサービスとしてタクシーを提供することができます。 (注) 2018年12月10日開始:【LINE Pay】「JapanTaxi」と提携 領収書の発行も可能 お客様側ではJapanTaxiのアカウントを事前登録しておくことで、領収書の発行もアプリ内で可能になっています。従来であれば、降車時にお客様から領収書を求められることが多かったかと思いますが、お客様がネット決済を行なった際の領収書はWebから発行することができるようになったので、その場で発行する手間が省かれます。 今までは、お客様を乗せるために大通りを流したりや駅前などで客待ちをしたりしていたタクシーですが、これからは配車を求めているお客様から呼び出していただけるサービスとしての利用も増えてくることでしょう。 タクシー業界もスマートフォンやアプリを利用して、イノベーションを起こしています。 関連記事 スマホのタクシー配車アプリの知られざる真実 関連記事 中国発のAIを活用したタクシー配車アプリ「DiDi」 関連記事 タクシーの事前確定運賃とは?利用者と運転手のメリット・デメリット 新着タクシー求人を見る

陣痛・妊婦 タクシーについて

陣痛・妊婦 タクシーについて

マタニティタクシー(陣痛タクシー)とは、妊娠中の女性に向けたタクシーサービスで、自宅住所やかかりつけの病院を事前登録しておくだけで、陣痛が始まった際に速やかに病院までのタクシー送迎が受けられるものです。 陣痛時の移動手段となるマタニティタクシー 陣痛がいつ始まるか事前に予測することはできません。旦那さんや家族が近くにいない時に始まる可能性もあります。自分自身で車を運転できるのであれば、自力で病院へ行くのも一つの手段ですが、そこまでの余裕がないこともあります。人命に関わる状況でない限り、救急車の利用も推奨されていません。このような場合に、マタニティタクシーが有効な手段の一つとなるのです。 マタニティタクシーの利用方法 マタニティタクシーを利用する際は、事前に名前や自宅の住所、かかりつけの病院、出産予定時期などを登録しておくことが必要です。これにより、突然陣痛が始まった場合でも、電話をかけるだけでタクシーを呼び出すことができ、病院までの道案内をする必要もありません。陣痛の他、定期検診や買い物などでも利用できることもあります。利用登録は無料で、利用料金は通常のタクシー料金と変わらないのが一般的です。ほとんどのタクシー会社では365日24時間対応しているので、妊婦さんにとってはとても心強いサービスと言えるでしょう。 妊婦さんには嬉しいきめ細やかなサービス マタニティタクシーの基本的なサービス内容は、各社で大きな違いはありませんが、より妊婦さんに寄り添ったサービスを展開しているタクシー会社もあります。例えば、マタニティタクシーのドライバーに対して、妊婦さんのサポート方法や緊急時の対応に関する講習を導入しているタクシー会社もあります。また、陣痛と同様に、破水もいつ起こるか分かりません。そうした場合に備えて、バスタオルや防水シートを用意してくれるタクシー会社もあります。加えて、陣痛時に利用した際は、病院に到着後タクシー料金を支払う余裕がない可能性があります。そのような場合に、料金を後払いにできることもあるのです。細かいサービス内容は各社異なりますので、事前に調べておくと良いでしょう。

子育てタクシーについて

子育てタクシーについて

子育てタクシーとは、一般社団法人全国子育てタクシー協会が主催する、子供やその保護者に向けたタクシーサービスです。協会が指定する養成講座と保育実習を修了したドライバーが運転を行い、子供を連れての外出や、子供の緊急時の送迎に利用することができます。全国のタクシー会社で導入が進んでおり、自治体による後押しも広がっています。 子育てタクシーの利用方法 子育てタクシーの利用には、事前登録や事前予約が必要です。自宅住所や連絡先、子供の名前、送迎する施設名などを伝えておきます。子育てタクシーの利用料金は、基本的に通常のタクシー料金と変わりません。年齢に応じてチャイルドシートの利用も可能です。 子育てタクシーのコースは4種類 子育てタクシーのサービスには、「かんがるーコース」「ひよこコース」「こうのとりコース」「ふくろうコース」の4種類があります。 ■かんがるーコース かんがるーコースは、乳幼児と保護者が一緒に利用できるサービスです。ベビーカーや荷物の積み降ろしなどをサポートしてくれます。また乗客の要望に応じて、自宅の玄関先まで荷物を運ぶこともあります。 ■ひよこコース 子供一人でのタクシー利用を手助けするのがひよこコースです。通園や通学、塾への送迎などに最適なサービスとなっています。ひよこコースを利用するには、事前登録以外に、送迎先との打ち合わせを行う必要があります。また利用するタクシー会社によっては、年齢制限を設けている場合もありますので、確認しておきましょう。 ■こうのとりコース 「マタニティタクシー」や「陣痛タクシー」とも呼ばれるサービスです。急な陣痛が起こった際、病院までの移動手段として利用することができます。 ■ふくろうコース 夜間に子供が発熱・ケガをした際など、夜間の急なトラブルに対応してくれるのがふくろうコースです。最寄りの夜間救急病院に送迎し、当番医まで案内をしてくれます。 関連記事 陣痛・妊婦 タクシーについて 関連記事 乗り合いタクシーとは?相乗りとの違いは? 関連記事 観光案内・観光タクシー運転手の仕事内容とは? 関連記事 介護タクシー運転手の仕事内容とは

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0