面接時のポイント

タクシー会社の面接とは一体どのようなものなのでしょうか?
一般企業の採用面接とタクシー会社の面接との違いとは?タクシー会社特有の面接内容とは?実際の面接で聞かれる内容や、タクシー会社の面接官がチェックしているポイントなど、 実際に数多くタクシー会社の面接に立ち会っているキャリアアドバイザーがその裏側をお伝えします!

タクシー会社における面接の注意点とは

まずは、タクシー会社の面接に臨む際の注意点をお伝えします。タクシー会社であっても、基本的な注意点は一般企業と大きく変わりません。当たり前のことをしっかりとポイントとして押さえておくことで面接官に悪い印象を与えることが無いようにしましょう!

タクシー会社の面接時の服装

タクシー会社の面接には、やはりスーツで行くのが一般的です。タクシー乗務員は接客業です。店舗などでのサービス業同様にお客様から見られる場面が多いため、面接官もあなたの『身だしなみ』は厳しくチェックします。スーツを着用する場合は以下の点に注意しましょう。

タクシー会社によっては、スーツを着用せずに面接に来た場合に無条件で不合格にしてしまうという場合もありますので、最低限、面接に臨む姿勢として、スーツ着用は必須とお考えください。

面接時の服装と身だしなみの注意点
  • 服装はスーツが必須。色は黒、グレー、紺など暗めの色を選ぶ。
  • 靴はちゃんと磨かれていて、泥やホコリが無い状態に。ズボンはアイロンでしっかりと折り目がついているものを着用する。
  • 男性の場合、髪型は短く整えられている状態を心掛ける。また髭はきれいに剃る。

履歴書記入での注意点

履歴書は、タクシー会社の面接官があなたの経歴を確認するためだけのものではなく、あなたのタクシー会社への熱意を伝える場でもありますので、項目をしっかり埋めて、丁寧に記入するようにしましょう。

特に、今までの職務経歴と志望動機は面接官が必ずチェックするポイントですので、注意してください。

例え今までの経歴に就業期間が短い職場があったとしても、全てしっかりと記載してください。ここで記入が漏れていて、面接後の前歴確認で履歴書との相違が発覚した場合は、好印象だった面接の結果が不採用に切り替わってしまうこともあります。

履歴書記入時の注意点
  • 写真はスーツ姿で取られていて、履歴書にまっすぐに貼付されているか。
  • 職務経歴は、漏れなく全て正確に記載されているか。
  • 志望動機の欄は空白ではなく、記入欄に余白がない程度しっかりと記載されているか。

面接時のマナーと注意点

身だしなみと履歴書の準備がしっかり出来たらいよいよ実際の面接です。面接はどうしても緊張してしまいますが、最低限のマナーはしっかりと押さえておきましょう。

以下の注意点は、遅刻をしない、挨拶を必ずするなど社会人として当たり前のことばかりですが、 面接時には緊張してしまい、普段できると思っていることも忘れてしまうことがあります。

自分がちゃんと面接対応できるか不安がある方は、遠慮なく弊社キャリアアドバイザーにご連絡ください。 面接の前に、レクチャーを致しますのでご安心くださいね。

面接時のマナーと注意点
  • 面接をしてもらうタクシー会社には10分前には到着する。遅刻は厳禁。
  • 面接の部屋に入室する際は、ドアを必ず3回ノックし、「失礼します。」と言い入室する。
  • 入室したら、元気に、「◎◎◎◎と申します。本日はよろしくお願いいたします。」と挨拶をする。
  • 席に通されたら、面接官が「どうぞ、お座りください。」というまでは着席はしない。
  • 質問をされたら、はっきりとした口調で返答をする。

タクシー会社の面接の対策

ここからはより具体的に、タクシー会社の面接での聞かれることや、タクシー会社の面接官が見ているポイントなどをご説明します。

今までは一般的な面接時の注意点やマナーでしたが、以下のものはタクシー会社特有のものもありますので、初めてタクシー会社の面接を受ける方は、ぜひご確認の上で臨んでください!

《タクシー会社の面接でよく聞かれる質問》
  • 過去に運転をしていて、事故歴は違反歴はないか。
    →タクシーはお客様の命を預かるお仕事ですので、面接官としては「この人は安全な運転ができるか。」というポイントを 注意深くみています。また、もし違反歴・事故歴があり、免許の違反点数が蓄積している場合は、免停になってしまうリスクが あるため、マイナス要素となってしまうことがあります。免停になってしまうと、その期間は業務をできなくなってしまうため、 そのリスクを重要視されます。

  • 過去の職歴の転職理由などういったものか。
    →これは、一般企業の面接でも必ず聞かれることですが、タクシー会社の面接でも漏れなく質問されます。
    もちろん全て正直に伝えることが大前提ですが、ネガティブな理由を強調してしまうと悪い印象を面接官に与えてしまう場合もありますので、       少しでも前向きな理由で回答できるように準備しましょう。どのように伝えたらよいのか悩む場合は、弊社キャリアアドバイザーまでお気軽にご連絡ください。

  • 今までの大きな病気をしたり、今飲んでいる薬はないか。体調に不安はないか。
    →タクシー会社では、面接実施の後に、必ず健康診断があります。健康診断で乗車に問題が無いことが確認できた後に内定という流れになるのですが、面接時にも口頭や、アンケートなどで健康状態を チェックされる場合もあります。
    タクシーはお客様の命を預かる業務なので、万が一でも、急な体調不良などで事故を起こしてしまってはいけません。そのリスクを把握するために健康状態に関しては、 特に厳しくチェックされます。心臓病、心筋梗塞、脳梗塞の経験や、糖尿病を患っているなどの場合には、残念ながら内定が出ない場合もあります。
    しかしながら、既往歴があっても、完治している場合は内定となる場合も数多くありますので、適切に状況を相談するようにしましょう。

コンテンツバナー01

まずは相談してみよう!

ドライバー求人専任コンサルタント

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

人気のエリアで求人を探してみよう!

気になることを調べてみよう!

「ドライバーズワーク」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク」は、タクシーに特化した専門の求人・転職サイトです。タクシードライバーや運転手について、現任者の方向けはもちろん、業界未経験の方向けの求人も多数取り扱っています。さらに、タクシードライバーにとって役立つコラムや業界ガイドなどもございます。気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりといった機能的なサービスも提供しています。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。