後部座席のシートベルトについて

後部座席のシートベルトについて

タクシーであっても、自家用車であっても、乗用車はすべての座席でシートベルトの着用が義務付けられています。タクシーで後部座席に座った際は、ドライバーの指示に従って、必ずシートベルトを着用してください。

タクシーの後部座席でもシートベルトは着用

2008年に行われた道路交通法の改正により、後部座席のシートベルト着用が義務化されました。タクシーにおいても、シートベルトの着用をドライバーが直接促すほか、乗車の際に自動音声でアナウンスをしたり、車内にシートベルト着用を促すステッカーを貼ったりするなどの工夫がなされています。

後部座席でシートベルト未着用だった場合の罰則

タクシーの後部座席に乗車し、シートベルトを装着しなかった場合、乗客側に罰則が科せられることはありません。しかし、後部座席の乗客がシートベルトを着用しないまま、高速道路を走行した場合、ドライバー側に違反点数1点が付されます。ちなみに、タクシーの助手席に座ってシートベルトをしなかった場合は、一般道・高速道路に関わらず、ドライバーに違反点数1点が付されます。タクシードライバーの昇進や個人タクシーの開業などには、無事故・無違反が条件となるケースも少なくありません。違反点数が付いてしまうと、仕事への影響は少なからず生じます。

シートベルトの未着用は乗客側も大きなリスク

タクシーの後部座席でシートベルトを着用しなかった場合でも、乗客側に罰則が科されることはありませんが、事故の際には非常に危険です。シートベルトを着用しない状態で、万が一交通事故に遭ってしまうと、怪我や車外放出、同乗者への加害、死亡などのリスクが高まります。また、このような被害を受けた場合でも、シートベルトを着用しなかった乗客側の過失と見なされ、十分な損害賠償を受けられなくなる可能性もあります。シートベルトは、安全のために着けるものです。罰則の有無に関わらず、必ず着用しましょう。

よく読まれている記事

コンテンツバナー01