国土交通省がタクシー事業効率化ワーキンググループを設置

国土交通省がタクシー事業効率化ワーキンググループを設置

国土交通省は3月20日、タクシー事業を効率化するためのワーキンググループを設置することを発表しました。

 タクシー事業は、そのほとんどを中小企業占めており、事業の費用構成は、約70%を人件費で締めているという状況です。
そのため、燃料費や車両修繕費などの諸経費の効率化を図らなければ、今後の事業経営が困難になるという状況に陥っているのです。

 このため、これら問題の解決に向け、現状の課題点の抽出や、運賃制度のあり方の検討を行うなど、事業経営の充実・改善を図ることを目的に、事業経営ワーキンググループを設置し、会合を開くことを発表しました。

よく読まれている記事

コンテンツバナー01