コンテンツバナー0

タクシードライバーになるには?

営業職からタクシードライバーへの転職を考えているのですが、タクシードライバーにはどうやったらなれますか?何か特殊な資格やスキルは必要でしょうか?

タクシードライバーの必要資格

タクシードライバーになるためには、いわゆる二種免許(普通自動車第二種運転免許)が必要です。乗客を乗せて運転する専用の免許です。また、二種免許の受験資格に、普通免許(普通自動車第一種運転免許)を取得して3年以上経過していることが条件です。つまり18歳で普通免許を取得した場合、二種免許を取得できるのは21歳からです。また、視力に問題が無い必要があります。視力については採用選考時に健康診断があるためその時に確認できます。

詳しい二種免許の取得条件は以下もご参考ください。
タクシードライバーになるにはどんな資格が必要?

二種免許の取得方法

基本的な流れは、普通免許を取得する時と同様で、自動車教習所で教習を受けて免許試験を受験し合格すれば取得できるという流れです。教習期間は、現在お持ちの免許によってさまざまですが最短7日程度で教習は完了できます。近隣の自動車教習所に通って取得することも可能ですがその場合はご自身のペースで取得することになります。多くのタクシー会社で二種免許取得支援を行っており、そこで取得される場合は合宿で教習を受けるケースがほとんどです。二種免許の教習内容は、普通免許取得時に受けた内容よりも、乗客にやさしいカーブの曲がり方、応急救護処置、介護実習など、乗客を前提とした対応に関する内容が多くなります。また、タクシードライバーは地理にも明るい必要があります。たとえば東京都だと23区内、武蔵野市、三鷹市を営業エリアとするタクシー会社で仕事をする場合、地理試験に合格する必要があります。地理試験に合格していないとタクシードライバーとして乗務開始できません。地理試験が必要なエリアは限られていますが、地理試験が必要なエリアであっても各タクシー会社が対策のための研修を用意していますので、ご安心ください。

地理試験については以下もご参考ください。
タクシーの地理試験とは

無料会員登録

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0