コンテンツバナー0

新卒でタクシー業界に就職することってどうですか?

来年の3月に大学を卒業する者ですが、新卒でタクシー業界に就職することってどうなのでしょうか?稼ぐことはできますか?若い人には向いていない業界でしょうか?

無料会員登録

タクシードライバーになるには

まず、タクシードライバーになるためには、二種免許の取得が必要です。さらに二種免許を取得できるための条件として、普通免許(普通自動車第一種運転免許)を取得後3年経過している必要があります。普通免許は最短で満18歳以上で取得することができますので、二種免許は最短でも満21歳以上で取得可能ということになります。タクシードライバーになるにあたっては以下の記事もぜひご参考ください。

タクシー運転手(タクシードライバー)は実は隠れた良い仕事
タクシードライバーになるにはどんな資格が必要?

無料会員登録

若い人には向いていない業界?

・高齢者が多いイメージがあるが、高齢者に向いていて若い方に向いていない訳ではない
・各社新卒はじめ若い人材を積極募集している
・歩合制なので、いきなり結構稼げるチャンスもある
・英語が求められる

タクシードライバーは65歳や70歳を超えても勤続されていらっしゃる方も居るので、高齢の方が多い印象を受けるかも知れませんが、だからといって若い方に向いていないという訳ではありません。このイメージになっているのは、タクシードライバーが高齢になっても続けていきやすい仕事であるということと、若い方にタクシー業界のことがあまり知られていないことの2点が背景があると考えています。全国でのタクシードライバー平均年齢は57.6歳と他業種よりも高い水準で、毎年定年退職や高齢による離職が後を立たない状況があります。これがさらに進むとタクシードライバー自体の数が減少するため、大手の企業はじめ各社は新卒採用や若手の中途採用を積極的に行っています。

タクシードライバーの給料体系はいわゆる歩合制であり、個人の売上が大きいほど、収入も大きくなります。トップドライバーの場合年収800万円、1000万円を超えるような方もいます。頑張るほど稼げるという観点では、若い人でもチャンスがあることがわかりますよね。なお、東京都のタクシードライバーの平均年収は400万円を超えており、この年収水準を早期から叶えることができることも魅力の一つです。

また、今後の日本では外国人観光客が増えていくことも期待されており、英語を身につけられると、さらにタクシードライバーとして活躍できるチャンスが広がると考えられます。英語を勉強して身につけることは、年齢を重ねてからだと難しい場合も多いです。そういった意味では若い方に大きなチャンスがあるともいえます。

タクシー業界は、新卒や若手人材が非常に求められている業界です。上記のようなメリットを参考にぜひ検討してみると良いかと思います!

無料会員登録

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0