コンテンツバナー0

新卒でタクシー業界に就職してタクシー運転手になることってどうですか?

新卒でタクシー業界に就職してタクシー運転手になることってどうですか?
来年の3月に大学を卒業する者ですが、新卒でタクシー業界に就職することってどうなのでしょうか?稼ぐことはできますか?若い人には向いていない業界でしょうか?

無料会員登録

タクシードライバーになるには

まず、タクシードライバーになるためには、二種免許の取得が必要です。さらに二種免許を取得できるための条件として、普通免許(普通自動車第一種運転免許)を取得後3年経過している必要があります。普通免許は最短で満18歳以上で取得することができますので、二種免許は最短でも満21歳以上で取得可能ということになります。タクシードライバーになるにあたっては以下の記事もぜひご参考ください。

関連記事 タクシー運転手(タクシードライバー)になるには?年収、待遇など実は隠れた良い仕事!
関連記事 タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは

新着タクシー求人を見る

若い人には向いていない業界?

・高齢者が多いイメージがあるが、高齢者に向いていて若い方に向いていない訳ではない
・各社新卒はじめ若い人材を積極募集している
・歩合制なので、いきなり結構稼げるチャンスもある
・英語が求められる

タクシードライバーは65歳や70歳を超えても勤続されていらっしゃる方も居るので、高齢の方が多い印象を受けるかも知れませんが、だからといって若い方に向いていないという訳ではありません。このイメージになっているのは、タクシードライバーが高齢になっても続けていきやすい仕事であるということと、若い方にタクシー業界のことがあまり知られていないことの2点が背景があると考えています。全国でのタクシードライバー平均年齢は57.6歳と他業種よりも高い水準で、毎年定年退職や高齢による離職が後を立たない状況があります。これがさらに進むとタクシードライバー自体の数が減少するため、大手の企業はじめ各社は新卒採用や若手の中途採用を積極的に行っています。

タクシードライバーの給料体系はいわゆる歩合制であり、個人の売上が大きいほど、収入も大きくなります。トップドライバーの場合年収800万円、1000万円を超えるような方もいます。頑張るほど稼げるという観点では、若い人でもチャンスがあることがわかりますよね。なお、東京都のタクシードライバーの平均年収は400万円を超えており、この年収水準を早期から叶えることができることも魅力の一つです。

また、今後の日本では外国人観光客が増えていくことも期待されており、英語を身につけられると、さらにタクシードライバーとして活躍できるチャンスが広がると考えられます。英語を勉強して身につけることは、年齢を重ねてからだと難しい場合も多いです。そういった意味では若い方に大きなチャンスがあるともいえます。

タクシー業界は、新卒や若手人材が非常に求められている業界です。上記のようなメリットを参考にぜひ検討してみると良いかと思います!

関連記事 タクシードライバーの平均年齢!高齢化と勤続年数についてのレポート
関連記事 未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる?

新着タクシー求人を見る

若手活躍の求人

若手活躍の
求人一覧はこちら

タクシードライバーへの転職で失敗しないために

タクシー業界やタクシードライバー(運転手・乗務員)に関してさらに気になる点がありましたら、ぜひドライバーズワークご登録・ご相談ください!ドライバーズワークは東京・神奈川・愛知・大阪などの関東・東海・関西エリアを中心としたタクシードライバー求人サイトおよび転職支援サービスです。タクシー業界に特化した詳しい求人情報が満載!ご登録はかんたん1分無料!タクシー業界の知識量も豊富な、専任のキャリアアドバイザーが一人ひとりの担当に付き、転職にまつわるあなたのお悩みにお答えするだけでなく、転職をするべきなのかどうか、転職をする場合にどういった基準で会社選びをすれば良いか、などを一緒に考え丁寧にお伝えします。まだ転職するかどうかを迷っている段階の方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料会員登録

関連記事

コロナ禍におけるタクシー業界の運転手の現状と対策とは?

コロナ禍におけるタクシー業界の運転手の現状と対策とは?

新型コロナウイルスでは、仕事にも私生活にも様々な影響がありました。タクシー業界も例外ではなく、コロナ以前とは状況がまったく異なっています。そこで、今回はタクシー業界の現状を確認し、タクシー運転手が行っているコロナウイルスへの対策について見ていきましょう。 タクシー業界の現状は? 新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界に大きな影響を与えました。国内でも緊急事態宣言がなされ、国全体で外出自粛を推し進めてきました。コロナウイルスの蔓延が世間的に言われてきてから緊急事態宣言を受けたタイミングでは、普段なら賑わう週末の大都市、渋谷や新宿からも人影がなくなりました。タクシー運転手からすると、「お客様どころか人がいない」という状況です。そのため、流し(街中を走りながらお客様を探すこと)をしてもお客様が見つからないことしばしばです。 この度緊急事態宣言が解除され、オフィスへの勤務が始まるなど、外出する方が徐々に増え始めています。これまでの人の量に比べれば、その数はまだ多くはありませんが、今後飲食店が夜間の営業を再開したときには以前と同じような活気が戻ってくるでしょう。 また、タクシー事業者には特例として有償貨物運送の業務をすることが認められています。タクシーはお客様の目的地までの移動をサポートする旅客として事業を行っており、有償貨物運送の業務は行えません。有償貨物運送は、簡単に言うとデリバリーサービスのようなものです。つまり、この特例によって、お店が提供する料理を、お客様の自宅まで運ぶサービスを提供できるということです。コロナの感染リスクを防ぐために外出したくないお客様と、店舗での営業はできないが購入してもらえないと経営が成り立たない飲食店をつなぐ、サービスを展開しています。 この他、お客様の代わりに買い物を行う「おつかいタクシー(お買い物代行タクシー)」というサービスも提供しています。 関連記事 話題のおつかいタクシー(お買い物代行タクシー)とは? 関連記事 タクシー配車アプリ「JapanTaxi」について タクシー業界の対応は? コロナウイルスの拡大を防ぐため、タクシー業界でも様々な取り組みが行われています。タクシー運転手自身がコロナに感染しないように注意するとともに、お客様間で感染させないように対応しています。 厚生労働省の呼び掛けている「密閉空間・密集場所・密接場面」、いわゆる「3つの蜜」を避けることはもちろん、タクシー運転手がマスクをする・私語を慎む・車内の消毒をするなどしています。どんなときにどんなことを行っているのか、具体的にタクシー運転手の仕事に沿って見ていきましょう。 通勤時 タクシー運転手という職業から考えると、電車に乗るイメージが湧かないかもしれませんが、事務所までの通勤に電車を利用する方もいます。そこで、通勤時の混雑した状況下での乗車を避けるために、変形労働時間制や週休3日制などを導入しています。 また、発熱やせきなどでコロナの症状が疑われる方や、感染者と濃厚接触が疑われる方には自宅待機が命じられています。 乗務開始前 出勤してから乗務開始前までの間には、検温を行っています。朝と夕方で1日に2回検温します。検温時に発熱がある場合には乗務ができません。また、普段乗務の前にはアルコールが入っていないか確かめるためにアルコール検知器を使うのですが、この検知器に関してもこまめに除菌したり、検知器の数を増やしたりして、タクシー運転手間での感染リスクを避ける対策をしています。 乗務中 タクシー運転手はお客様を乗せるときにも、マスクを着用し、私語はなるべく慎むようにしています。そして、お客様には基本的に後部座席を利用してもらい、助手席には乗らないように呼び掛けています。 お客様が降車した後は、窓やドアを開けてよく換気し、次亜塩素酸ナトリウム溶液やエタノールなどを使って車内を消毒します。 タクシー会社によってはコロナ対策として、タクシーの運転席と後部座席の間に、透明のビニールカーテンやアクリル板などで仕切りを作っています。仕切りとなっている場所の後部座席側、それから手すりやタブレットなど、お客様がよく触る場所を中心に拭きあげていきます。消毒したりゴミを拾ったりと、車内を掃除する際にはマスクや手袋を着用して行い、作業後には手洗いを徹底しています。 乗務終了後 タクシー会社では「1車2人制」や「2車3人制」などと呼ばれるように1台のタクシーを複数人で使いながら営業を行いますので、自分が乗務を終えた後には、次のタクシー運転手が乗務することになります。そうしたこともあり、乗務終了後には、お客様を降車させた後と同じように、換気・消毒を行います。 関連記事 タクシードライバーの点呼から終業までの1日の流れ 関連記事 「1車2人制」や「2車3人制」とは?1台のタクシーを2人の乗務員で使う具体例を詳しく解説! コロナ禍におけるタクシーの役割とは? 通勤・通学の手段には様々ありますが、その中でも公共交通機関を利用する方も少なくないでしょう。コロナウイルスでの騒動が落ち着き、コロナ以前と同様に経済活動が始まると、電車やバスなどの公共交通機関には人が多くなり、満員電車になることも想定されます。もし本当にコロナの前と同様に満員電車となってしまった場合には、感染リスクが高まるでしょう。 そこで、タクシーが役立ちます。先にもお伝えしたように、タクシー業界でも様々なコロナ対策を行っております。どちらにリスクがあるかは人によって感じ方が異なりますが、満員電車に乗るのはリスクが高いと言えるでしょう。通勤・帰宅の手段として満員になりやすい電車やバスなどの公共交通機関の利用を避け、タクシーを利用する手段も検討してみる必要がありそうです。 今回はコロナ禍におけるタクシー業界の現状と対策についてお伝えしました。タクシー業界でもマスクの着用や、車内の消毒など、コロナに対しての取り組みを行っております。新型コロナウイルスによって退職を余儀なくされ、仕事に迷っている方もいるでしょう。もしそうでしたら、タクシー運転手として働くこと検討してみてはいかがでしょうか。 タクシー運転手は40代、50代以上などの中高年の方でも未経験から活躍できるチャンスがありますので、ご転職をお考えの際はぜひタクシー業界も検討してみてください。これからタクシーの仕事をお探しならドライバーズワークでタクシー運転手の求人を検索していきましょう。タクシー業界に精通したキャリアアドバイザーが相談に乗ることも可能!お悩みの方はぜひ活用してみてください。 新着タクシー求人を見る

Q&Aの人気記事

タクシーの売上の「足切り」とは?足切りの基準はどれくらい?

タクシーの売上の「足切り」とは?足切りの基準はどれくらい?

タクシードライバーへの転職を検討しており求人を調べていますが、「足切り」って何ですか?タクシードライバーの給料や待遇とどういう関係があるのでしょうか? 足切りとは? 今回は足切りについて詳しくご紹介します。「足切り」はタクシー業界ならではの専門用語の一つで、他業種でいう売上目標やノルマと似た意味と考えてくださって結構です。一般的にタクシー会社の多くで足切り基準が存在します。 足切りはいわゆる営業目標 足切り基準(ノルマ)を達成すると歩合給(インセンティブ)が支給される、という意味では一般企業の営業目標などとほぼ類似しています。タクシードライバーも頑張った分だけ稼げるといわれる所以は、営業売上の達成率が高ければ高いほど、その月の報酬も高くなるためです。ただし達成の難易度は一般企業の営業目標などのように高くは無いということが特徴にあります。めちゃくちゃ頑張ってトップ1割や2割に入る成績が達成基準、というイメージを持たれる方もいるかも知れませんが、タクシードライバーに定められる目標基準は、決められた時間を真面目に営業稼働している方であれば、足切り基準に達成しない方は滅多にいないと考えて差し支えなく、とにかく効率良く走って乗客をたくさん捕まえないととか、メチャクチャに頑張らないと達成できないような基準には設定されていないので、あまり不安になる必要はありません。 関連記事 タクシードライバーの1日の売上にノルマってあるの? 新着タクシー求人を見る 足切り基準に達成しなくても報酬がゼロになる訳ではない また、足切り基準に達成しなかった場合でも報酬がゼロになる訳ではないのでその点はご安心ください。ただし賃金形態に寄りますがB型賃金で基本が歩合給の体系の場合は足切り基準に達成しなかった場合の報酬は最低賃金相当になるので、その点は注意が必要です。 足切り制度の無いタクシー会社もある タクシー会社によっては「足切り」の無い会社もあります。賃金形態がA型賃金やAB型賃金の場合です。あまりに不安な方は足切り無しのタクシー会社や求人を調べてみるのも良いでしょう。ただし足切りの無いタクシー会社の特徴は固定給の割合が多いため、営業売上の達成率に対する報酬の変動が小さい特徴があります。達成率が低くても報酬は減りにくいですが、逆に達成率が高くても報酬がアップしにくいということになりますので、この点は良く考える必要があります。 関連記事 タクシードライバーの給与体系・仕組み 関連記事 タクシードライバーの給料・年収・手取りについて 達成するための営業方法とは 足切りを達成するためにタクシードライバーが日々やっている営業方法とはどのようなものかといえば、それは大きく分けて3つあります。 1. タクシー乗り場や駅前などで待つ方法 ⇒付け待ち 2. 運転しながら乗客を見つける方法 ⇒流し 3. タクシー会社から無線で配車依頼がくる方法 ⇒配車 以上の3つになります。1と2は自分の頑張り次第で売上が変わってくると思うので、足切りを達成するには、この方法をオススメします。3は、各タクシー会社によって無線数なども変わってきますので、ここは会社次第になってしまうかもしれませんね。どのタクシー会社に入社する場合も同じですが、「足切り」=「ノルマ」はあるので、そんなに構える必要はなく「あぁ~売上ノルマのことなのね」と軽い気持ちで考えていただければと思います。 関連記事 タクシードライバーの1日の売上にノルマってあるの? 新着タクシー求人を見る

保証人がいなくてもタクシードライバーに就職、転職できますか?

保証人がいなくてもタクシードライバーに就職、転職できますか?

タクシードライバーになるためには保証人は必須? 現在転職を考えています。タクシードライバーの求人に興味があるのですが、高齢で身寄りがおりません。タクシー会社に就職するには連帯保証人や身元保証人を立てる必要があると聞いたのですが、保証人は必須でしょうか? 関連記事 未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる? タクシー会社がいう保証人とは まずタクシー会社が求める保証人について説明しますが、大きく2つあります。 ■身元保証人 身元保証人は、万が一タクシードライバーが病気や事故などで就業困難になった場合の連絡先、いわゆる緊急連絡先としてのものです。これは一般企業の雇用契約においてもあるものです。 ■連帯保証人 タクシードライバーは、タクシー会社が所有するタクシー車両の貸与を受けて行う業務です。また、入社当初の二種免許取得時の費用はタクシー会社が負担もしくは立て替えを行います。仮に二種免許を取得した途端に退職してしまった場合や、万が一ですがタクシードライバー自身の重大な過失によって事故が発生してしまい保険適用外となった場合は、タクシー会社がタクシードライバー個人に対して賠償請求を行う場合があります。真面目に勤務していればこの請求が発生することは基本的にはありませんが、タクシー会社もドライバーに対して高額な会社の資産を預けているということですね。 保証人は必須?どんな人なら保証人になれる? まず身元保証人は必須としている会社がほとんどです。身元保証人はご自身のことを知っている方ならば大丈夫ですので親族や知人に頼んでみましょう。 連帯保証人は、いわゆる大手企業では必須のタクシー会社がほとんどで、1名または2名を求めるケースが多いです。中小企業の中には連帯保証人は不要、身元保証人だけでOKとしている会社もありますので、詳細はキャリアアドバイザーに相談することをお勧めします。なお、連帯保証人になれる人には条件があり、定職があり一定以上の収入がある必要があります。一般的には親族を保証人に立てるケースがほとんどですが、知人や友人を立てることも可能です。 どうしても保証人を立てられない場合は? 中小規模のタクシー会社であれば、身元保証人だけでOKだったり、中には保証人自体一切不要のタクシー会社もあります。また、保証人代行サービス(保証会社)を利用することでクリアできる場合もありますし、事情を説明して交渉できる場合もあります。詳細は担当のキャリアアドバイザーに相談することをお勧めします。 お悩みの点があればぜひドライバーズワークへご相談ください! 関連記事 タクシーの求人応募、就職、乗務開始までの流れ

東京のタクシードライバー(タクシー運転手)での勤務は稼げる?稼げない?地方との月収の違いはどのくらい?

東京のタクシードライバー(タクシー運転手)での勤務は稼げる?稼げない?地方との月収の違いはどのくらい?

広島でのタクシー経験者です。今は別の仕事をしています。東京のタクシーはだいぶ稼げると聞いたんですけど、本当でしょうか?実は広島よりも稼げないというようなことが実際はあったりしないんでしょうか? 関連記事 タクシー運転手(タクシードライバー)になるには?年収、待遇など実は隠れた良い仕事! 新着タクシー求人を見る 東京のタクシーは稼げるか? 東京のタクシーは稼げるかどうかという点について、これは間違いなく稼げるといえます。 全国ハイヤー・タクシー連合会の調査によると、広島県のタクシードライバー平均年収は295万円ですが、一方東京都の平均年収は484万円と、広島県の約1.6倍にのぼり、200万円近い差があります。 利用者の人数と営業手法に違いがある 広島県での営業手法は、駅やランドマークに付け待ちする方法と無線配車が主になるかと思います。一方東京都、特に23区内は駅での付け待ちもありますが、流し営業でもかなり乗客を乗せることができますし何より乗車人数が圧倒的に多いです。安定して高い営業売上を出せるタクシードライバーは駅での付け待ちや無線待ちに頼り過ぎることなくしっかり流し営業で稼ぐ傾向があります。この営業スタイルを身に付けられれば東京ではしっかり稼げるようになるといえます。 地方のタクシードライバーの場合、営業売上は個人差がつきにくいといわれますが、東京都の場合は営業手法がいくつかあるほか、やり方によって営業売上が変動しやすい市場ですので、トップドライバーは月間営業売上が100万円を超える方も少なくありませんし、逆に休憩が多かったり、サボりがちなタクシードライバーは月間営業売上で30万円程度という方もおり、多種多様です。 関連記事 タクシードライバーの給与体系・仕組み 関連記事 知らなかったでは遅すぎる!タクシー現任者・業界の転職事情 頑張ったら頑張った分だけ報酬に反映される環境としては色濃い東京といえますが、別の見方をすれば、休憩が多い、サボりがちでも月間営業売上で30万円程度はできるともいえますので、あまり過剰に不安になることも無いかとは思います。ぜひご検討ください!他に気になる点がありましたらキャリアアドバイザーまで気軽にご相談ください! 新着タクシー求人を見る

タクシードライバーはダブルワーク(副業)は可能ですか?

タクシードライバーはダブルワーク(副業)は可能ですか?

タクシードライバーのダブルワーク(副業)を正社員として行うことは原則禁止のタクシー会社がほとんどです。しかし、転職活動期間中で実質的に正社員としての勤務や乗務が可能だと場合に限っては、例外的または一時的に許可される場合もあります。ここでは実際の相談内容を紹介しながらタクシードライバーのダブルワークについて解説します。 現在夜勤中心で働いていて、日中の時間帯が空いているのでその時間帯でタクシードライバーとして副業したい 今、期間限定の短期アルバイトをしているのですが、長期で働ける仕事を探しており、その中でタクシードライバーの仕事の興味があります。現在の契約期間は残っていますが、夜勤中心なので日中の時間帯がほとんど空いており、できれば日中も働けないかと考えています。タクシー会社ではダブルワーク(副業)は可能でしょうか? 正社員としてのダブルワークは基本的にできない 希望する雇用形態が正社員であれば、ほとんどのタクシー会社でダブルワークとして勤務することは許可されないでしょう。タクシードライバーは乗客の命を預かって行う業務ですから、例えば夜勤ではたらいて、その後十分な休息を取らずにそのままタクシーに乗務するというのは、リスクも高いですし難しいと考えられます。 副業を希望したい場合は、考えられるとしたら定時制と呼ばれるいわゆる非常勤の勤務形態になるかと思われます。そのため、短期アルバイトの契約が満了するまでの期間限定で定時制で勤務を開始し、満了後に雇用形態を正社員に切り替えて勤続できる可能性はあります。ただしこれもタクシー会社との相談次第ではありますので、希望に合いそうなタクシー会社があれば直接相談してみることをお勧めします。 内にはタクシー会社に隠してダブルワーク(副業)をしている方もいるようですが、大変危険な行為です。雇用契約上禁止されているだけでなく、乗客の命に関わるリスクも高い場合があるため、発覚した場合は厳重な処罰対象になるだけでなく二度とタクシードライバーとして勤務できなくなる可能性も考えられますので控えましょう。タクシードライバーは一人で気楽に働けるイメージもあるのですが、あくまでも会社組織の一員として、サービスブランドとその責任を背負って行う仕事ですから、それを忘れないことが大切です。 関連記事 タクシードライバーの勤務形態・勤務時間を勤務スタイルの例で徹底解説! 新着タクシー求人を見る 仕事しながら転職活動をするのはダブルワーク? 現在別の仕事があり、人も少ない状況なので今すぐにその仕事を辞めて転職することが状況的に難しいのですが、ゆくゆくは今の仕事を辞めて転職したいと考えています。転職活動をはじめるタイミングとしてはどれくらい時期から行うのが良いのでしょうか?また、今の仕事を続けながら転職活動をしても良いものなのでしょうか? 転職活動自体は在職中からでも可能。ただし時期は明確にしておかないとズルズルしがち 在職中・就業中であっても転職活動自体は可能です。また転職活動は労働ではありませんので、ダブルワークには当たりません。仕事が終わってから面接に行く、休暇を取得して面接に行くことなどはできると思います。ただしこの点は転職活動を行ううえでのアドバイスですが、いまの仕事を退職する時期は明確にしておいた方が進めやすいです。例えば「良い求人が見つかったらいまの仕事を辞めるか検討しよう」というスタンスで転職活動をしようとするケースが時々あります。この状態だと自分にとって良い求人とはどういう求人なのかがハッキリとしなかったり、面接に行ってはみたが退職理由や志望動機をうまく話すことができなかったりと、いろいろなことが中途半端になりがちです。面接先の採用担当も、入社時期は重要視していますから急募の場合だと「今すぐ入社できるなら採用したいが、入社時期がハッキリしないのなら見送りたい」というケースも多いです。そのため転職活動を行うと決めたら、後で変更しても構わないので一度は現在の会社を退職する時期は自分の中で明確にしておきましょう。そしてそのスケジュールに基づいて求人応募、面接を本気で行っていくことが重要です。もしいまの仕事を退職するスケジュールの目処がまったく立っていなければ、その段階ではなぜいま転職したいのかを考えたり、どういった求人に応募するのが良いかを検討しておきましょう。 転職活動を開始する時期は退職日の1〜2か月前頃からスタートするのが一般的 転職活動(求人応募や面接)は、現在の会社の退職予定日から数えて1か月〜2か月前頃から開始するとスムーズです。タクシー会社の場合、説明会、面接、健康診断を経て内定となりますが、タクシー会社により最短1週間〜1か月程かかります。タクシー会社によっては面接が2回行われる会社もあります。タクシー会社の選考で一般企業と異なる点の一つに、内定前または入社前に健康診断の受診が必要な点があります。タクシー乗務に健康上の支障が無いかを確認するステップです。 関連記事 タクシーの求人応募、就職、乗務開始までの流れ 転職活動に欠かせないのがさまざまな求人情報です。求人情報は時期によっても変わりますが、同じ求人がずっとあるとは限りません。転職の決断をされた際は、当社のようなサービスを提供しているところに登録して、早めに情報収集をしましょう。 新着タクシー求人を見る

タクシードライバーってカーナビを使ってもいい?使わないほうがいい?

タクシードライバーってカーナビを使ってもいい?使わないほうがいい?

タクシードライバーとしての転職を検討していますが、道に詳しくありません。タクシーにカーナビはついているのでしょうか?また、タクシードライバーは道が分からない時にカーナビの目的地案内機能を使っていいのでしょうか? 新着タクシー求人を見る カーナビの装着状況 近年のタクシーにはほぼすべてのタクシー車両に装着されていると考えて良いです。その他車両設備に関しても、各求人情報の車両に関する部分に詳細は記載されていることが多いので確認してみると良いかと思います。 カーナビを使ってもいい? タクシードライバー(タクシー乗務員)になって間もない方や、慣れないエリアでの乗車になった場合、乗客が言う目的地に心当たりが無い場合など、スムーズな移動のためにカーナビで目的地を入力してナビゲーション機能を利用することは全く問題ありません。近年は、乗務員がカーナビを利用する機会も増えてきたようにも思いますし、乗客からすればごく自然な行為にも映ります。逆に、道がよく分かっていないにも関わらず、意地を張ってカーナビを使わずに走行し、道を間違えたり、遠回りしたりしてしまう方が問題で乗客からクレームを受けることにも繋がります。タクシードライバーの使命は、乗客を、乗客が指定する目的地にすみやかに、かつ安全に送り届けることですので、必要であればカーナビを使えば良いし、カーナビを使ったからといって不満を持つ乗客も少ない、というのが通例かと思います。 関連記事 プロドライバーになるための定義・条件とは 関連記事 タクシー運転手が知っておくべき接客やビジネスマナー 関連記事 タクシードライバーの素敵な接客事例 忘れ物編!クレームゼロを目指そう 地理を身につけるにあたって タクシー会社によっては、地理に関する研修があったり、東京23区などだと乗務員になるために地理試験もありそのための勉強をします。また毎日運転を続ける中で身についていきますので、あまり大きな心配はする必要は無いかと思います。 関連記事 【地理試験の疑問】過去問・テキストの入手方法や受験場所・時期!タクシードライバーになるには必要? いかがでしたか? タクシー車両のカーナビ事情についてご紹介させていただきました。その他にも、何かご不安やご心配があれば、担当キャリアアドバイザーまで気軽にご相談ください! 関連記事 タクシードライバーが気になる防犯対策について!運転席との仕切りは効果的? 新着タクシー求人を見る

未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる?

未経験でもタクシードライバー(運転手)に就職・転職できる?

タクシードライバー(タクシー運転手)になりたいと考えた際にまず気になることは、「未経験でも大丈夫か?」ということではないでしょうか。結論、未経験でも大丈夫です。タクシー業界は未経験採用に大変積極的で、充実した研修制度やサポートををしているので、未経験で就職・転職しやすい職業の一つといえます。 関連記事 タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは 未経験者でもチャレンジしやすいタクシードライバー 街を走っているタクシードライバーを想像すると、ベテランが多いイメージを持たれるかも知れませんが、そういった方々も最初は未経験でした。前述のとおり未経験であってもタクシー会社は積極的に採用をしていますから未経験でもタクシードライバーになることはできるうえに、充実した研修やサポートを受けることができます。そのため他職種から転職して来た方が大半というタクシー会社も多いです。 具体的なサポート内容とは それでは具体的な研修やサポートはどのようになっているのでしょうか。簡単にいえば未経験でも働きやすい環境が整っています。転職したばかりの頃は覚えることや慣れることも多く忙しいですし、新しい環境に対して不安に感じることも多いでしょう。身体的にも精神的にも負担の多い、入社したての頃に手厚いサポートがいくつもあります。その中から代表的なものをご紹介します。 ・資格費用の会社負担 ・手厚い社員研修 ・入社後の給与保障 サポート1:資格費用の会社負担 タクシー運転手になるために最低限必要となるのが、以下の2点です。 二種免許の取得(受験資格:満21歳以上、第一種免許を取得してから3年が経過している) 地理試験の合格(東京都・神奈川県・大阪府のうち一部の地域でタクシー運転手になる場合) ■二種免許の取得 タクシー運転手として、お客様を乗せて目的地まで運ぶには、二種免許が必要になります。普通の免許取得と同じように自動車教習所に通うなどして取得していくことになります。入社後すぐに行われる研修は、まずこの二種免許の取得から始まります。 ■地理試験の合格 東京都・神奈川県・大阪府のうち一部の地域では、タクシーセンターが実施する地理試験に合格する必要があります。当たり前ではありますが、タクシー運転手はお客様の目的地までお連れする仕事なので地理について詳しく知っていなくてはなりません。そこで、地理試験の合格が必要になるのです。 問題の内容は簡単に言うと、道路の名前と場所などが問われます。出題された道路名に該当する場所を、地図上でどこにあるのかを答えるといったものです。タクシー会社によっては地理試験の対策講習を行っているところもありますので、心配しなくても良いでしょう。 最近ではこのタクシー運転手として働く際に必要となる、二種免許の取得と地理試験の合格にかかる費用を会社で負担してくれるところが多くなりました。本来なら就職・転職する前に、こうした資格の取得費用がかかるのですが、会社負担してくれることによって、未経験でもタクシー運転手になりやすくなっていますね。 関連記事 タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは 関連記事 【地理試験の疑問】過去問・テキストの入手方法や受験場所・時期!タクシードライバーになるには必要? 手厚い社員研修 社員研修の手厚さは働くうえで気になるポイントの1つ。ほとんどのタクシー会社は入社後に手厚い社員研修を設けています。その研修の一環として二種免許と地理試験の講習・受験が行われることが多いです。タクシー会社の一般的な社員研修は以下の流れで行われます。 1:普通自動車第二種免許の取得 2:地理試験の合格(東京都、神奈川県、大阪府の場合) 3:運転者適性診断 4:接客・法令等の研修(社外研修) 5:接客・法令等の研修(社内研修) 6:教習車を使った実地研修 7:営業所に配属後の研修 タクシー会社に入ると、タクシー車載器の使い方、お客様への接し方など、様々な研修を受けることになります。これだけの研修がありますので、未経験で初めて接客する方でも安心することができるのではないでしょうか。研修では実業務で困らないように指導をしてくれますから、気を抜かずしっかりと研修を受け、気になるところは積極的に質問していきましょう。なお、研修中には乗務開始後の給与形態とは異なるものの、日当1万円前後の給料がもらえます。 関連記事 タクシー運転手の研修ってどんなことをするの?教育体制は? 入社後の給与保障 タクシードライバーの給与体系はご存知の通り、歩合制となっているため、お客様を乗せられないと給料が増えないという仕組みになっています。お客様をより多く乗せるには、少なからず経験やノウハウも必要になってくるのは事実です。そのため、未経験でタクシー運転手になってからの最初の数ヶ月はベテランのタクシードライバーよりも稼げないのは仕方のないことなのです。 そこで、多くのタクシー会社では、いわゆる「試用期間」のような制度が取られています。これは入社から3ヶ月~6ヶ月ほどの間、月に25万円~35万円ほどの給与保障がつく制度です。この期間中に、道に慣れたりお客様を探すコツを覚えたりするなど、タクシー運転手に必要なスキルを身につけていきましょう。 給与保障期間が終わった後の稼ぎが心配な方へ 最初のうちは給与が保障されていますが、それも長くて6ヶ月程度。給料が歩合制になった後の稼ぎが心配という声もよく聞きます。 実際にタクシーの事業の方から聞いた話ですが、「多くのタクシー運転手は3ヶ月程度で保障されている給与よりも多く売り上げられるようになる」とお話されていました。もちろん、歩合なので真面目に働かなければ給与保障よりも下がってしまうケースはありますが、給与保障期間の後についてはそこまで心配しなくても大丈夫そうですね。 タクシー運転手(タクシードライバー)として働く方の年齢 未経験でタクシー運転手をしたいと考える方の中には、年齢的にはどうなのか気になる方もいるかもしれません。たしかにスキルや経験がない限り、年を取っていくに連れて転職が難しくなっていくでしょう。しかし、タクシー運転手の場合には年齢もほとんど関係ないと言っても過言ではないでしょう。 一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の統計調査によると、平均年齢が60歳近く、勤続年数は10年弱ほどとなっています。つまり、40代・50代でタクシー運転手に転職した方が非常に多いのです。タクシー運転手になるに当たって年齢に関してはそこまで気にする必要はないでしょう。 出典:一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会「第1表 タクシ-運転者(男)の賃金・労働時間(平成30年~平成28年)」 関連記事 タクシードライバーの平均年齢!高齢化と勤続年数についてのレポート 未経験の方のタクシー会社の選び方 タクシー業界のことを知らない方は、どうやってタクシー会社を選んだら良いかも知りたいところでしょう。選ぶ際には、自分で求人情報を見て徹底的に調べる方法と、転職サイトを活用して求人のおすすめを受けるなどして選ぶ方法があります。自分で調べる場合には、手探りなしで手当たり次第に見ていくのはあまりおすすめできません。求人の中でも自分が重視する注目すべきポイントを決めて調べ、タクシー会社を比較していきましょう。しかし、働きながらそれをするのは非常に大変ですので、転職支援サービスのキャリアアドバイザーをうまく活用することも手です。キャリアアドバイザーの支援を得ながら、自分でも検討していくことがベストではないでしょうか。求人を見るときの基準についても教えてもらえますし希望に合う求人を一緒に探してくれます。 関連記事 タクシー会社に就職・転職するときの選び方 未経験の方に対してのサポート体制が整っていることもあり、タクシー業界では未経験の方が大活躍しています。最後におさらいをしておきましょう。 ・未経験者に対しての魅力的なサポート ・事前に資格取得の必要なし ・研修中も給与がある ・入社から一定期間の給与保障あり ・年齢の心配はいらない こうした魅力があるからこそ、未経験者もタクシー運転手として活躍しやすいです!タクシー業界、運送業界、未経験の方でも大丈夫。あなたの応募、タクシー運転手としてのデビュー、心よりお待ちしております! 関連記事 タクシードライバーの給与体系・仕組み 関連記事 タクシー運転手が高収入を得るコツや稼ぎ方とは?【徹底紹介】

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0