コンテンツバナー0

保証人がいなくてもタクシードライバーになれますか?

現在、転職を考えていますが、高齢なのでタクシードライバーなどどうか、と思っているのですが、保証人として立てられる人が身近にいません。タクシードライバーになるには保証人は必須でしょうか?

タクシードライバーになるためには保証人は必須?

タクシードライバーとしてタクシー会社に入社するにあたっての保証人の要否ですが、まずタクシー会社の保証人は「身元保証人」の意味と、「連帯保証人」の意味の2つが挙げられます。身元保証人は、ドライバーが病気になったり万が一があった時に連絡などをするために必要であり、連帯保証人は、ドライバーの責任で会社が損害を被ってしまった場合の対応のために必要とされています。

保証人が1名または2名を必要とされる企業が多いのが現状で、いわゆる大手タクシーグループは基本的に保証人は必須です。保証人となれる人は、一定の収入があり定職についている必要があります。一般的には親族の方に頼むケースが多いですが、ご高齢などで一定収入のある身寄りがいない場合は知人や友人を保証人として立てることも可能です。

保証人なしOKの求人

保証人なしOKの
求人一覧はこちら

どうしても保証人を立てられない場合は?

タクシー会社によっては身元保証人だけでOKだったり、保証人不要の企業もあります。また、保証人代行サービスを利用することでクリアできる場合もあります。詳細は担当のキャリアアドバイザーに相談してみると良いと思います。
あとは、タクシー会社に相談(交渉)する方法があります。タクシー会社は採用候補者が保証人を立てることができることで、人としての信用が一定担保されると考えているところもありますが、結局のところは「きちんと自身の責任を理解して勤められる人かどうか」という疑問が解消されればOKという話の場合もあります。「人柄」や「責任感」を採用面接でしっかりアピールすることで内定を勝ち取れる場合も大いにあります。

お悩みの点があればぜひドライバーズワークへご相談ください!

保証人なしOKの求人

保証人なしOKの
求人一覧はこちら

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0