スマホ・PC要らずで配車できる「タクシーダッシュボタン」

2019年1月16日、モバイル・コマース・ソリューションが開発した「タクシーダッシュボタン」が、日本国内一部の地域で提供され始めました。
利用できるタクシー会社は、新潟県の「つばめタクシー」、宮城県の「タクシーのぱんぷきん」、沖縄県の「北部観光タクシー」「つきしろ交通」の4社です。

タクシーダッシュ
画像引用:https://www.taxidash.jp/

スマホもパソコンも不要なタクシーダッシュボタン

タクシーダッシュボタンは、スマートフォンのアプリや、パソコン、電話も不要なタクシー配車サービスです。まるで、Amazonが提供しているAmazonダッシュボタンのように、ボタンを押すだけで指定した場所に対してタクシーを呼ぶことができます。
タクシーダッシュボタンには迎車用ボタンが2つあり、迎車先を2箇所登録することが可能です。例えば、1のボタンは自宅に迎車、2のボタンは会社や行きつけの病院などを指定することができます。

通信設定が不要なのですぐに利用できる

タクシーダッシュボタンにはSIMが内蔵されています。複雑な通信設定をする必要がなく、お客様の手元に届いた時点からすぐに利用ができます。タクシーダッシュボタンを介して行われた配車依頼は、タクシー会社の配車受付システムに直接届くので、追加での電話応対などをする必要がありません。迎車先も事前に登録されているところに向かうため、スムーズにお客様を迎えに行くことができるようになりました。

ターゲットは高齢者

タクシーダッシュボタンにはモノクロの液晶ディスプレイによる案内表示や、音声による利用案内などの機能も搭載されており、高齢者の方でも安心して利用できる設計となっております。
配車ボタンを押した後は、タクシーの到着予定時刻や、タクシーの号車番号が液晶画面に表示されるので、安心してタクシーを待つことができます。
タクシーダッシュボタンは、高齢化社会を見据えてシンプルに作られたデバイスです。電話応対で生じるお客様とタクシー会社双方のストレス軽減にも一役買っていますし、機械が苦手な方でも簡単に利用できるサービスとして、今後普及されていくことが期待されています。

よく読まれている記事

コンテンツバナー01