乗車前の運賃確定サービスの解禁

  • シェア

2019年4月を目処に、国土交通省はタクシーの運賃ルールを見直しを検討しています。タクシーの運賃は道路運送法に基づいて決められています。現在の法律では、タクシーの運賃を事前に提示することはできません。しかし、この法律を改定し、乗車前に運賃を確定させるルールを整えています。

参考:https://www.zaikei.co.jp/article/20190324/501983.html

アプリを利用して乗車位置と降車位置を指定すると運賃がわかる

乗車前に運賃を確定するためには、アプリ内の自動計算の機能を利用します。スマートフォンの配車アプリを利用して乗車位置と降車位置を指定することで、運賃を確定させます。確定された運賃を画面に表示することで、ユーザーはタクシーの運賃を乗車前に知ることができます。

乗車前に運賃を確定させるメリット

タクシーはとても便利な移動手段ですが、その料金が乗車前にわからないため、利用に対して不安を持つユーザーも多いようです。しかし、乗車前に運賃がわかるようになると、そういったユーザーの不安を解消し、タクシーの利便性を高めることができます。

タクシーの運賃計算の仕組み

タクシーの運賃は、走行距離や時間によって決まります。そのため、移動距離だけではなく、渋滞などに巻き込まれた場合の時間も運賃に含まれていきます。今回の事前に運賃が確定するサービスを導入するにあたって、距離だけでの計算だけではなく、交通事情などもあらかじめ踏まえて補正を行うことで、事前の料金を実際の料金に近づけて表示させることができるようになりました。
2017年に行った実証実験の結果では、事前の確定運賃と実際の運賃の間で0.6%の誤差が出た程度ですんだという結果が出ております。
今回の事前運賃確定サービスでは、渋滞に巻き込まれたとしても、運賃は変わらずメーターを気にしなくてもよくなります。今回のサービス導入については、タクシー会社があらかじめ国土交通省に届出を出す必要があります。

減り続けているタクシーの輸送人員

2017年度のタクシーの輸送人員は2000年度に比べて4割減となり、なおも減り続けています。しかし、高齢化社会や訪日外国人が増えている中で、移動手段としてのタクシーの需要は高まっています。そのため、タクシーをより安心で安全に利用していただくために、今回のような事前運賃確定サービスというものは今後必要不可欠なものとなっていきます。

他のコラム内カテゴリもチェック!

まずは相談してみよう!

ドライバー求人専任コンサルタント

専任コンサルタントから
非公開求人紹介させていただきます。

詳しくは
こちら

人気のエリアで求人を探してみよう!

気になることを調べてみよう!

「ドライバーズワーク」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!

「ドライバーズワーク」は、タクシーに特化した専門の求人・転職サイトです。タクシードライバーや運転手について、現任者の方向けはもちろん、業界未経験の方向けの求人も多数取り扱っています。さらに、タクシードライバーにとって役立つコラムや業界ガイドなどもございます。気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりといった機能的なサービスも提供しています。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。

採用ご担当者様へ