コンテンツバナー0

タクシー会社の職場環境ってどんな感じですか?

今の職場で人間関係に悩んでおり、転職を考えています。ただ、年齢的にも次回の転職を最後としたいと思っており失敗したく無いと考え、タクシードライバーの仕事が気になっています。まったく知らない業界なのですが、職場環境はどのような感じでしょうか?

無料会員登録

タクシードライバーの職場環境の特徴

■男女比
9割以上は男性です。女性はまだまだ少ないですが、女性向けの社内設備を充実させて、積極的に募集している会社も多いです。

■コミュニケーション
営業時間中は一人で営業をすることになります。乗客とお話するかどうかはタクシードライバーによっても千差万別です。業務特性上、基本的には自分のペースで進められます。
同僚とのコミュニケーションは、出庫前、休憩中、帰庫後に営業所内でコミュニケーションを取ったり、娯楽を楽しんだりしています。

■残業
乗客の命を預かる仕事でもあり事故があってはならないため、ドライバーの健康と安全のために残業は原則禁止されています。

■社内設備
休憩スペース、ロッカールーム、仮眠室、シャワーは完備されているところが多いです。大浴場が設置されている会社もあります。

■福利厚生
各社とも、スポーツや娯楽のクラブ活動やサークル活動に力を入れています。明け番(隔日勤務の業務終了後の日)の時や公休の時に集まって楽しみます。社員旅行を毎年企画するタクシー会社もあります。タクシードライバーの仕事は基本的に外出しており孤独を感じやすい場面もあると思いますが、タクシー会社はドライバー一人ひとりが楽しく、長く勤めていけるための取り組みに力を入れています。

無料会員登録

タクシードライバーの1日の流れ

【1日の流れ】
7:30 出勤・点呼
 運行管理者と、その日に出勤している社員が集合します。その日の営業エリアなどを話し合ったりもします。乗務員同士でグループ(班)が組織され、情報交換やコミュニケーションを活性化させるために注力しているタクシー会社も多いです。
8:00 出庫
↓ 営業
12:00 休憩
 営業先で外食ももちろん可能ですが、営業所に戻って同僚と昼食を取る方も多いようです。営業所のお昼時は一般の企業と似たような雰囲気ともいえます。
13:00 業務再開
↓ 営業
18:00 休憩
19:00 業務再開
↓ 営業
21:00 休憩
 仮眠を取ったり、入浴したりする方が多いようです。同僚と大浴場に入るという日常は、一般の企業では味わえないことかも知れません。
22:00 業務再開
↓ 営業
翌3:00 帰庫・洗車・売上の納金
 ここでも帰庫したドライバー同士で情報交換やコミュニケーションがあります。
翌3:30 退勤
☆明けに当たるこの日はお休みです。
※タクシー会社によっては、日勤のみ・夜勤のみのような勤務形態もあるほか、定時制と呼ばれるアルバイトのような雇用形態もあります。

一概に歩合制と聞くと、個人主義的で殺伐としている印象を持つかも知れないタクシー業界ですが、どのタクシー会社に行ってもそういったイメージはあまり感じられないかと思います。40代、50代の方にとっては、世代が近い方々が多く在籍している会社が多いので、話しやすい同僚が多く居心地がいいと感じる方も多いですし、若い方や未経験の方にとっては、ベテランの先輩が明るく気さくに色々教えてくれるという声を良く聞きます。全体的にはアットホームな職場環境が目立ちます。

いかがでしたか?もしもっと詳しく聞きたい、この会社ってどうなの?といった質問があれば担当のキャリアアドバイザーに相談してみてください!

無料会員登録

よく読まれている記事

注目の求人

コンテンツバナー0